≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月12日(日)

 

その日、人類は思い出した。

 

刀ステ義伝の天下人 富田翔さんから無茶ぶりされる名誉を。
 

彼に構ってもらえる恍惚を。

 

 

 

 

久しぶりの「動画ですか?シリーズ」に感無量。

合掌。

かわゆす。

 

 

刀ステリリイベ、お疲れさまでした。

なんかおしゃんてぃーな写真だわ〜

 

 

 

 

 

リリイベの様子をお友達から聴きました〜♡

ありがとうございます(*´∀`*)

いや〜、楽しかった!

参加してないけど、お話聴かせていただけただけで大満足です♪

 

あとお仲間さんのツイートで情報いただいたのですが、NAVERまとめにリリイベのレポがあがっているようです。

Twitter得意じゃない〜という方はこちらをのぞいて見ると様子が伺えて楽しいかもです☆

こっそりペタリ。

【レポ感想まとめ】舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 円盤リリイベ京都11/12 #刀ステ

 

 

刀剣男士じゃないのに、リリイベにまで武将が参戦するのは、翔さんのトーク力と愛され度と存在感が大きく影響しているんだろうな、と勝手に思って満足しております。

翔さんさえいれば大丈夫というあの安心感は何なんでしょ?

 

東京では登壇者増えてさらに忠臣が集いますからね。

若手俳優、翔さんに忠誠誓い過ぎ問題。

 

愛され翔さんを見るのも、他の子たちを牽制しながら俺が翔さんの特別だ感を惜しみなく発揮する荒牧氏を見るのも、他の子を可愛がった後にちゃんと荒牧氏にも飴あげる翔さんを見るのも大好きです。

 

翔さんは、現実に出会ったら絶対惚れる。

ゲームやアニメのキャラとしていても惚れる。

カッコよすぎる。

抗えない。

小柄でクールで強くて孤高な人がドストライクなんです。

(あれ?あらまきさん該当要素がない…)

 

最高。感謝。敬礼。降伏。

 

 

 

なんだか今日はにぎやかな1日でした〜☆

リリイベの情報聴きつつ、巣鴨での翔太くんの青汁一日店長の盛況ぶり聴きつつ、2.5次元舞台展の様子聴きつつ、ついに倒れた転校生にそりゃそうなるわとツッコミつつ(あんさんぶるスターズ!の話です)…

 

家で一人黙々とKステの感想書いてました。

 

うわっ、さみしっ!

みんなリア充してるな〜と横目で羨ましく思いながら記憶の深海に潜ってました。

 

遅くなってしまいましたが、想いは十分込めましたので、よろしければ見てやってくださいませ。

2017/10/21〜29 舞台『K-MISSING KINGS-』感想

 

 

 

さてさて、ようやく刀剣男士が揃いそうですね。

まーしー、北川くん、今日まで他の公演お疲れ様でした!!!

小田原公演までもう2週間切っているので、今回初参加の北川くんの心境はいかばかりかとハラハラドキドキ…

ただでさえ真面目な方と翔太くんがおっしゃっていたので、相当プレッシャーあるんじゃないかと気が気じゃありません。

(よっ!無意味な心配性)

 

とりあえず怪我なくね。

合言葉は怪我なく一人も欠けることなく!笑顔で稽古に励んでいただきたいです。

ついに全員揃ったお写真見られる日も近いかな〜?

わくわく♪

 

 

明日も荒牧氏にとって幸せな一日になりますように。

わたしはローソンへまんばちゃんブロマイドを迎えにいかねばっ(`・∀・´)

 

 

 

出演 

2017年11月12日(日)

「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」BD&DVD発売イベント

in 国立京都国際会館イベントホール

https://www.marv.jp/special/toukenranbu/movie.html

 

2017年11月12日(日)〜11月24日(金)

映画『第九条』上映 in シアターセブン(大阪)

http://www.theater-seven.com/2017/event_171112.html

 

 

申込 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

2017年11月7日(火)12:00〜11月12日(日)23:59

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」オフィシャル先行(抽選受付)

http://l-tike.com/s-tourabu/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

2017年11月13日(月)11:00〜

発売 「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」ローソン限定ブロマイド第四弾

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

 

遅ればせながら、感じたことを想うがままに残しておきます。

 

舞台『K-MISSING KINGS-』

わたしにとって、決して忘れたくない大切な思い出となりました。

その場の勢いだけで記すのではなく、こんな気持ちにさせる舞台があったんだということを、これから彼のファンになる方にも後世語り継がれて欲しいなぁという願いを込めて。

 

たっぷりの愛情も加えて、じっくりじっくり煮込んで書きましたよ〜。

長いです。

もう一度言います。長いです。

 

見た直後はね、

鍋から吹きこぼれる勢いで、想いが溢れて止まらなかったんですが。

 

時間をおいて、

自分は何を感じ、何を受け取ったのだろうと、記憶の深海にとっぷり潜り己に問いかけながら。

心を込めて綴りました。

 

どうぞお召し上がり下さいませ。

 

 

<ご注意>

わたし個人の事情・主観・見解たっぷりな思い出記録です。

荒牧氏の振り返りブログと、ニコ生「荒牧場」でのお言葉を聴いたうえでの感想となっております。

 

日本語の長文苦手な方、こんなに長くて配慮なくすみません。

 

まとめると、

「K観劇できてよかった!素晴らしい時間をありがとう!」

ってだけです。

 

カテコ挨拶含んだ感想はこちらです。

↓↓

2017/10/21〜22 舞台『K-MISSING KINGS-』

2017/10/26 舞台『K-MISSING KINGS-』カテコ挨拶

 

 

 

■日時:2017年10月21日(土)〜22日(日) 両日マチソワ

    2017年10月26日(木) ソワレ

    2017年10月28日(土)〜29日(日) 両日マチソワ

■会場:京都劇場/天王洲銀河劇場
■出演:
夜刀神狗朗:荒牧慶彦
ネコ:柴小聖

周防尊:上田堪大

櫛名アンナ:礒部花凜

草薙出雲:寿里

八田美咲:植田圭輔

十束多々良:前山剛久

鎌本力夫:中尾拳也

宗像礼司:小野健斗

淡島世理:茉莉邑薫

伏見猿比古:木戸邑弥

伊佐那社:大崎捺希

雪染菊理:小山百代

御芍神紫:佐々木喜英/守時悟

 

 

 

<俳優ファン目線での感想>

 

わたくし、どちらかというと甘美な空想を好む人でして。

(知ってるわって聞こえてきそうですが)

 

願えば叶うと信じてますし、

森羅万象に意味があると思ってますし、

八百万の神の話とか大好きです。

 

そんな夢見がちさんの、ファン目線での感想です。

ここを乗り越えた先に観客目線での感想も付けてます。

 

 

■夜刀神狗朗

 

わたしはアニメと同一のクロではなく、舞台上で生きるクロとして見ています。

 

「夜刀神狗朗」という名前。

漆黒の闇夜を切り開く刀を携え、神様を守護する狛犬。

心は清水のように澄んでいて、曇りがなく清々しい。

 

まさに名が体を表している、板の上のクロでした。

 

 

I章・蕎呂了はね、

音色で例えると琴かなぁと思ってました。

ピーンと張りつめた弦を震わせて、どこまでも真っ直ぐに響かせる琴。

 

でも今回のクロは違いました。

 

真冬の耳が痛くなるような無音の夜空の下で、鉄琴を一音だけ鳴らしたような、

きーーーん………

っていう音色かな。

 

いつまでも余韻だけが続いていて、何人も侵入を許さない叫びみたいだった。

 

氷の結晶のように、触れたら溶けちゃうんじゃないかと。

砂の彫刻のように、触れたら崩れちゃうんじゃないかと。

 

そんな儚さがありました。

 

 

それはきっと、クロの器が荒牧さんだったからっていうのもあるのかなぁ。

振り返りブログでね、

「心では御芍神を具現化させてるはずなのに 身体が拒否する」

という表現をされていて。

 

見ているだけのわたしにも、そのアンバランスさは感じました。

 

板の上にいるのはクロなんです。

一年間、シロが生きていることに希望を捨てずに探し続けた強い心を持ったクロ。

でもどうしようもなく身体が荒牧さんで。

 

集中しろ!こんな見方は俳優さんに対して失礼だ!とはわかっていても…

肩で息をしながら立つのも精一杯な姿を見ると、次のシーンでは出て来ないんじゃないかと不安になりながら見守っていました。

ずっと怯えながら見ていました。

 

複数回通ったので殺陣も大体覚えてしまって、今まで手をついていないのにガクっと崩れたりすると、心臓を両手でぎゅっと絞められたような感覚で。

怖かった。ただただ怖かった。

 

 

それでもね、最後は立ち上がるんですよね。

どんなに倒されても絶望に叩き落されても足がふらふらとおぼつかなくても必ず立ち上がってくれる。

舞台に上がる。

クロも、荒牧さんも。

 

紫に貴方の剣は空っぽだと言われ、打ちひしがれたクロにシロが手を差し伸べるシーン。

ゆっくり恐る恐る手を伸ばし、包み込まれた時の、

あの時の彼の横顔が忘れられません。

安堵がじんわりと込み上げてきている様が手に取るように伝わって。

『美しい』なんて言葉だけで片づけるのはあまりにも惜しい。

目を閉じなくてもあの時のクロはずっとわたしの中にいます。

いつでもすぐにページをめくって思い出せる。

 

「よかったね、クロ、本当によかったね」って天国から見守る気持ちでした。

けっして手は届かないし、頭を撫でてあげることも抱きしめてあげることも出来ない距離にいるんだけど、「ちゃんと貴方のことは見えているよ。見守っていたよ。がんばったね」って褒めてあげたい気持ちでいっぱいでした。

 

そのシーンで、ようやくクロと荒牧さんが一心に同化して。

もう大丈夫だと。

立ち上がれると。

 

迷いを振り切って真の自分に気付いた彼の声は、毎回心の底からの叫びでした。

「俺は……っ!!!!」って全身から絞り出した時、彼はクロでもあったし、荒牧さんでもあった。

とにかく胸がぎゅーーーっと締め付けられて、嬉しいようなやるせないような、救いのような終わりのような、祈りのような。

色々な感情が搔き立てられてごちゃ混ぜになって、わけがわからなくなって泣きたくなりました。

あの感情に名前を付けるとしたら何なんだろう?

 

会場も、板の上の世界も、動くものは何もなく、すべて無になっていて。

ただ彼の言葉が空気を振動させて自分の存在を証明していた。

そこに、ただ居合わせ、受け取っていた。

 

 

あの板の上にのみ存在する彼(クロ)は、公演が終わった後もシロを毎日毎日探し続けているのだろうから、どうか早く手を差し伸べてあげてほしい。

早く彼に最愛を迎えさせて欲しいと、願ってやみません。

 

 

 

■一人立ち回り

 

京都公演で紫が声だけの出演になると発表された時。

 

彼なら出来るから運営は決断した、ということは頭ではわかっているんです。

信頼もしています。

 

でもやっぱりどうしても…

彼は今何を感じているんだろうという、わかるはずもない思考に脳内占拠されていました。

 

(観劇後にお友だちと楽しい舞台談義できてよかったです、一人だったらもっと悶々として発狂してた)

 

先日のニコ生「荒牧場」でね、Kステへの想いを語ってくださって。

 

それを聞いている時も、胃の下のあたりがマーブル状に澱んで、重たくなって、なんとも言えない気持ちになりながら耳に入れていました。

 

やっぱり怖かったんですね、と。

 

やっぱり悔しかったんですね、と。

 

 

絶対に理解できるはずがない、ということは知っています。

それでもどんな気持ちだったか考えてしまう。

 

失敗した時のことが頭をよぎらなかったわけがないんじゃないかと。

もし今回の判断に、辛辣な評価が殺到したら、彼の名も一緒に書かれる。

一人殺陣をした彼のシーンが話題にあがる。

なにより客席の空気を感じるだろうと。

 

絶対、怖い。

 

そんなの怖いに決まってる。

技術への自信だけで乗り越えられる問題じゃない。

だって舞台は観客が良かったと思うかどうかがすべてだから。

 

 

チケットの払い戻しもあった。

もし幕が開いて、客席がガラガラだったら…って不安もあったんじゃないかと。

 

ひで様の無念を背負って、観客の期待を背負って、Kステの商業としての重責も背負って。

 

彼は、自身の精神力を弱いと思った、と仰ってましたが、そんなことはないと思うんです。

 

今回の選択を引き受けた時点で、十分強い。

 

彼は、強いです。

そして、役者として役割を全うしていました。

自分が出来ること、しなければならないことを余すことなく果たしていたと思います。

 

一人立ち回りであることを残念に思う観客もいたと思う。

それでも、わたしはあの演技が好きでした。

 

 

確かにあの場に紫は存在していた。

クロの目は紫を捉えていたし、圧倒的な強さに抗い、屈され、それでも立ち向かっていた。

あの舞台で一番強かったのは間違いなく紫で、本当の意味で支配者でした。

 

わたし以外の方の目にはどんな紫が映ったんだろうなぁ?

そんなことを考えるとワクワクします。

わたしには、ぞっとするほどなまめかしく微笑んで、うっとりと敵の血しぶきを眺める紫ちゃんが見えましたよ♪

 

小説を読む時みたいに、きっと一人ずつ違った紫が見えたんだろうなぁ。

のぞいてみたいですね〜。

 

 

 

■理

 

クロの師、三輪一言様の愛刀「理」

 

大千秋楽でぽっきり折れたの、まったく気づきませんでした。

カテコ挨拶で折れたって聞いてびっくりでした。

いつもと殺陣違うな〜どうしたのかなぁ?くらいでした。

(席遠かったので見えなかったのです)

 

荒牧場で、『もし刀が折れなかったら、千秋楽だから全部出し切ってやろうって無茶して身体を壊してしまっていたのかもしれないなって思うと、理が守ってくれたのかな?と妄想したりするんですけど」と荒牧氏がお話されていて。

 

そういう考え大好きなので沸きました。

沸騰しました。

ぐつぐつ。

 

顕現したら、どんな刀剣男士なんでしょうね?

主人の生き方・理念を色濃く受け継いでいるなら、やっぱり一言様みたいなオトナ〜な落ち着いた文系男士なのかな?

それとも、クロみたいに一言様のこと大好きなわんこタイプかな?

ずっと一言様を守ってきたのに先立たれて、きっとクロと一緒にしばし落ち込んだんだろうなぁ。

それでも今度は刀を引き継いだクロを守ろうと決めてくれたんだろうなぁ。

 

って考えるだけで小説書けそうです。

(いらんわ)

 

でも本当に、わたしは付喪神はいると思うので、荒牧氏を守ってくれた理に感謝しています。

それはきっと荒牧氏が理を大切にしたからこそ返ってきたんだろうなって。

 

 

 

■座長

 

荒牧氏が座長としてカンパニーの一番前に立つ姿が観られて良かったです。

人気、実力、気構え、すべてが誰にも文句を言われないほどに座長だったなぁと。

(お前が何を知っとんねん!という勝手なファン目線ですけれども)

 

今までたくさんの実力ある先輩たちと共演してきた経験を、すべて自分の血肉として取り込んだんだなぁと思いました。

彼の背後に、翔さん、ひろきくん、凌くん、植ちゃんたちの存在を感じたよ。

守護霊がいたよ。

 

なんて貪欲なんだ、、あんなに育ちが良さそうな優等生なのにね、にやり。

 

今回の公演をやり遂げて、彼はどう成長したんでしょうね?

きっと強くなったんだろうなぁ。

 

絶対に今回彼が座長を全うしたということは、意味があることだったと思うんです。

必要なことだったと思うんです。

 

その答えを、これから先見られることがとっても楽しみです。

次の刀剣乱舞がその機会なのか、また別の機会かはわからないけど、きっといつか披露する時があります。

悔しいままで終わらせるほどやわな方じゃないはずだから。

 

あの板の上、中央に立ち、会場全体を隅から隅までゆっくり眺めていた瞳が忘れられません。

微笑んでいるような、その時間を嚙みしめるような表情が忘れられません。

膝に手をつき、深く、長く、客席に向かってお辞儀をする姿が、これから先もずっとわたしの中に残ると思います。

 

 

 

<観客目線での感想>

 

しんみりモード切り替えて、作品全体を通した感想でございます。

 

 

■作品について

 

舞台K。

キズナの物語。

メインテーマが「絆」

 

今まで、どうもその「絆」っていう言葉があまりしっくりこなかったんですよね。

馴染みがないっていうのかな?

なんだか御大層な美しいイメージばかりありまして、縁遠い言葉でした。

 

「カンパニーの絆で…っ!」というのが、どうにも。

歌仙さん的に言うならば、雅じゃないね、とでもいいますか。

 

女の子たちが、『わたしたちって親友だよね〜♡』って言い合うのを第三者の立場から見ちゃう距離感でした。

たとえそれが真実でも、言葉にした途端に溶けて消えてしまうような先入観が、「絆」という言葉自体に持っていたんです。

 

(I LOVE YOU?月が綺麗ですね、とでも訳しておきなさい。派です)

 

 

それで今回色々調べたのですが、わたしは「絆」の意味を正しく理解していなかったようです。

 

「絆」

 人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」

 馬などの動物をつないでおく綱。

(引用元:goo国語辞典)

 

ようやくしっくりきました!!!

 

元々は、犬や馬を繋ぎとめておくための綱のことを指していたそうで。

そこから人と人を離れがたくしている、断つことの出来ない結びつきを言うようになったんだと。

 

わたしのKに対するイメージはまさにこれ。

 

言うなれば鎖です。

綱なんてもんじゃない。鎖。

決して逃れられない運命。束縛された不自由さ。囚われ。

 

 

王としての強大な力を望まずして得てしまった者たちの孤独。

それでもそこから生まれた仲間との繋がり。

なのに、真に分かり合えるのは結局同じ立場の者だけ。

焦がれる人には近づきたくても失う運命。

関わりたくない人には離れたくても逃れられない。

 

それぞれのキャラが、哀しさ、無力さ、怒りを抱えた作品だなと感じています。

作品自体がとても感情豊か。

 

 

最後は、それでも立ち向かう勇気を示した物語だったのかなぁ?と、解釈しております。

アンナもクロもシロもね。

あくまでわたしの受け取り方ですけどね。

 

 

そして皮肉にも、今回カンパニーとして立ち向かわなければならない不幸なアクシデントが発生した。

そこがリンクしたからこそ、あそこまで集中力が増したのかな、と。

 

演者全員が、今この時にすべてを賭けた気迫がありました。

為すべきことを為す。全力で。

その身体中からほとばしるエネルギーに、圧倒された舞台でした。

 

人間って、本当に全身全霊を賭けた時、輝くんですね。

自然発光してたよ〜。

キラキラキラ〜っていうより、蛍みたいに燈っていた。

 

 

 

■演出について

 

アニメKは、すごく絵が綺麗っていう印象です。

でもわたしは、舞台にアニメと同じものは求めていない派です。

 

同じ絵ではなく、それをどう表現するかが舞台の醍醐味だと思っていますし、楽しみでもあります。

 

CGの使えない3次元で、観客に想像を丸投げするんじゃなくて、手引きをする。

あえて余白を残し、こっちだよ〜って。

(つ、伝わるかな??)

 

ある意味洗脳ですよね。

 

だって恐れずに言うならば、アニメのキャラと舞台の役者を並べて比較したら、100%同一なんてあり得ないから。

それでも、あのキャラが現実に存在してたーーー!!!って世界を見せるのが腕の見せ所だし、魅力だと思います。

 

超能力だって、ドライに言えば、見えるわけないですもんね。

それでも超能力を使っているように見せてくれるのが舞台のいいところ。

 

(わたしにとっての最高峰は劇団四季です。

キャッツとかね。

パンフレットだと人間がメイクしてるとしか見えないのに、舞台に立ったら猫としか見えなくなるってやっぱりすごい!)

 

こういう楽しみ方なので、わたしにとっては役者の登場シーンに変更があっても問題ないんです。

むしろ好きなように想像させてもらえて楽しかった。

わたしは、っていう話ですけどね。

 

あと、ダイジェストは良かったと思います。

新しいキャストが演じるI章・蕎呂見られるなんて贅沢だわ〜♪

そっちのほうがメインのキャラクターもいますしね。

 

あの導入部があったおかげで、すんなりMISSING KINGSの物語に入り込めました。

 

相変わらず、飛行船からシロが突き落とされるシーン(バーイ、どんっ!うわぁぁぁ)と、

ヘリで追いかけたら飛行船が自爆するシーンがお気に入りです。

滾る!!!

 

 

 

■映像

 

そういう考えなので、人を使った映像はあまり使わないほうが好きかな〜。

親切ですけどね。

 

でも、わがままを言うなら、せっかく板の上に役者がいるのだから、その場で演じてほしかったなと。

ジャングルがネコから逃げるところとか、アンナが目覚めるところとか。

その場でどこまで表現出来るか?っていう演出も見たかったな〜。

 

オープニングはカッコよかったです!

音楽との相乗効果で迫力満点!

円盤でじっくり見たい!

 

ダイジェストの尊とアンナが雪の中で話すシーン。

雪じゃなくて星が降るみたいだった。

音楽と映像と照明がリンクして、時間の経過速度が違う異空間を生み出しててすごく好きです。

 

ダモクレスの剣のシーンはどれも好き。

剣が落ちるところも、花びらみたいに消えていくところも美しかったなぁ。

空が哀しいくらい綺麗でした。

 

スケボーのシーンとかは、映像もここまで来たんですね〜ほ〜こういうことも出来るんだ〜と感心して観てました。

あまり先端的な舞台観ないもんで…プロジェクションマッピングとか、毎回ほぇ〜って口開けて観てます。

正面から観たら、ちゃんとスケボー乗ってたよ!!!

八田ちゃん、すんごい走ってたよ!!

スピード感あって良かった!

 

 

 

■照明と音響と

 

各クランの色は、綺麗でしたね〜

照明と映像と音響がリンクして、大迫力だった!!

とくに赤が好きです!!

 

赤の王登場シーンで、炎がどっかんどっかん打ちあがって、爆音に煽られて、わたしのアドレナリン大変なことになってたよ!!!

毎回滾ってました。

 

白銀の王の時には、舞台上が眩い限りの白に包まれて、夢の世界みたいだったなぁ。

 

Kステは、戦闘シーンの派手派手演出で毎回鳥肌が立ちます。

ぶわ〜〜〜って。

まさにずぶ濡れの鳥が身震いしているくらい、自分に羽根が生えてたら、すんごいぶわ〜〜〜ってしてたと思う。

すんごい羽根抜けてたと思う。

(迷惑だわ)

 

 

 

<キャラ別感想>

 

■ネコ

歴代の中で一番好きなネコでした。

声、仕草、体形、すべて納得のネコ。

可愛かったな〜。

お胸の渓谷にドキドキさせられたわ。

(え?みんなしないの?)

 

あと、個人的に今回のキャストの中で1〜2を争うくらい安定感ありました。

人生で初めてこんなに複数回同じ作品に通ったのですが、彼女の演技はまったくぶれなかった。

そうとう練習したんだろうな〜と思って、なおさら愛おしく思いました。

 

 

■伊佐那社

ネコと対照的に、毎公演違う顔を見せてくれたのがシロ。

もちろん良い意味ですよ。

猛スピードで進化していました。

ハラハラしたけど、彼が出てくるたびに、「おっ!今日はどうする?」と期待して観てしまいました。

とくに無色の王の演技は、素人目でもメキメキ上達していって、もっといける!もっといける!って見てました。

 

荒牧場で、捺希くんが「まっきーさん、俺どうしたらいいですかね?本当になんでも言ってください!」と言ってきたから、ビシバシ助言したという裏話を聞いて…

 

捺希くん……っ!!!号泣!!!

(嘘です、泣いてないです、ニュアンスです)

 

本当にすごいプレッシャー背負ってたんだろうな〜というのがヒシヒシ伝わってきました。

でもとっても良かったです。

彼は今後が楽しみな役者さんですね〜。

 

 

■周防尊

堪大くんの尊。

 

あの抑えた演技がね、にくいんですわ!!

お声がね!あんなに裏ではやんちゃボイスなのに、役に入るとしぶ〜い声出すんですわ!!!

それと表情も全然動かないのに感情が伝わるんですよね〜。

 

良い!すごく良かったです!!

彼の10年後が見たいな〜♡

早く初代赤の王、中村誠治郎さんみたいな歳の重ね方をしていただきたいです。

 

今でさえ客席泣かされていたのに、あそこに年齢という重みを加えたらどんなふうになっちゃうんだろ〜

ひゃー楽しみ!

 

 

■櫛名アンナ

アンナちゃんはもう文句なしです。

何も言うことはありません。

花凜ちゃん以外に考えられません。

 

存在がまんまアンナちゃん。

 

ナレーションのお声がとても好きです。

暗闇の中、沁み入る声。

 

覚醒シーンは、鳥肌が止まらず、思わず自分の両腕を押さえました。

 

 

■草薙出雲

文句なし、2TOPの片割れ、寿里さん。

 

でもわたしの中では、アニメの草薙さんまんまではないです。

寿里さんのエッセンスを多分に含んだ草薙さん。

 

彼がいるとね、周りの役者さんたちの安心感が違う気がしてしまいまして。

包容力が半端ないっす。

 

 

■十束多々良

今回はお歌ないのかな〜?と思ってたので、映像でチラッと流れて嬉しかったです。

(さっき演者の映像反対してたやつ、手をあげな〜)

 

十束さんもアニメまんまじゃなくて、前ちゃんだから好きな役。

包容力ありますよね〜

わたし、包容力あるキャラが好きなのかな??

 

そして前ちゃんが好き。

 

 

■鎌本力夫

うーーん、ごめん。

鎌本があまりに自然でコメントがないのですが、とりあえず中尾くんには御礼を言いたい。

座長を和ませようと毎回がんばってくれてありがとう。

 

良い奴だな〜♪

 

 

■伏見猿比古

わたし、猿みたいに影のある人好きなんだろうなぁ。

考えて考えて考えたうえでネジ曲がっちゃったような人がね、好きです。

彼が自分の気持ちを吐露する言葉を聴くと、あぁぁもう!!ってなります。

 

そして木戸くんが気になる…。

 

すごくそつなくこなしますね、彼。

あんなに尖ったキャラなので、下手すればやりすぎちゃう危険性がありそうなものですが、すんなりやってましたね。

つるんて感じ。

彼がガサガサになったとき、どう変貌するのか気になる…

 

サラ〜っとやっているのに、実は毎回微弱に変えてきていたと思います。

特に「間」

八田ちゃんから電話が来るシーンとか、段々間が長くなっていった気がしていて、思わず引き込まれました。

やられた〜

してやられた感がある。

ダイジェストの時の演技はバタバタしてるけど、本編のお芝居は引き込まれたな〜

 

全然木戸くんについて詳しく存じ上げないのですが、他の舞台も観たいな〜と思いました。

 

 

■八田美咲

実は立ち回りの中で、ダイジェストのクロと八田ちゃんと猿の3人の立ち回りが一番好きでした。

(クロと紫のシーンじゃないんかーい)

 

植ちゃんはね、もう安心感しかないじゃないですか。

 

でも木戸くんもね、合わせるの上手いですね〜ちゃんとクロの技を受けてるし、白刃どり痺れたわ〜

最後吹っ飛ぶところも「うまいっ!」って唸りました。

(植ちゃんの話じゃないんかーい)

 

そのあと徴が燃えるシーン。

八田ちゃんが本当に熱そうで!うおぉぉ!うまい!熱い!

猿が八田ちゃんの襟ぐりグイって露わにするところとか、すごい好きだったな〜

追い立てるようにangelaさんの曲がかかっててね。

もう拳握りしめずには見ていられない!!

 

わたしの脳内大喝采だった。

あのシーンはすごく好きです。

 

それとアンナを助けるために道反と戦うシーン。

赤の王の力はないのに必死に戦ってて、その姿があまりにも痛ましくて手を差し伸べたくて仕方なかった。

 

そして、植ちゃん自身について言うと、前座長の存在はやはり大きかったんだな〜と思いました。

荒牧氏が、毎回袖に捌けるたびに植ちゃんがそばにいてくれたっておっしゃってて。

それ聞いて仲間っていいなって思いました。

 

皆が座長を支えようと思っていたとは思うけど、それを実際に行動に移せる距離感にいるかどうかはまた別ですしね。

4年間一緒にKステを作ってきた植ちゃんがいて良かったです。

 

 

■淡島世理

同じく4年生の淡島さん。

美しい…。

 

声優のお仕事もされているのでそりゃ〜お声も美しいし、宝塚ご出身だから立ち居振る舞いも美しいし、美の化身だわ〜。

 

でもね、ないものねだりをするならば、もっと戦って欲しかったよ〜

抜刀だけじゃなくてセプター4の副長の剣さばきを見たかったよ〜

 

 

■宗像礼司

今回はとても感情豊かな宗像さんだったな〜と。

 

尊もそうですが、ダイジェストでの見せ場でね、そう思いました。

2人のシーンで、宗像さんの人間味を知れる見せ所。

 

毎公演、わたしの周りの席の女の子さんたちは号泣でして。

王、さすがだな〜っと妙に感心してみてました。

 

あと、とにかくあの体形は拝みたくなりますよね。

どこまで脚なの!?

長すぎる…!!見上げたら脚しかない!!

(そんな人間いません)

 

願わくば次も健斗くんの宗像さんに会いたいな。

 

 

■雪染菊理

菊理もかわいかったな〜

道反ちゃんも良かったし!!

 

彼女もネコと同じく安定感ありましたね。

もっと出番見たかったな〜

 

 

■御芍神紫

ひで様のお声だけの演技については、こちらでたーーっぷり語らせていただきましたので、よろしければ。

2017/10/21〜22 舞台『K-MISSING KINGS-』

 

紫は今回わたしに、舞台という世界の無限の可能性を教えてくれました。

そしてひで様は、本当に素敵な俳優だと改めて。

姿が見えなかったのに崇拝してしまうってすごいことですよね。

 

思えばひで様が演じるキャラクターって、いつもわたしの中にもともといたキャラと違うんです。

荒牧氏関連だと、薄桜鬼の土方歳三・風間千景に、刀剣乱舞の宗三左文字かな?

3人とも予想とかけ離れているんですよ。

なのに好きになっちゃう。

別の人物として惚れちゃう。

 

キャラクターを大切にしたうえで、ご本人の魅力が上乗せされちゃうもんだから、そりゃ〜パワーアップしますよね。

彼は侮れない要注意人物です。

(超尊敬してます)

 

守時さんとのダブルはね、初日こそハラハラしたものの、大千秋楽では見事な一心同体だったそうで!

(観劇したのですが1階席でなかったので口元まではほぼ見えず…雰囲気を楽しんでました)

 

プロフェッショナルだなぁと職人技に感嘆しました。

 

あと殺陣ね!

きたーーーーー!SOUZAアタック再来!!

って超あがったよ!!

 

※SOUZAアタックとは

舞台『刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺』でひで様演じる宗三左文字が見せた敵を滅多切りにする技。

ズババババババババ!

わたしが勝手にそう名付けているだけです。非公式。めちゃんこかっこよい。大好き。最高。ひゃっほー

 

 

不幸なアクシデントではあったけど、それでも彼らの紫を見られたことに感謝します。

やり遂げてくれたことに深く深く感謝します。

 

 

■アンサンブル

いったい何人演じたんでしょう。。。相変わらず末満さんのアンサンブル使いは緻密ですね。

彼らこそが舞台Kの屋台骨。

一人でも欠けたら崩壊する。

 

秋山の抜刀が綺麗だったな〜。

 

あとひとり気になる子がいました。

綾切拓也くん。

なぜか目で追ってしまった。

そして名前が好き。綾切。いい。

 

納谷健くんみたいにKステのアンサンブルから羽ばたく役者さんがいっぱい現れるといいなぁ。

 

 

 

 

<まとめ>

 

大切な大切な人に、何かあったとしても、自分には何も出来ない。

肩を貸すことも、声をかけることすら出来ない。

ただ、拍手と文字を贈るだけ。

 

その距離と絶望を改めて認識した舞台でした。

 

公演が終わった後に泣き崩れる女の子を見かけて。

わたしがいつその立場になっても不思議ではないんだな、と。

 

 

手の感覚がなくなるほどの拍手を贈っても、何の達成感も持てず。

伝わった気になんてなれなかった。

 

それでも、少しでも何かしたい!と思って、

どんな言葉をかけられたら嬉しいか唸りながら毎回お手紙書いていました。

力になったと聞いて、すごく嬉しかったです。

 

 

本当に、ファンというのは…

無力とは思わないけど、報われるかどうかも自分の解釈次第。

 

一人でも精神的な攻撃力はやたら高いくせに、回復魔法の威力は微弱…

でも人数が集まれば、防御力は大幅に増すと信じるしかない!!

 

 

せめて後悔のないよう、すべての機会に全身全霊で望もうと思いました。

命を削るように身を尽くして、今できる最高の物語を届けてもらうのだから、誠意をもって受け取りたい。

 

次があるなんて保証はどこにもないんだから。

今日が最後の日かもしれないんだから。

それは彼かもしれないし、わたしかもしれない。

 

たくさんのものを与えてくれた彼に、少しでも、何かひとつでもいいから、恩返しができるように。

自己満足ではなく、彼にとって為になるものを返せるように、これからも手抜きせず探し続けようと思います。

 

 

 

舞台『K-MISSING KINGS-』

すべてを見届けた今、浮かぶのは「感謝」のみ。

 

お芝居の中でも、カンパニーとしても、全員が全員大切なものを守るために命を張ってくれました。

守られるだけの人はいなかった。

 

お芝居としてだけではなく、自分の役割を全うするという生きていく上での大切さも教えてもらいました。

 

 

----------------------------

 

 

こんなロングロングトークを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

読後の一番正しいリアクションは、

 

「書いた人、暇かっ!!!?」

 

です。

つっこんだ貴方さま、正解です。

 

 

どうもありがとうございました♪

またいつぞや。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月10日(金)

 

見させていただきました〜♪

ありがとうございます〜(;へ:)

 

ひゃわ〜〜〜そうなんですよ!

わたしは他の豪華大御所声優陣とどんなコミュニケーションをとられているのかが知りたかったんですよ!!

あぁぁ、ありがとうございます!

まさに、コレ!コレ知りたかったの!

 

よくぞお話してくださった!

 

前にも書きましたが、上杉軍の声優陣は、もはや歴史上の人物みたいなものですからね。

近代史の偉人ですわ。

もっかい書かせてくだされ。

 

上杉謙信(cv 鳥海浩輔さん=三日月宗近)

甘粕景持(cv 緑川光さん=数珠丸恒次)

直江兼続(cv 柿原徹也さん=鶯丸)

柿崎景家(cv 興津和幸さん=蜂須賀虎徹)

 

刀剣乱舞祭り!

よっ!流行語大賞ノミネート!!

 

この偉人達に親切に面倒をみてもらう荒牧氏。

それをうれしそうにお話してくださる荒牧氏。

前野さんのお名前も出てきて、あの刀ステの時のお写真撮影から順調に良好な関係になっているんだなぁと、それだけで心がぽっかぽかです。

 

けっしてロングインタビューではなかったけれど、拝読できて嬉しかった〜

天にも昇るわ…ぱたぱたぱた♡

 

 

 

そして、緑川さんと、ARIA(初恋モンスター・戦国ヴァンプ)の縁が、こうしてコメント寄せという次のお仕事につながるのだなぁと思うとなんだか感慨深いです。

 

 

ちゃんとひとつの仕事からその先へつなげるって、簡単なようで難しいですからね。

事務所のスタンスもあるだろうけど、ご本人のお人柄と力量が大きいんだろうなぁ。

 

見習おう。。。

 

制服のラグナロク、読んでみよーっと☆

 

 

 

刀剣乱舞といえば、ブロマイド第4弾て…っ!?

すご…

カレンダーもね、まさか公演から半年経ってまだ新作グッズが出るとは…!!

 

ジョ伝も!

なにとぞ同じくらいの商魂をジョ伝でも!!!!

 

 

 

そうそう、昨日の末満さん乱舞。

ひろきくんがリプしてて、はゎ〜〜〜〜♡ってなりました(*´∇`*)

 

 

 

明日も稽古ですかね??

明後日はイベントで稽古出られないですもんね〜

ポッキー食べて、怪我なく笑顔でお過ごしいただけますように。

 

 

 

申込 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

2017年11月7日(火)12:00〜11月12日(日)23:59

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」オフィシャル先行(抽選受付)

http://l-tike.com/s-tourabu/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月9日(木)

 

今日は刀剣乱舞dayでしたね〜。

 

すでに稽古は始まってましたが、ようやく顔合わせが。

でもまだ絶賛他の舞台公演中の男士はいなかったのかなぁ?

皆さま人気俳優さまたちなので、スケジュール調整も一苦労ですよね。

焦っていたりしないのか、ちょっと気がかりでございます。

(オールウェイズ心配性)

 

早く集合お写真がみたいな〜♪

 

 

代表様とのお写真。

すてき♡

 

そしてそのあとに続くお言葉も、お二人のお人柄が伺えて素敵です〜♡

 

 

謝りつつもボサボサは否定しない代表。笑

 

 

こっちは安定の髪ぺたんこぼうや♡

翔さん命名のこのお名前は、ずっと語り継いでいきます。

 

お友達が荒牧氏のストレートヘアが大好きでして。

喜んでいる声を聴いて、わたしはそれがなによりも嬉しかったです(〃∇〃)

よかったね♡

 

シンヤさん、いつもおすそ分けありがとうございます!!

 

 

刀剣乱舞、流行語大賞びっくりしました!

いや〜、ここまで来たか!

 

けっして「今年の」ではないのに、審神者たちの声が届いた結果ですもんね。

嬉しかった〜☆

 

 

 

末満さん……笑

 

本当に人見知りなのかな??笑

景気付きましたわ〜!!!!

 

BGMの聞き覚えのある笑い声にめちゃめちゃ和みました〜(*´∇`*)

コンプライアンスの関係で、動画には出ない(もしくはすぐ消される)のに、毎回声だけで出演者を喰らう我らが牧場主に乾杯☆

 

 

 

余談ですが。

 

ラブホの上野さん。

翔さんも参戦ですね。

トキの営業さん、本当にどうしたの…?

この人も!この人もか!?え?もうトキ俳優全員出るの!??って展開に、大いに楽しませていただいております。

 

シーズン1で、この道を切り開いたパイオニアが荒牧氏だったっていうのが、嬉しいポイントですね(*゚ー゚)ノ

 

 

社長の営業力かな?

ありがとうございます!

台湾、リフレッシュできましたかね〜?

 

 

ぜひ2.5次元男子推しTVにも、続々とトキ俳優を送り出していただきたいですわ〜

ひろきくんと翔さんの対談とか絶対いい!!

 

この番組は抜かりない感じが好きです。

計算ミス?ありえません。(メガネちゃきーっ)って感じ。

さすがWOWOW。

でもここまで開示されると逆に苦しい。

 

 

ドライブって…!!

ドライブってなんだよ!!!?

助手席目線ってもう…(/ω\)!!!

 

まさに欲しかったやつだよ。

なんでファン心理知ってるの!?

この番組の制作班に心を読む超能力者がいる…!!!!

 

 

次のファンイベント。

チェキ撮影のパイプ椅子を車のシートに変えてください。

あとオプションにハンドル。

(おもちゃでも構わん!)

 

助手席ドライブ気分が味わえるチェキ。

これは金額跳ね上げても売れる…っ!!!

 

 

 

申込 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

2017年11月7日(火)12:00〜11月12日(日)23:59

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」オフィシャル先行(抽選受付)

http://l-tike.com/s-tourabu/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月7日(火)

 

見ました〜!

上杉軍の上杉軍による、景勝くんのための第六話…!!

 

 

 

 

誉をいただき、大変喜んでおられるご様子に、じいは目頭が熱い…

(まるちゃんに出てくる花輪くんちのじいの声色で)

 

まだ見られない地域の方もいらっしゃると思うので、あまり触れませんが、触れたいよ〜!!!

 

原作ゲームのストーリーから景勝くんのいいとこどりって感じでしたね♡

 

声のお芝居はね、

ゲームアプリの配信した時がLv.1の状態として比較するならば、Lv.10くらいになっている気がする…っ!!!

がんばってる感がなく、なんだかとってもなめらかに感じました〜

レベルアップ早いな〜w(゚o゚*)w

 

やっぱり彼のことですから、陰で努力しているんでしょうね。

自分で、完璧主義だ!思い描いた姿に出来ないと許せない!っておっしゃるくらいなので、声のお仕事もがんばっておられるんだろうな〜と。

検証⇒反省⇒改善⇒実践を繰り返しておられるんですかね〜

 

やたら周りの声優陣豪華ですしね!!!

大御所様達を見て、貪欲に学んでいるのかもしれないですね。

(想像ですよ〜)

 

これは今後が楽しみです(*´∇`*)

 

 

 

それと、Kステの振り返りブログきましたね!

いつも当たり前に思っているけれど、振り返りブログだって当たり前のものじゃないと、感謝しなくちゃいけないな〜と改めて思いました。

 

撮影・・・

刀ステ撮影だったのかな??

 

翔太くんも撮影って言ってたし、あんステもあったのかな〜?

 

 

さてさて、いよいよ刀剣乱舞のチケット先行申込の火蓋が切って落とされましたね。

 

刀ステがTDCHで東京公演して、翌週がテニミュなんですよね〜

荒牧氏のデビュー作「ミュージカル テニスの王子様 青学vs比嘉」の3rd。

そんな縁もちょっと嬉しく感じます♡

 

もちろん申込ましたよ〜!絶対見に行くんだ!

ご本人さまも見に行くって言ってましたね〜(*´ェ`*)

テニミュも今日からプレリク先行です☆ とゆる〜く宣伝。

(もはやどこの回し者なんだか・・・)

 

 

 

明日も皆から愛されて笑顔で過ごしていただける一日になりますように。

怪我なくね。

 

 

 

申込 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

2017年11月7日(火)12:00〜11月12日(日)23:59

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」オフィシャル先行(抽選受付)

http://l-tike.com/s-tourabu/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月5日(日)

 

皆さま、なんて素敵な笑顔…♡

 

笑顔の一等賞だ!!(*´∀`*)

 

台湾でもあごクイチェキを撮っておられるのを拝見しまして、この方、本当にぶれないな〜と改めて。

プロだわ・・・あごクイのプロだわ・・・

 

道行く人のあごクイ経験率が0.1%だとしたら、あらまきファンのあごクイ経験率は10%くらいいくんじゃなかろーか。

 

(筆者は未経験です、近すぎ怖い無理泣く)

 

いや、あの、たまたまTwitterでチェキ拝見しただけでして。

正直、全然今回の情報が回って来ず、イベント内容に関してはほとんど無知です。

だからこそ海外イベって感じがするね☆

(異国語レポ読めなかったー!自分前向きー!ひゃっほーい)

 

とりあえず皆さまの笑顔を見るに、きっと良いイベントだったんだろうと勝手にほっこりさせていただきました♡

幸せのおすそ分け、ありがとうございます!

ごちそうさまでーす♪

 

 

ぶれないといえば、こちらね。

 

BU・RE・NA・I !!!

 

ストロングレモンは売ってなかったんだろうか、ちょっと惜しいね!

コンプリートしてほしかったね!

 

「400元」という単語がなければ、完全に日本国内だと思うわ〜笑

さすがだわ〜

 

地方ホテル行った時は寂しくなる発言も見事に実施してくださって。

ぶれなさ具合にホッとします。

 

こういう自分をしっかり持っている子は、急に夏休み明けにモヒカンになって登校して度肝抜いたりしないから、担任の先生も安心♡

(ウチの学校はいた。中学生にとっては勇者だった)

 

 

無事の帰国をお待ちしております。

 

 

 

先月も台湾に刀ステでイベントに行って、その時もKステの稽古真っ只中で焦っておられましたが、今も焦ってるんでしょうか?

 

刀剣乱舞、着々と進んでいるのが皆さまからの日報より知れて、勝手に自分も充実した毎日を送っております。

今回も刀剣男士たちがマメで大変助かっております。

 

おす。

 

 

 

 

座長、がんばってくだされ〜!

 

 

Kステ。

ミスターKのブログを拝見しました。

 

サラッとは読めなかったな。

考えながら、感じながら、葛藤しながら、飲み込ませていただきました。

時間はかかりましたが、ちゃんと、受け止めました。

 

演者としての想いをここまで赤裸々に明かすこと、勇気ある行為だと思います。

一観客として、感謝します。

ありがとうございました。

本当にお疲れ様でした。

 

そろそろKステの振り返りブログかな?

台湾のお写真が先かな??

 

とりあえず無事に戻ってきてくだされば、なによりです♪

 

どうか明日も、笑顔で元気に過ごしていただける一日になりますように。

 

 

 

出演 

2017年11月5日(日)

荒牧慶彦 台湾ファンミーティング

https://www.facebook.com/VELstars

 

 

申込 

2017年11月1日(水)12:00〜11月6日(月)23:59

「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the shining future〜 」アプリユーザー最速先行

 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月4日(土)

 

社長。

 

御社の俳優様のおパンツ・・・

 

おパンツが・・・

 

ミエテルヨ??

 

 

男のパンツに興味はありませんが、とりあえずついついブランドだけはチェックしてしまう謎の癖を直したい。

(知ったところで何も得るものはないのですが)

 

いえーい!たーいわーん!!!

 

無事着いたようで良かった、良かった。

台湾料理はなんでも美味しいといいますしね〜

しばしの旅行気分でリフレッシュできるといいですね♪

 

ちゃんとカメラ持っていかれたかなぁ?

ちゃんと充電されてるかなぁ?

 

たくさんのお土産お写真があるといいなぁ♡

 

 

きっと明日、何百人という方がまっきーフェロモンの弾丸くらって瀕死の状態になるのでしょう。

討ち死にか、もしくは穏やかに幸せに包まれて召されるか…

 

(どっちにしろ死、あるのみ)

 

大興奮のレポが楽しみです!

後生ですから、日本語のレポをお願いいたします。

切実に。。。

 

 

 

次回のイケヴァン情報出ましたね!

佐藤くんだ〜!テオだ〜!

(公式の推しがよくわかる)

 

佐藤くんと言えば、男水でスターダストっていう情報は持ってます。

(偏りがひどい情報)

 

目が印象的だよね。

 

もりしーさんもいてくださって良かった♡

また次回も脇腹痛くなるほど笑わせてくださるんでしょうね。

たーのしみー♪

 

しかも、映像も見られるとな!?

 

 

昨日PCに向かえなかったので、貼ってなかった分をぺたぺたぺた。

 

ひろきくん。

 

今回もやたら豪華でコンプリート欲を逆なでするサントラ情報。

 

Kステ思い出記念館。続編。

 

 

どんだけ好きなんすか・・・笑

(深海に達するほど深く感謝してますけれども)

 

 

あと末満さんからの情報入手。

 

ラーメン情報じゃないよ。

 

小田原⇒ジョ伝⇒小田原、という順番で稽古するんですね。

ふむふむ。

 

知っても役には立たないけど、知ってると嬉しい情報。

ありがとうございます。

今日はジョ伝デーなのね〜

そろそろ小田原再開かな〜とか思いを馳せながら過ごします。

 

 

では。

明日の台湾ファンミーティング、何事もなく無事に幸せいっぱいで終わりますように。

 

 

 

申込 

2017年11月1日(水)12:00〜11月6日(月)23:59

「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the shining future〜 」アプリユーザー最速先行

 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

2017年11月5日(日)

出演 荒牧慶彦 台湾ファンミーティング

https://www.facebook.com/VELstars

 

 

先日、アンケートにご協力くださった皆様、誠にありがとうございました!

 

このような結果になりました〜!

 

 

※そのままリンク貼っちゃうと一日で二万円稼げる方法の広告が漏れなくついてきちゃうので、画像で失礼いたします。

 

わたしのしょうもない感想を求めてくださる方がいらっしゃるということに驚き、そして嬉しかったです。

さっそく先日から「あらまきゴト」の感想多めに変更いたしました。

これからは、正直な感想もつけていこうと思います。

 

 

なんで今回アンケートをとらせていただいたかといいますと・・・

 

(あ、ここからは長〜いうえに実のない独り言なのでご興味のある方だけどうぞ〜)

 

 

 

 

長くお付き合いいただいている方はお気づきかもしれませんが、最近当ブログ、迷走しておりました。

霧深き森の中を熊に怯えながら、彷徨っておりました。

 

そもそも、このブログを書いた始まりは、「行けなかった人に、少しでも伝わるように」というのが目的でした。

それで舞台やイベントのレポをあげていたのですが、結構「追う時間がないから申込とか発売とか忘れちゃう」というお声を耳にしまして。

 

そこから、「忙しくて追えてない方に、こんなことがあったよーと状況だけお伝えできるように」と想い『本日のあらまきゴト』を書き始めました。

(でしゃばったんだね?えぇ、そのとおり)

 

だから、読んでくださる方が主役。

どれだけストレスなく読んでもらえるかに注力しようと考えておりました。

 

わたしは書くことを仕事にしたことがないんで、完全に素人の趣味なんで、書き方に色やこだわりとかないんです。

なので、読んでくださっている皆様が望む形に近付けるよう努力しようと思いました。

 

 

 

ただ…あな恐ろしや。

始めた当初は日の訪問数が10人くらいで、少ない日は4人とかだったのです。

(店だったらつぶれてるわ)

その中で気に入ってくださった方が声をかけてくださってお友達になっていただいたりして、ただただ楽しく書いておりました。

 

それが、ご本人様の認知度が急上昇中ということで1年経ったら目を疑う閲覧数になっておりまして。

要するに怖気付いたんです。。。

2月に半袖短パンで持久走させられるくらいガクブルの日が続いておりました。

歯がガチガチ状態。

 

 

 

インターネットという大海原へ文章を解き放つ以上、どなた様の目にも入る可能性があり、書く責任が伴うという覚悟が足りなかったんですね。

こんなくだらない文章じゃファンの質が低いとか思われてご迷惑おかけしてしまうのでは、とか。

100%は無理でもなるべく誰のことも傷付けないように配慮したい、とか思ってたらもう訳が分からなくなりまして。

 

 

 

好きなものを好きというのは良いことだと思うけど、あまりに盲目的だとそれを聞いてイラっとする人もいるでしょうしね。

わたしも一気に客観的になってしまい興醒めすることはあります。

 

いつもは、

うんうん!かっこいいよね!うっきゃーっ♡

ってなるのですが、

あ…そうなんすね。わたしはそこまでじゃないかな。

って13歩くらい後退することもある。

 

たぶん自分のその時の気分次第で受け取り方が変わるんでしょうけど。

 

 

レポもね、本当にどうしても行きたかったのに行けなかった時。

どんな様子だったかは知りたいからレポ探すけど、幸せいっぱいレポ読んだら、哀しさとジェラシーで燻製になることもあります。

人の幸せ聞いて嫉妬しないほど出来た人間じゃーないのよ。

地獄の業火でいぶされるわ。

どす黒く、さらに香ばしくなっちゃうわ。

 

なので、もし行けなかった方がわたしが書いたレポ読んで怒り心頭したり、傷ついたりしていたらどうしようと。。。

 

レポUP

→いい気になるなよ

→でしゃばってんじゃないよ!黙れ、小僧!

→お前にサンが救えるか!?

→拡散

→炎上

→涙の記者会見

 

っていうTHE★ENDが見えました。

 

 

皆さま、俳優さんにご興味があり、はるばる当ブログにお越しいただいてるわけで。

出来れば読んでいただいた方の気持ちを削がずにより楽しくなっていただきたいんです

でもその力がないんです…あぁぁ。

 

 

なので、もういっそ自分はなるべく表に出さないほうがいいのでは。と思ったりして。

半年ほど前からあまりに感情的はことは書かないように。

アホすぎる妄想話は出さないように。

今日の晩御飯に何食べるか悩んでることなんて、絶対書かないように、息を潜めておりました。

 

 

そうして厳選してたらあまり書くこともなくなってきまして。

もういっそ中途半端なことはせず、シンプルに情報だけでいいかな〜と思ったのです。

いっさいの感想やめて、出演情報・申込情報・発売情報だけ箇条書きすればいいかと。

 

 

ただ、わたしのメーター振り切った感想が好きとおっしゃって声をかけてくださった方もいるので、勝手に決めて閉める前に皆さまのご意見を聞かせていただこうと思った次第です。

(前置き長すぎる)

 

 

 

で、結果を拝見しまして、方向性定まりました!

 

やっぱり自分一人で悩んで出した結論は勝手すぎましたね。

(閉めなくてよかった・・・あぶない!)

 

 

あらまきゴトは、鮮度と勢いを大切にした感想と、情報を両方載せます。

「感想いらん。情報だけでええんじゃ!」って方は、「明日以降のあらまきゴト」と「今月のあらまきゴト」だけご覧いただければ、だいたい事足りるかと存じますので、よろしければご賞味ください。

 

舞台レポは、情報・カテコ詳細だけ欲しい人用と、感想・分析知りたい方用で分けて書きます。

(Kステまでは混ざってます。ご容赦ください)

 

イベントレポは分けられないので、ごっちゃになっちゃうのですが、個人の感想聴くと興醒めするって方には、注意喚起いたします。

 

 

こんな感じでよろしいでしょうか。

もし何かあれば、コメント等でお声がけくださると幸いです。

 

ご協力いただいた29名様、誠にありがとうございました。

今は勇気が出て、楽しく書けております♪

 

(あと29票で安心しました。やっぱりあのアクセス数はまやかしだったんだ!)

 

 

呼び方も迷子でしたが、振りだしに戻りましたよ〜!

 

一番最初は荒牧氏

(距離感わからずこの呼び方)

 

→まっきー

(お友達につられて。調子乗ってきた時期)

 

→御前様

(あんステ見て、もうあだ名で呼べる俳優じゃないと思い名前を言ってはいけないあの人に)

 

→荒牧さん

(人の目気にしすぎてわっけわかりません状態)

 

→荒牧氏

(今。おかえり)

 

 

まだまだファンとしても、書き手としても、人間としても未熟なわたくしですが、現状に甘んじず精進いたします。

ご指摘は、真摯に受け止めます。

 

ここまでご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

読んでくださる皆さまあっての場だと、改めて感謝して、これからも綴っていきます。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月2日(木)

 

髪…切った?

いや、切ってない…?

 

セットでこんなに長さ変わるものなんですかねぇ?

おしゃんてぃーなスタイリングだな〜♡

 

(まず、ひろきくんに対するコメントをせよ)

 

荒牧氏が仲良しさんと撮る2ショットお写真が大好きです。

 

荒牧氏が尊敬している大好きな人とウキウキ撮っている2ショットお写真が大好きです。

 

つまり、本日のお写真は、ベストオブベスト☆

なんておさまりのいい安定感あるお二人…(*´∀`*)

 

楽しい収録だったんだろうな〜

きっと楽しい回なんだろうな〜

なんでWOWOWなんだろうな〜

 

見られる方、楽しんでください…

ウチ、映りません。

ちーーーん(ΦωΦ)

しゃーない。

 

 

収録前は刀ステ稽古参加されたのかな〜??

稽古があったことと、末満さんがぽつねん焼き肉中ということはわかったから、よし!

(末満さんの日常報告好き)

 

もう御一方の慶彦さん、いいブログ書かれてましたね〜♪

 

みんなとてもいい人…

 

その一言でほわ〜〜〜っとあったかくなりました。

ぽかぽかです。

ユニクロのヒートテックのうえにフリース上下3枚重ねて、湯たんぽ抱えながら背中と腰にホッカイロ貼りつつ、激辛チゲ鍋食べたくらいぽかぽかです。

(低温やけどするわ)

 

 

兄弟…っ!!!

さっそく修行を始めておられる…っ!!!

わたしも何かしなきゃ!!!ど、どうしよう!何しよう!!?

(影響されやすい人)

 

 

小田原城の配信予約も始まりましたね!

稽古が無にならないように、どうか晴れますように!!

 

 

あと、イケヴァンですが、イベントの情報もありましたね☆

 

 

明日も怪我なく元気に笑顔で過ごしていただける一日でありますように。

 

 

 

申込 

2017年11月1日(水)12:00〜11月6日(月)23:59

「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the shining future〜 」アプリユーザー最速先行

 

2017年11月2日(木)12:00〜2017年11月23日(木)19:30

「舞台『刀剣乱舞』小田原城 特別公演」LIVE配信+ディレイ配信

http://www.dmm.com/digital/cinema/stage_toukenranbu/odawara/

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

2017年11月1日(水)

 

あんステ新作ご出演、おめでとうございます☆☆☆

 

まだ凛月さんの秘蔵お写真があったことに驚愕…

抜け目ない。さすがすぎる。

策士だね〜

(褒めてる)

 

 

 

スケジュール見た瞬間吹きました。

鼻水でました。

ちゃんと拭きました。

 

待て待て、東京公演さんよ。

きたむーバースデーに始まり、まっきーバースデーで終わるって…もう…

 

バトルロイヤルの幕開けじゃーーーーー!!!!

 

わたしの脳内でヒゲの武将が角笛吹いてたよ。

ぶぉーーーー

 

 

とりあえず高望みしないんで、平日一般席でいいんで、一回はお邪魔したいです!

全キャスト集合、きっと圧巻でしょうね☆

 

個人的にはま〜くん贔屓なので、拝みたいな〜♪

(なんだか自分と似た空気を感じて放っておけない。。。彼の努力は報われてほしいです…)

 

がんばるぞー!おー!!

 

 

そして今日は日をまたいで、瀬名先輩と零さんのお誕生日ということで!

(最近ずーーーっとダイヤとジュエルを貯めることに時間費やしていた成果が今…!!)

 

おめでとうございます♪

 

でこが・・・

 

 

 

 

今夜も酔っ払いちゃんなのかな〜?

 

刀剣乱舞、開始ですね!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

兄者がキーパーソンなんだろうか…?

 

早く全員が揃ったお写真が見たいですね〜♡

 

すっかり寒くなりましたが、風邪にも怪我にも気を付けて、明日も良き日を過ごしていただきたいです♪

 

 

 

2017年11月1日(水)12:00〜11月6日(月)23:59

申込 「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』〜To the shining future〜 」アプリユーザー最速先行

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 


☆明日のあらまきゴト

 


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 本日のあらまきゴト(2017年11月5日)
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM