≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

 

 

2回目観覧の感想。

ネタバレありです。ご注意ください。

 

1回目は≪こちら

 

 

■日時:2016年10月24日(月)
■19:00開演

■会場:シアターサンモール(新宿御苑前)
■出演:

加瀬賢三 /上杉景虎:富田翔
笠原尚紀 /直江信綱:荒牧慶彦
小杉マリー /柿崎晴家:佃井皆美
宮路良 /安田長秀:藤本涼
朽木慎治 /織田信長:増田裕生
ジェイムス・D・ハンドウ /森蘭丸:林修司
佐々木由紀雄 /色部勝長:笠原紳司
執行健作:水谷あつし
菅原健志 /小笠原竜哉 /北村海 /湯浅雅恭 /丘本るり /さいとう雅子 /池内理紗

 

 

2回目ということで、今日は落ち着いて見られましたー!

1回目と同じく後ろのほうだったのですが、席が逆側のはじっこだったので、まったく違う表情が見られてよかったです。

 

あと、3日前と違って補助席がほぼ埋まってまして、しかも補助席の男性率がとても高かったです。

当日券ですかね〜

なんだか私が見に行く舞台って女性が多いことがほとんどなので、男性が多いと嬉しくなります。

 

何人かあらまっきーファンにならないかな〜笑

 

 

やっぱりストーリーがわかっていると、ドキドキしすぎず、細かな演技もじっくり見られますね。

直江が客席に向かってつぶやくセリフが頭に残りました。

 

「つかみたくてもつかめない…」

 

 

「君は我が運命…か」

 

あの気持ちの乗った余韻が原因でしょうか。

まだ声がリピート再生されています。。。よかった。

 

 

あとアクション!

かなりスペースは限られる舞台だと思うのですが、その中で調伏する夜叉衆の動きがとても鮮やかでためいきが出ました。

美しい…練習したんだろうなぁ。

 

調伏シーンが本当っぽいんですよね。

本当に力があるように見える。

無理やり説得されている感がない。

見事です。

 

殺陣じゃない立ち回りもいいですね。

違った良さがありますね〜。

ほれぼれ。

マリーかっこいい。

 

 

山口さんも今回はじーっくり拝見しました。

そこで気付いた事、

私、笠原さんより山口さんのほうが好きです。笑

 

笠原さんはシュッと立っているからか、山口さんのほうが雰囲気がやわらかくて笑顔が朗らかで、声がまろやかで、姿勢もちょっと丸まってるんです。

ポケットに手を入れて立つ仕草は同じなのに、その細かいニュアンスで別人に見せるなんてすごい!

もちろんメイク・スタイリングの力もあるとは思いますが、それだけでなく別人なんです!

 

これが役者という妙なんですかね〜。

は〜すごかった。

 

どうかまた来年も直江に会えることを願っております。

ありがとうございました。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

 

Comment





   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

筆者Twitter

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM