≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

 

個人の感想をあーでもない、こーでもないと。

ネタバレありです。

 

これからご覧になる方は、他のカテゴリへワープされたし。

本日のあらまきゴト 今月のあらまきゴト 今年のあらまきゴト 舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

あと…今書き終わってから他の皆さまのレポも拝見しにブログに遊びに行ったのですが、超詳細でした!

皆さま、すごい…っ!!歴史的背景とか伏線とか拾ってたりしてすごく面白かったです!

 

わたしの感想文は、完全に感じたことを感じたままに書いた感想文でして、レポは名乗れないような仕様なのでどうかご容赦くださいませ。

 

 

≪2017年7月15日追記≫

終わりに、ライビュのカテコ挨拶についてチョロっと追記しました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■日時:2017年6月23日(金)
■18:30開演

■会場:天王洲銀河劇場
■出演:

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦
大俱利伽羅:猪野広樹
燭台切光忠:東啓介

太鼓鐘貞宗:橋本祥平
鶴丸国永:健人
小夜左文字:納谷健

歌仙兼定:和田琢磨

伊達政宗:富田翔

細川忠興:早乙女じょうじ

片倉景綱:高松潤

 

 

うーーーん…、一言で言うとなん…でしょうかね?

あくまでわたくしの個人の感想ですが、

「感動」…という言葉はちょっとニュアンスが違う気がしまして。

 

いや、いいお話なんですけど。

かといって「驚き」という言葉では表現が足りない気がするし。

息を飲むほど驚きましたけれどもね。笑

たんに驚いただけではない。

 

「おもしろかった」「すごかった」…

どれも微妙にしっくりこないんですよね〜。

 

ひとつの強烈なメッセージがあって、観終わった後に感化されて行動が変わるっていうことはなく、

かといって何も心が動かなかったのか?と問われると確かに受け取ったものはあるんです。

 

「観てよかった」

これが一番しっくりくる感想ですかね。

たった一回の観劇ではこれが精一杯。

あと「空想が止まらない」

普段は答えがないことを考えるのは時間の無駄だからするな!と自分に言い聞かせているのですが、この空想欲には抗えない!

深く深く考察したくなりますな。

ぶくぶくぶく…

 

なんせメッセージが多すぎましたわ。

ケーキバイキングに行って、どうせ食べきれないだろうに、あれもこれもと持ってくる欲張り彼女かっ!?可愛いなこいつぅ!ってくらいの詰め込みよう。

贅沢すぎるわい。咀嚼する時間が必要だ〜。

 

ちょっとね、一個ずつ整理していきますよ。

いいですか?ダメですか?でも、いっちゃいます(`・∀・´)

(じゃあ聞くな)

 

 

■刀ステの本丸

末満さん、やってくれましたね!

この脚本をやり通した関係者様全員に拍手を贈りたいです。

刀剣意外にも付喪神が現るとは…そして刀剣を取り込むとは…あっぱれ!

でも納得。

 

観終わった後、人の想像力ってすごいなってぼーっと考えちゃいました。

そして想像させる自由を与える原作もすごい。

だからこそ、ここまで大人気のコンテンツになったんだろうなぁ。

元は同じ原作派生なのに、審神者によってそれぞれの本丸がまるで違うなんてこと、普通あります?

「うちの〇〇くんに、■■って言われたい」とか「うちの〇〇くん、■■好きそう」とかつぶやいても「はぁーん!?〇〇はそんなこと言わないよ!!」って叩かれないんですよ!

(←そこ)

 

みんな隣の本丸の子は、うちの子とは違うってわかっているっていう前提がすごいですよね。

唯一無二じゃない。

だからこそ作品として無限大の可能性があるんだろうな。

 

刀ステの本丸に出てくる刀剣男士たちは、うちの子たちとはまるで違うんですよ。

でも違うものとして受け入れられるんですよね〜。

その感覚って他の原作派生舞台だと味わえないものだなって、刀剣乱舞だからこその醍醐味だなって思います。

 

刀ステの審神者は随分熟練度高いなぁ。

この場合演出家である末満さんが審神者に当たるのかなぁ?近い存在だとは思うけど。

あと本丸自体が広そう。刀剣数も多そう。

審神者はかなり聡明な方なんだろうなと想像しちゃいます。

可愛い我が子を甘やかさず成長させるためには、千尋の谷に突き落とすような荒療治する勇気があるところが年長者かなって気がする。

三日月と話が合いそう。

 

 

■刀剣男士

原作は育成ゲームだから、刀剣男士のレベルを上げて、次々訪れる試練を乗り越え続けることが目的だという認識ですが、こうして生を受けた刀たちを実際に目の前にすると、永遠に戦い続けることを強いられるって残酷だなって思いました。

戦っても戦ってもまたさらに強い敵が現れて終わりがない。

でもそれはわたしたちの日常と同じなのかな、と重ねてみたり。

この世に生を受けたら、毎日やるべきことをこなしてそれを続けなきゃいけないから、なんだわたしも刀剣男士と一緒か、と想ったり。

 

今回の刀ステでは、時間を感じました。

鶴丸が毎日退屈だと言うのも、どれくらい長くこの生活を続けているんだろう?と。

どれくらい前に人の身体を得て、それから長く長く終わりなき戦いを繰り返して来たのかな?

でもそれもきっと、刀であった時間よりは短いんでしょうね。

 

刀とは、先人たちが自分の命を預けた相棒だと思っていて。

元の主の波乱万丈の人生を一番近くで見届けて、そこで生まれた激情を一番近くで感じていたから、だからこそ主の想いが森羅万象を巡って色濃く身体に宿ってしまったのかな。

 

いくら人の身を得たからといって、何百年も背負ってきた物語を数年で変えられるわけがないんだなと。

本丸で一緒に戦う仲間になったとして、何百歳の彼らがそんなすぐに仲良しグループになるはずないなと、刀ステを観て合点がいきました。

 

しかしそんなに長い時間をかけて人間の歴史を見続けてきたら、付喪神の皆さんはそろそろ呆れないのかなぁ?

いったいいつまで戦うのかと。

それとも、戦うための、守るための存在として生まれた彼らからしたら、本望なのかなぁ?

 

ここまでくると、いったい歴史修正主義者って何なんでしょうね?ってところまで行きついてしまうのですよ。

敵の本質はいったい何なのか?

三日月は知っているのかなぁ?

今回の義伝を見て、末満さんならそこまで辿り着いてくださるんじゃないかと密かに期待しております(〃∇〃)

暴いてほしい!!

 

 

■殺陣

今までね、お芝居を幹とするなら、殺陣って枝葉、力を入れている舞台なら花だと思ってたんです。

文字通り華を添える存在的な。

なくても話は通るし、主軸ではないと。

 

でも刀剣乱舞は違いましたね。

間違いなくメインでした。

みんな人間歴の浅い刀ですからね、殺陣が一番雄弁に語ってました。

 

武将3名と刀剣男士の殺陣がまっっっったく別物で、そこがすごく面白かったです!

完全にわたしの主観ですがね、やっぱり武将たちは刀を道具として扱っているんですよね。

道具に自分の力をプラスして戦っているように見えました。

 

でも刀剣男士は、人の身体をしていても完全に刀そのものなんですよ!

身体と刀が一体化しているっていうのかな?

刀が一部分になっていて、舞を踊っているようでした。

 

刀として見るならば、あぁ美しい刀剣だな。で終わるのですが、役者として見るとすごいことですよね。

殺陣で個性を、己を発揮するなんてことが出来るんだ!?と驚愕でした。

虚伝の時には、ここまで思わなかったんですけど、今回はすごく感じましたね。

 

なんかね、表現があっているかわからないけど、シルク・ドゥ・ソレイユみたいでした。

もちろん演技なんだけど、セリフはなくとも身体表現だけで人の心を震わせることって出来るんだなってことが衝撃でした。

役者さんってすごい!

殺陣に命が吹き込まれていました。

生命エネルギーを感じたよ!!!

 

 

■ストーリー展開

それぞれのキャラクターが背負う物語があるので、8振りの物語(正確には三日月以外の7振りかな?)プラス武将3人の物語を同時に追うのはなかなか大変でした。

容量不足で頭パンクしそうでした。

3時間で語るなんて土台無理な話を、終結させた脚本はすごい。

それについて行った観客もすごい。

 

わたしはけっこうじっくり見たい派なので、場面転換には「おっと」ってなったかな。

この転換があるからこそスピード感があっていいのかもしれませんけどね。

出陣組と、手合わせ組の場面は、それぞれで観たかったかなぁ、なんて贅沢を言ってみたりして。

 

あと、大変悔しいことに、らーめん光忠と最後にお小夜が笑うことは先に知ってしまっていたのです…くぅぅ。

先に観たお友達はネタバレしないように我慢して黙っててくれたのに、ライターさんのツイートで見ちまった。。

あぁぁ、なぜあの人をフォローしていたのか悔やんでます(´;ω;`)

知らずに観たかったなぁ。

 

義伝の良さは、誰視点で見るかによって違ったメッセージを受け取れることかもしれませんね。

わたしはあまり役に感情移入しない性質なようで、いつもまるっと作品として捉えてしまうのですが。

でも誰目線で見たとしても、行きつくところ「運命」には抗えないっていうことなのかなと。

生まれも育ちも選べない。

でも結局自分の生き方を決められるのは自分で、いかようにも出来るのだと強く背中を押してもらえた気がします。

そして、他人の考えを変えさせるなんてことは出来ないけれど、考えを変えるきっかけを与えることは、他人でも出来るんだな、と。

 

「人間の悩みはすべて対人関係によって生まれる」って言ったのは誰でしたっけ?

その言葉を思い出しました。

政宗様も、織田や豊臣・徳川を知らなければ、生まれた時代を間違えたなんて悩まなかったでしょうし、そもそも天下統一なんて夢をみなかったんじゃないかな。

お小夜も、他の刀剣男士に会わなければ、自分が復讐だけを想って生きることに疑問なんて湧かなかったんじゃないかと。

山姥切もしかり、伊達組もしかり、歌仙もしかり。

因果なものですね。

他人と関わらなければ悩みも生まれない分、その悩みから救ってくれるのもまた他人か。

 

義伝は、

「人は一人では生きられない。

だからこそ自分の信じる義をもって他人と関わることで成長できる。

なりたい自分を思い描け」というメッセージが込められた物語として、わたしは受け止めました。

 

 

■お歌

張り切って踊ってましたね、オープニングもエンディングも。

クルクルしてたなぁ。

個人的にはそこまで盛り込まないバージョンも観たかったなと思いました(*´∇`*)

 

歌唱シーンだけで切り取って観たらとっても素敵だったのですが、本編がど派手な展開で盛り盛りだったので、歌は引き算で引き立たせるくらいが好みかな♡

大輪の牡丹を添えるよりも、枯山水くらいでわびさびを効かせて、テーマのひとつである風流を感じてみたかったなぁ、と欲深くなってみたりして。

 

 

■音響

素晴らしい殺陣をさらに高みに押し上げる音響が本当に素晴らしくて!!

斬っている音がすごくリアルで何度も鳥肌が立ちました!!

最後の「ドーン!!!」すごかったです!

あ、ダメだ、書いてて興奮が蘇る!!!!

 

帰りに思わず音響ブースをまじまじ見てしまったのですが、あの中央で王者のごとく君臨しているのがヨシモトシンヤさんなんですかねー?

拝みたくなりました。

素晴らしい!たまらない!!!

 


■セット

会場に入った瞬間、あれ?銀河劇場ってこんなこじんまりしてたっけ?っていう意外性がありました。

ち、近い…すごく…。

本丸セットがすごく作り込まれていて素敵でした。

あと森も、森でした!!!

 

だからかな?場面転換が多かったので、映像で背景表現されているのを、もっと凝って欲しいなっていう欲が出てしまいました〜(*´ェ`*)

こんなに音響も照明もハイレベルだと、映像に少しの違和感を感じてしまい、さらに豪華に!って欲深くなりますね。苦笑

もし再演が叶うなら作り込んでほしいな〜♡

 

 

<キャラ別感想>

■三日月

なんて思わせぶりなの、三日月さん…

存在感が紛うことなき天下五剣でしたね。

貴方はいったい何を知ってるのーっ!?お願いだから折れないで!笑

三日月のセリフはすごくすんなり落ちるんですよね、ストンと。

物が語るから物語かぁ…って。

まんばちゃんに指南する時の畑の例え話も、すんなり馴染みました。

 

この方の存在感・まとう空気は流石のひと言につきますね。

拡樹くん…本当にすごい役者さんだなと改めて思いました。

平安貴族になんて会ったことないけど、あの三日月の所作を見たら、あぁこれが平安時代の人(刀)か、って疑いなく思いました。

殺陣でも頭の位置がまったくぶれないから、軸がぶれないんですよね。

丁寧かつ鋭い刀の振り。優美で繊細、でも弱弱しくない。

優しさの塊であるわたしのお友達が、2.5次元男子推しTVの録画をダビングしてくださいまして第一回を拝見できたのですが、あの時習った所作や舞がこの方のなかに経験値として積もっているのかなって思いました。

 

パンフレットで拡樹くんが、刀剣乱舞シアターの話をしていて、「おぉっw(゚o゚*)w」と。

この方は本当に三日月ですね。

先の先まで見て日々を過ごしているんだなと。

見えているんだなと。

刀ステの座長はずっと拡樹くんがいいな。

 

 

■まんばちゃん

まんばちゃんは、やっぱり殺陣!!!

話すのが苦手な分、殺陣は雄弁でした。

最後のお小夜との接近戦が見事。

とてもテクニカルでしたね。

数cmで交わす切先、計算しつくされている立ち回りに身震いしました…っ!!

 

役者として見るなら、お小夜に檄を飛ばしたあの重厚で凄みのある声、初めて聴きました。

こんな発声も出来るのか!!と。

翔さんたち武将チームの発声に近しい迫力と太さがありましたね〜。

最近演じているのはスンってしたクールキャラが多いし、まんばちゃんも大声出したとしても細く鋭い声が多いのに、とても意外で貴重でした。

役の幅が広がった瞬間に立ち会えたような感動がありましたね〜。

 

あとまんばちゃんはピリついた本丸の中でくすっと笑いを入れる役回りとして落ち着きましたね。笑

次の物語ではどれだけ成長が見られるのか、とても楽しみです。

 

 

■大俱利伽羅
最後ね!

素直になった大倶利伽羅に悶えましたね!

歌仙とちょっと近づけて良かったね(*´∇`*)

 

なんでこんなに一匹狼を装っているのに放っておけないオーラが全開なんでしょうかね。

カッコいいのに、愛らしいぜ!!

 

目が忙しかったから、今度映像で殺陣をじっくり見たいな〜

あと表情。

 

 

■燭台切

「政宗くん」呼びにまずキャーーーー♡ってなったのと。

相変わらずの完璧なプロポーションに撃ち抜かれました。

存在が奇跡。

ありがとう、とんちゃん!

わたしの中では、君が一番二次元を現実にしていたよ!!

 

 

■貞ちゃん

うちの本丸には貞ちゃんがいないので、まだあまり思い入れがないんです…すみません。

はよ来てくれ(´;ω;`)

 

前回の不動行光と同じく、戦う中でドンドンレベルが上がっていく様を見るのが楽しかったです。

あの殺陣はエンターテインメントでしたね。

表情も戦い方も観ていて楽しかった!!

 

あと色々大変な燭台切を支えてくれて、男気を感じました。

 

 

■鶴ちゃん

いや〜驚かせてもらったぜ…笑

まさか黒鶴になるとはな〜

おもしろかったです!

 

鶴ちゃんも三日月と同じく食えないじいさんだなと改めて。

腹の底では何を考えているんだか。

世界を諦めたうえで、ちょっとでも楽しくすごしたいという刹那的な道楽にさえ感じる。

 

殺陣がね、まさに鶴でしたね!

袂を翻して戦う姿が羽根を思わせて、とても美しい鶴でした。

 

あと個人的に鶴ちゃんの衣装が表現として一番好きです。

あの素材感はまさに!

衣装のリアルさに違和感がない、触りたい。

 


■お小夜

とっても表情がカラフルでした。

お小夜の背負う物語が一番伝わりやすかったな。

愛らしかったです。

 

殺陣、というか体術すごかったですね。

カンストしてるのかな?

 

最後旅に出る時、なぜ傘をかぶっているのに、もう一つ傘を手に持っているんだ!?と全力でツッコミたくなりました。笑

 

 

■歌仙

わだっくまさんの歌仙を見て、歌仙が大好きになりました!!!

なんて可愛い人なんだ(〃∇〃)

めんどうでしょうがないけど、手を差し伸べたくなってしまう…笑

 

荒牧氏のまんばちゃんを見て、まんばちゃん愛を目覚めさせたのですが、彼は我が本丸のまんばくんとは違うんですよ。

でもわだっくまさんの歌仙は、我が本丸の歌仙と同じなんです。

うーん、伝わるかなぁ?

オリジナリティはすごくあるのに、原作の延長線上にあるというか、イメージしやすいんですよね。

 

わだっくまさんは、役者さんとして興味が湧きました!!!

 

 

■伊達政宗

今回の主役!!!!

終わった瞬間、「翔さーーーーーーん!!!!翔さん、翔さん、翔さーーーん!!!」って叫びました。

あ、心の中でね。

 

カッコいい!カッコいい!好きーーーー(〃∇〃)♡

これは惚れるわ〜♡

 

心の底から天下を取らせてあげたかったです。

もう歴史改変してもいいんじゃない?って途中から思ってました。

それほど人を惹きつける魅力に溢れた政宗様でしたね。

小十郎の気持ち、よくわかります。

わたしも政宗様の臣下になりたいーーー!!!

 

でもこれは役が魅力的だからってだけではなく、翔さんの人間力が為せることなんじゃないかと。

絶対ね、実際に会ったらみんな翔さんファンになっちゃうと思うんですよ!

(おい、荒牧ファン。笑)

 

なぜソロのブロマイドがないんだ!?WHY!!??

絶対売れたのにーーー

 

最後命を全うするシーンがね、会場中すすり泣き声でしたね。

氷の精神と揶揄されたわたしもじーんとしました。

政宗公の人生が見えました。

この生死を1ヶ月以上繰り返すなんて、翔さん大丈夫なんでしょうか…?

ものすごく心配です。

命削って届けてくれているんだなって、伝わりました。

本当に素晴らしかったです。

翔さん、ありがとうございます。

 

 

■細川忠興

じょーじくん。

捕らえた歌仙に風流を説くシーンがすごく良かったです。

狂気に堕ちたのではなく、雅を愛する心がとても現れていた。

 

あと正直じょーじくんってもっと若手俳優感ある方だと思っていたので、とても説得力ある重厚な戦国武将として演じられていて驚きました。

す、すごい…!!!

毎日お肉食べてるだけある!!笑

 

政宗公との友情。

良かったですね。

なんだかこの方の精神力が心配になりました。

文化人なのにこの時代では己を殺して振る舞わなければならないことが多いんだろうに、大丈夫なのかな?って。

そう心配しちゃうほど、一人の人間として存在していました。

 

 

■片倉景綱

大御所感出てましたね〜

この方も、細川と同じく存在だけで物語にすごく説得力を持たせてくれた方。

 

政宗公が語る幼い頃の思い出話が良かったですね。

小十郎のおかげで、政宗公の魅力がさらに引き立ったんでしょうね。

間違いなく影の功労者!!

 

 

■アンサンブル

今回は顔出し多かったですね!

時間遡行軍だけでなく敵兵や町人も演じられていましたもんね。

 

相変わらずのプロフェッショナル集団でした。

倒される時のなんてアクロバティックなこと…!!

今回ね、立ち回りの時にアンサンブルの皆さまの動きにも注視していたのですが、まったく無駄がなかったです。

時代劇にありがちな、斬りつけるタイミングを待っている人なんていなかったよ!!

 

常に動き、メインキャストから離れた位置の方もその場で戦ってました。

いやー、すごい!

匠でしたわ。

 

 

はぁ、長い長い感想文でしたね。

ここまでお付き合いいただいた方、(…いるのかな?)

本当にありがとうございました。

 

きっと他の方はまた違った感じ方をしたんだろうなと思うと興味深いです。

わたしにとっての義伝は、命を感じる物語でした。

次はライビュだ!

舞台は一期一会、同じ時・同じキャストは二度とないという現実が切ないですが、またじっくり大切に観たいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

**********************

 

 

 

≪2017年7月15日追記≫

↓↓↓

 

<大千秋楽感想>

わたくし、現地ではなくライビュ見守り隊でした〜☆

いやぁ、音の迫力・空気感はやっぱり生でしか体感できないものだけど、ライビュもいいですね!

なんといっても表情ががっちり拝めますものね〜♡

 

義伝は、メインの方たちがこちょこちょやってるときに、まんばちゃんが隅っこでいじいじしてたりするので、いったいどっちを観たらいいの!?状態だったのですが、カメラがこっちだよ〜と誘導してくださるので安心してゆだねられました。笑

 

全体を通しては、東京で見たものがより研ぎ澄まされていた感じがあります。

刃の冷たさまで感じるような。冷気…かな?

何度鳥肌が立ったかわかりません。

 

あと表情ね。

どの役もすごいんですよ!?全員に物語があって、本当に全員がすごいんですが、その中でもやっぱりわたしの目を引いたのは三日月と政宗様でした。

これは舞台では(わたしの視力では)観られないし、家の小さなTV画面ではまた印象が違うかもしれないのですが、瞬きをするのも息をするのも躊躇うくらい釘付けになりました。。。

 

鬼気迫るものがありましたね。

お二人とも頬がこけて目の下にクマが出来ていて・・・

目だけで語るってこういうことか、と。

視線の動き、笑顔からの無表情、瞬きひとつ。

すべてに意味が、想いが乗っているようでした。

本当に付喪神や戦国武将になってしまったようで、役を脱ぐことが出来ないんじゃないかと不安になるくらい一種の異様さを纏っていたお二人。

「すごい」を通り越して、「演じるって怖い、彼らがいなくなっちゃう」と恐ろしくなりました。

こんな心を揺さぶるお芝居を観ることって人生であと何回あるのだろう?と想像すると、本当に貴重な観劇だったと思います。

 

 

<カテコ挨拶>

本編と打って変わって、相変わらずの空気感でしたね。

このカンパニーの雰囲気大好きです!!!

映画館も拍手喝采でしたよ〜

きっと全国で盛り上がったんだろうな♡

 

アンサンブルの皆さまのご挨拶の時に、キャストの皆さまがキラキラした眼差しを向けていたことが印象的でした。

 

(以下、ぼんやり記憶を頼りにしたものなので、間違ってたらごめんなさい。だいたいこんな感じだったかと。)

 

■高松潤さん

高「『まつじゅん』と呼ばれております。政宗様が名付けてくれました。ありがとうございました」

富「いえいえ。笑」

のやりとりが最高でした!

まつじゅんさんが、ご来場の皆さま、映画館の皆さまに御礼言ったあとに、海外でライビュ観ている方に向けて英語で挨拶していて、めっちゃカッコよかったです!!

他のキャストの皆さまも目を丸くしてましたね〜笑

翔さんが「かっこよ!!!」って言ってたのが、つぼ。笑

 

■早乙女じょうじくん

じょーじくんはお決まりの「ふくおか」であいうえお作文でしたね!

こちら〜

 

詠んだあと、がっちりわだっくまさんのお顔が抜かれてて、その「俺か!?」って顔が可愛かったです♡

翔さんがすかさず「きっとこの後、歌仙からの言葉もあると思います」と振ったのがさすがすぎましたね。笑

 

■富田翔さん

富「ありがとうございました。皆さん終電もあると思うので手短に」

もうね、笑いの空気を作るのうますぎですね。

富「この作品で伊達政宗を生き抜けたことを心から幸せに思います。この想いを抱えてまた明日からがんばっていきたいと思います。

なので・・・皆さまもがんばってください!」

このお決まりの挨拶、大好きです。

最後は、「縁があったらまた会おう!」と、政宗様のお言葉で締めてくださいましたね〜。

がんばります!と心から想える翔さんのエール☆

 

でも話しているときの皆の表情を見ると、「あぁやっぱり翔さんは人の上に立つ人だな」と思いました。

みんな忠臣の顔してたように見えましたよ。笑

 

■和田琢磨さん

元主であるじょーじくんの振りにちゃんと応えてくださいました☆

でも緊張してたのかなぁ?名乗りを忘れるという…

それが可愛くて、ふくおか作文、覚えてない…

おもしろかったことは確かです!ごめんなさいー!

 

■納谷健くん

まったりご挨拶でしたね〜

恒例の会場全員での『行ってこい』コール!

映画館もみんな声をそろえて言ってましたよ〜!

このね、『行ってこい』コールの後の「行ってきます!」の笑顔が最高に弾けてて、黄色い歓声が飛んでたね…笑

 

■健人くん

今回大活躍だった鶴丸さん役の健人くん。

「ありがとうございます」の後の拍手としゃべりのタイミングが合わなくて謝ってたのが可愛かったなぁ(*´∇`*)

 

■橋本祥平くん

しょうへいくんはお話するとき表情がくるくる変わるので、個人的に見てて和む方です(*´ェ`*)

すごくしっかり挨拶されていて、あぁ、松田凌くんの背中を見て育ってるんだなって思いました♡

最後、しょうへいくんも「サンキューベリーマッチ」とカタコト英語を言ってて、会場なごむー♡

まさかこの英語の流れがあの結末を生むとは・・・笑

 

■東啓介くん

この日、お誕生日だったとんちゃん☆

おめでとうございます!!!

綺麗でオトナなご挨拶をしてたのですが、「僕個人の話なんですけど…」と言った瞬間くすくす笑いだす場内。笑

それにキョドキョドするとんちゃん。笑

東「なんで笑うの?まだ何も言ってないよ?笑」

うんうん、そうだね(*´ェ`*)

 

誕生日に舞台に立って、ライビュでお母さんが見てくれていることに感謝を述べつつ、刀ステとしっかり東啓介の応援もお願いするとんちゃん。

立派でした〜☆

 

■猪野広樹くん

いのくん、普通に話すとそこまで声が低いほうではないから、役とのギャップにほっこり♡

最初綺麗なご挨拶だったのですが、途中からペラッペラ英語しゃべりだして、会場「ふぉ〜♡」なりましたね。笑

ペラペラすぎて全然中身わからなかったのですが、最後の「see you again!」のドヤ顔がとても良かったです!

かっこよ!!!!

しばし拍手鳴りやまず!!!!

 

荒牧慶彦さま

言ったよね?

絶対翔さん言ったよね?荒牧氏の挨拶前にぼそっと「見せてやれ!」って。笑

 

見せてくれましたね、我らが荒牧氏は!

「はろー!あいむ やまんばぎりくにひーろ」

場内、大爆笑!!

この日一番が出たよ。さすがだよ。笑

お隣のとんちゃんに止められ、ひろきくんに「やめたほうがいい」と収められるのが、最高にまんばちゃんでしたね。笑

その後「みなさま、こんばんは」といきなり普通になり、「普通だな!」と周りからツッコまれる愛され近侍殿♡

 

荒「虚伝の初演・再演、今回の義伝と刀ステの近侍を務めあげたことを光栄に思ってます。

全46公演という長い公演でしたが、こうして全員で無事大千秋楽を迎えられることが本当に嬉しいです。

たくさんの方に支えられた1ヶ月半でした。

もっと山姥切国広としても荒牧慶彦としても成長したいと思います。

ありがとうございました」

というようなご挨拶でした。メイビー。

とにかく荒牧氏が笑顔で楽しそうだったので、もうそれだけで満足です♡

 

■鈴木拡樹くん
ゆるがないですね。

刀ステの座長であり、根幹。

こんなに細いのに、頼りがいのあるかっこいい人だなと改めて思いました。

存在が一段上というよりは雲の上のようだよ。

 

いつもどおりキャストさんの人数ご紹介してくださいましたね。

そういう心配り、目線がとても好きです。
鈴「キャストが24名、スタッフが百十?名(ごめんなさい、忘れました…)で皆さまに届けてます。

この作品が皆さまの記憶に残る作品になればいいと思います。

また続くように応援よろしくお願いいたします」

 

 

この一人ずつのご挨拶のち、三日月さん(ひろきくんではない)のご指名で貞ちゃんが一本締めをしてくださったのもまた乙でしたね。

貞ちゃん、なんて派手な振りなんだ…さすがだ〜

お時間の都合上か大千秋楽バージョンのエンディングやキャスト挨拶はなかったけど、十分嬉しかったです♪

 

貞「お手を拝借、いよ〜〜〜〜」

全員「パンっ!!!!」

 

山姥切「あ」

 

・・・・(あ?)

 

三日月「どうした?」

(声、やさしっ!)

 

山姥切「え…あ…」

完全に出とちってキョドキョドするまんばちゃん……もうっ!!!(/ω\)

 

まんばちゃんのお顔を覗き込んでからの〜

三日月「本日はご来場いただき・・・・」

微笑みを向けつつ先に進めた三日月が三日月すぎて、まんばちゃんがまんばちゃん過ぎて、記憶のシャッター切りまくった瞬間。

なんだろ、この神がかったハプニング。

あぁもう、ありがとうございました〜笑

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

舞台レポ

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/06/26 20:47





   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 2017/11/23 舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年11月5日)
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM