≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

Vol.13はこちら / Vol.14はこちら / Vol.15はこちら

 

考え方は十人十色。

だからこそ人と関わることは刺激的で勉強になり、違うことが前提だからこそ共感できる部分を見つけると嬉しいのだと思います。

 

こんなことがあったよ、わたしはこう感じたよ、と伝えたい想いを綴りますが、同意出来なくてもいいのです。

感想は人それぞれでいいのです。

 

わたしは苺大福が大好きなので、その美味しさはいくらでも語りたいと思いますが、世の中にはあんこ苦手な人もいるでしょう。

生クリームはそんなに得意じゃないですが、ショートケーキ好きな人が語る苺の魅力も聞いてみたいです。

 

 

皆さまのお好みや意見はお持ちいただいたまま、純粋に「どんなイベントだったのか知りたい」という気持ちに応え、楽しんでいただけるレポートになっていれば幸いです。

 

ふんわり記憶なので雰囲気で。

どうぞ、ご賞味くださいませ。

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.16

「Toki Entertainment 〜Viva La Revolution〜 Vol.1」上映&生オーディオコメンタリー

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/富田翔/荒牧慶彦/中村誠治郎

■司会進行:社長
■18:30開場 19:00開演

 

 

 

真ん中のスクリーンを挟み、ステージ両端に椅子が並べられていて、映像見ながらあーだこーだ言う形式☆

 

 

▼始まり〜

Vol.1の映像が流れつつ、社長のMCで開幕〜♪

ちょうど皆さんのご挨拶シーンだったので、それぞれに合いの手入れてました。

翔さん、謎の言語で挨拶してたな〜。笑

 

Vol.1を見た方はどれくらいいますかー?というご質問には、3分の1くらいお手が上がってたのかな…?

半分はいなかった気がしますね〜。

わたしも参戦していないのでワクワク♪

 

 

▼ゲストご登場

社「一番ゆかりの深いこの方から!中村誠治郎!」

誠「ゆかりねーよ!」

 

社「懐かしいでしょ?」

誠「いや、この時まったく関係ないから!」

 

なんと!良馬くんのオレンジパーカー着てくれました!

会場きゃーーー♡♡

あちこちから、「可愛い」の声が聴こえる♡

 

社「ちょっと良馬のモノマネやってよ!」

誠「どうもーーー!!!馬場良馬です!!!!!!」

 

全力でやってくださる誠治郎さん…やさしすぎる(*´ェ`*)

 

 

つづいて、荒牧慶彦ー!高崎翔太ー!富田翔ー!(パチパチパチパチ…あれ?)

 

翔さんが黄色パーカー着てるよー!!?笑

赤は売り切れたらしいです。

ほぇ〜すごーい!

 

富「高崎翔太役、富田翔です。よろしくお願いいたします」

高「高崎翔太役、高崎翔太です。よろしくお願いいたします」

誠「馬場良馬の代役の中村誠治郎です。よろしくお願いいたします」

(代役じゃないよー笑)

 

 

▼オーディオコメンタリーなのでとりあえず見てみた

Vol.1は翔太くんのバースデーイベントだったので、スクリーンには前説をする翔さん・良馬くん・まっきーが。

 

まさかテイジンでやった後にZeppでやるとはね〜という思い出話に、誠治郎さん驚愕!

 

誠「まっきー若いね」

高「これいつ?」

富「2002年です」

荒「じゃあ若い!まだ12歳です。笑」

(小学6年生の時だった?笑)

 

 

▼疑惑

しばし、前説見つつしゃべっていただいてたのですが、もしかしたらつまらないんじゃ…?と不安になった模様の社長。笑

富「じゃあ、やめますか?」

(早い!早い!)

 

全体で2時間くらいの映像なので、パッパッとおもしろいシーンまで飛ばそうと一致団結する面々。

すごいスピードで早送りされる前説。笑

 

 

▼撮影シーン

パンフやブロマイドとかに使われたお写真の撮影シーン。

 

翔太くんがカラコンっ!

翔太くんがカラコンっ!!!!

端正なハーフ顔がさらに印象的に。

美形だな〜♡

 

高「一番とがってたときね」

 

まっきーは耳かけヘアスタイル。

兄たちにしっかりいじられてました♡

 

 

▼本番前の気合い入れ?

4人で「ステージ行こうぜ!おー!」的なやつをやってたのですが、掛け声をかけるまっきーに皆応えてくれない。笑

この時はまだトキじゃなかったんですよね〜、じゃあしょうがないね〜って言いながら見てました♪

 

まだ1年半前くらいなので、基本的にボケのスタンスは変わらない。笑

 

 

▼登場シーン

挨拶のボケも今とおんなじ。

和む〜♡

 

映像見てた社長がポロリと。

社「この頃だよね?まっきーが芸名にするか悩んでたの」

高「芸名にしたい!したい!病院で呼ばれるの恥ずかしい!とか言ってた」

(思い止まってくれて良かったよ)

 

お誕生日の翔太くんを3人で盛大に迎えておりました。

バースデーイベントっていいですよね、愛に溢れてるよね!!!

 

 

▼再び不安がよぎる

いつまでも見てられるよね〜とお家スタイルのくつろぎっぷりの登壇者たち。

(うんうん、見てられるよ〜)

 

でもちょいちょい我に返る。笑

富「え?見てるだけなのに3,000円とるの?」

社「お金返そうか?笑」

 

はたしてお客様は映像が見たいのか、話を聞きたいのか、いったん確認入れることに。

高「見たことある人ー?」(はーい)

富「半分いかないね。これって映像化されてるんですか?」

社「してない」

 

富「見たいっちゃみたいんだ。でも見たくないっちゃ見たくないんだ。どっちがいい?」

(いつも客席のリアクションを気にかけてくれる皆さまにじーん)

 

面白いところだけに絞って見せてくださる方向性にまとまりました♪

 

 

▼TAKASAちゃん

翔太くん脚本・演出の伝説の演目。

高「飛ばしましょう」

社「最初のTAKASAちゃんのクオリティひどかったよね!笑」

高「もう2度とやらないですからね!!」

ファン「えーーー!!??」

 

うるさい!って怒ってました。

翔太くん、最後まで見るの嫌がってたな〜。笑

 

気遣いスペシャリストの翔さんは、誠治郎さんのことも気にかけてました。

TAKASAちゃんがわからずキョトンな誠治郎さんに説明する御三方。

本当はまっきーに女装させてアランちゃんをやらせるつもりだったのに、誕生日の翔太くんが女装するはめになったと。

 

売れないアイドルのTAKASAちゃん(高崎翔太)と、そのファンのヲタク3人(富田翔・馬場良馬・荒牧慶彦)が繰り広げるハートフルコメディ。初回のTAKASAちゃんはメイクなし、ウィッグなしで、サイズの合わないムチムチなピンクのフリフリワンピースをお召しでした。3人はクオリティ高いヲタクファッション!

 

誠治郎さんが、TAKASAちゃんの美脚褒めてたな〜。

 

今日はバースデーLIVEとのこと。キラキラ笑顔でアイドル曲を踊るTAKASAちゃん。

 

高「心折れちゃってんじゃん!感情どっかに忘れてきてるよー」

(でも観客を魅了してるんだからプロですわ)

 

実はこの回で、まっきーの手が当たり良馬くんの歯が折れるというアクシデントがあったと!

高「こんな緩い芝居で?どんだけ弱いんだよ」

富「アロンアルファでくっつけてたよね?」

荒「あった!そこまでは見ましょう!」

(なぜ人の歯を折ったシーンをそんな嬉々として見たがるのか?笑)

 

スクリーンでは、TAKASAちゃんとファンのコール&レスポンスが粛々と進められております。

T「あの小さかったTAKASAちゃんも、みんなのおかげで4半世紀たちました!」

今日は最後に大事なお知らせがあると言い、衣装チェンジのためそでに引っ込んだTAKASAちゃん。ヲタク3人は今日もTAKASAちゃんの神レベルの可愛さを褒め称えつつ、どんな話かな〜?と思案します。

 

ここであることを思い出した3人!デビュー当時、年齢非公表にもかからわず、TAKASAちゃんが25歳で引退宣言をしていたことを!4半世紀ってことは、もしかして今日が25歳の誕生日!?どうしよう!?TAKASAちゃん引退しちゃうの!?と大パニック。

 

稽古する時間がなさすぎて(1日って言ってたかな?)、ちょいちょいセリフが思い出せず、台本を持ちながらなんとか話を進める3人。

(こりゃ、Vol.1は円盤化できないわ。笑)

 

なんとか引退を思い止まらせるために、作戦会議をすることに。

富「こういうのはどうだ?TAKASAが出て来たら、やめないで、やめないでー!って言う」

 

話、まとまりました。笑

 

ステージに戻ってきたTAKASAちゃん。「やめないで!やめないでー!」とそれぞれの溢れる想いを叫ぶ3人。他者を押しのけ前に出るヲタクたち!ここで前に出た馬場さん!

馬「わたしは…」

 

ここで、まっきーの肘クリティカルヒットーーー!!!!

 

その場に倒れ込み、さりげなくはける良馬くん。爆笑!

なんでいなくなったのか気にしつつ芝居を続ける他キャスト。

ちょうど治療中の仮歯だったそうで、この時裏でアロンアルファでくっつけてたそうな。笑

 

みんなの気持ちを知ったTAKASAちゃんが言います。

T「みんな…ありがとう。たくさん悩んだけど、わたし、やめません!語尾に可愛いスポットつけるの!」

 

・・・へ?

 

富「え?25歳になったら引退するんじゃ?」

T「え?わたし今日で27歳だけど?」

 

引退は勘違いでした。TAKASAちゃんはこれからも皆のアイドルです!

めでたしめでたし☆

 

 

社「これはひどいね〜」

富「たった一年前にこんなひどいことやってたの?笑」

 

そんなに言うなら早送りしてよ!とプンプン翔太くん。

(かわいい…♡)

 

 

▼TAKASAちゃん稽古映像

着替え待ちで、稽古場の映像が流れておりました〜♪

1.5倍速だったけどなんとなくわかる。

翔太くんが演出してるっていう画が貴重〜!

 

この頃からトキイベの稽古は深夜だったようで、翔さん・まっきーはミラステ稽古の後だったのでかなりお疲れモードの中頑張ったんだとか。

 

社「制作費低かったからね〜」

今は8倍くらい違うらしい。

 

 

▼拝啓、高崎殿

この日、伝説が生まれたんですね!!

翔太くんが書いた手紙を、3人が自分が書いた体で翔太くんに向かって読むというコーナー。

 

これは見たーい!初回だからぶっ飛んでないよね!と盛り上がる翔さんと翔太くん。

このコーナー大好きですね〜♡

 

まずは良馬くんから。

「翔太、誕生日おめでとう。20歳の時はテニミュのメンバーで祝ったな。あのときはパイを持って追いかけまわした結果、翔太がコンクリートにつまずいて一生ものの傷をつけたっけ。あれから時間がたち、貯金が貯まった。償いにはならないと思うけど、受け取ってくれ。100万円。

これからもずっと元気でいてくれ。よしく。」

(ん!??)

 

「よろしく」を間違えて「よしく」と書いた翔太くんでした。笑

 

続いてまっきーから。やや不安な様子の彼。

「翔太くんにはいつも助けられてばかりですね。何をしたらいいか考えました。俺には特技があります。これを披露して、翔太くんに喜んでもらえたら嬉しいです。聴いてください。

 

もう笑っちゃってるまっきー。

「♪ビリー!!!!シャララララー…♪」

(マイケルジャクソンのビリージーン無茶ぶりに精一杯応えた勇者誕生)

 

頑張った!頑張ったね!涙なしでは見られません!

翔太くん、1年半前の映像にヒーヒー言いながら爆笑!!

高「まっきーが殻を破った瞬間だったね!」

富「伝統芸が生まれたな」

 

「♪ビートゥギャーザ!ビートゥギャーザ!♪」

(いつのまにか曲変わってるし!笑)

「いかがでしたか?喜んでくれたら嬉しいです」

映像の中の翔太くんも爆笑してたな〜。

 

締めは翔さん。

「翔太、誕生日おめでとう。翔太と出会ったとき、末恐ろしいほどの才能を感じた。同時に嫉妬した。俺がトキに入ってからも色々共演したな。今度ごはんでもおごらせてくれ。蕎麦か?焼き肉か?蕎麦か?好きなものを言ってくれ。…蕎麦か?寿司か?…蕎麦か?これからもよろしく」

 

お客様に伝わらない、翔さんと翔太くんにだけわかる笑いを詰め込んだらしい。

翔太くんのこういうとこ好き。笑

 

 

▼演舞

まっきー振付で、和装で扇子を使っての舞を見せてくださいました。

翔さんはずーっとふざけてる、なぜか途中コンテンポラリーダンスになってる。笑

 

稽古時間まったくなかったから、みんな振付間違えてるし。笑

高「ちょうヘタクソじゃん、みんな!笑」

 

ボケない約束したから真面目にやってたのに、最後の扇子を投げてキャッチする見せ場で失敗した翔太くん。笑

富「最後にボケとっておいたか〜」

 

 

▼終了

いや〜、楽しかったです!

スクリーン見つつ、音声拾いつつ、登壇者を見つつ、話聞きつつ、お腹がよじれるほど笑うという大変忙しい時間でしたが、笑顔になれました(*´∇`*)

 

映像は見終わったけど、あと少し時間あるよってことで、翔さんが「じゃあサインするよ!」と立ち上がってくださいましたー!!!

この気持ちがすごく嬉しかったです。

 

タイムキーパー不在のため「これは終わりが見えるのか?」と不安になった社長に「時間の限りサインします!」と答える翔さん。

この男気、本当に惚れる!なんでこんな優しい人がいるんだろうか…。

どうしても通路側のほうが私物渡しやすくなりますが、翔さんは列の中央にも果敢に入っていって書いてあげてました!!

 

自分以外のファンだなってわかると、申し訳なさそうに「俺が書いていいの?」と聞いたり。

高価なものや可愛いものにサインを頼まれると、「これ書いちゃて本当にいいの?」と確認したり。

皆さん本当に優しいんですわ…気遣いに泣ける。

 

 

まっきーが最後までかかっちゃったのですが、それをからかういつものガヤがおもしろかったです。笑

「荒牧、荒牧、言いやがって!!!」って、いつも良馬くんが言ってるセリフを、オレンジパーカー着た誠治郎さんがちゃんと引き継いでました。笑

 

でも皆でツッコミつつ「今日しかまっきーいないからもらっておきな」と言ってくれる兄さんたち。

「まっきー可愛いもんね〜♡俺まっきー好きだもん、共演多いし」と翔太先輩。

 

誠治郎さんは翔さんとだけ共演してないらしい。

でもよく飲み屋では会うらしい。

連絡先は知らないけど、と言う翔さんに、LINEは知ってるよ!ショックだわ〜という誠治郎さん。

 

だがしかし!スマホ見たらLINE交換してなかった。笑

富「うわー。笑」

誠「上等だよ!!」

高「やばい、根本さん召喚しないと」

誠「俺の相方は本当に素晴らしい人間なんで、AshのLIVE来てください」

 

いつかトキメンバーもAshのステージに立つ姿を見たいですね〜♪

 

明日も登壇する翔さん・翔太くんは、明朝帰る誠治郎さんと飲む約束をして、ウキウキしてたな〜♪

今日だけのまっきーは「いいな〜」って寂しそうに羨ましがってました。

 

 

▼最後のご挨拶

テイジンホールの感謝祭ということで、翔太くんがテイジンホール擬人化をしてくださることに!

みんなそれに対して御礼を言えと。笑

高「俺、擬人化俳優ですから!」

(高崎翔太は天才です)

 

「なんで壊すの?」「老朽化だよ」と翔さんにこしょこしょ聞く翔太くん。

(可愛すぎか!)

 

富「じゃあ、テイジンホールの擬人化から始めますよ。よーい、はい!」

高「うわーーー!あ゛ーーーー!ぐあーーーー!!!」

苦し気に悶える高崎翔太!!

 

高「よっこいしょっと…(スン)」

 

ジジイになったーーー!爆笑!

 

よぼよぼ歩くテイジンさん。

テ「週末までもうもたない…最後にトキのメンバーに会いたいのぅ…」

荒「テイジンさん!大丈夫ですか!?(駆け寄るまっきー)」

テ「最後に…おまえに立ってもらって…良かった…幸せや…」

(大阪なので、テイジンさんは関西弁です。設定細かい!笑)

 

荒「長い間お疲れ様でした。テイジンさんにはお世話になりました」

テ「はぁ…はぁ…それ以上言わんといて」

 

荒「でも願わくば、もう少し現役でいてもらいたかったです」

テ「大丈夫!建て直して……ネオ・テイジンホールになるから〜!!」

(パチパチパチパチ!拍手喝采!)

 

荒「ネオ・テイジンホールって何!?笑」

富「いやー、素晴らしいものを見た!」

 

 

最後のご挨拶です。

なぜかじゃんけんで順番を決める人たち。笑

 

誠「トキイベントって、すごい秀逸なコーナーだなと思いました。これから僕もがんばっていきたいなと思います」

 

高「平日に来てくれてありがとうございます。僕の夢は、結婚して社長の挨拶で『拝啓、高崎殿』をやることです。それを目指してがんばっていきたいと思います(関係ねぇ!と翔さんからツッコミ。笑)」

 

荒「キャストが未発表にも関わらずたくさんの方が最後を見届けに集まってくださってありがとうございます。テイジンホールにはたくさんお世話になりました。僕はもう今日でお別れなんですが、今までの感謝を述べたいと思います」

 

富「僕は今までテイジンと共に生きてきました。野球を始めたきっかけもテイジン。高校を受けたのもテイジンから言われたからでした。僕にとってテイジンはなくてはならない人物でした。今日ようやく擬人化できて…」

高「翔や〜〜〜…翔や〜〜〜…明日もお前は立つのかぇ〜…?」

富「はい、明日も立ちます」

高「客が増えるな〜…」

(拍手喝采!笑)

 

翔さんが話してくださったのですが、俳優さんは色々な場所で公演をするので、正直全部の会場は覚えてないけど、立つとその時の景色や空気や、お客様の顔を思い出すのだそうです。

その場所が一つなくなるのは哀しいけど、その分また新たな場所でお会いできるのは楽しみだという前向きな気持ちも持っていると。

 

最前列の人たちに「社長しか発表されてない段階で申し込んだ勇者の方々でしょ?すごいことだよね」って話かけてました。

トキエンタテインメントが皆さまに少しでも受け入れられているのかな?と思えるし、その分責任もって仕事を頑張って、またこういうフリーなイベントでも楽しんでいただけるような活動をしていきたいとおっしゃってました。

 

富「では、最後に一緒にお礼を言いましょう」

 

(マイクをはずして…)

富「テイジンホール、ありがとうございました!」

全員「ありがとうございました!」

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

Comment





   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

筆者Twitter

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM