≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

Vol.13はこちら / Vol.14はこちら

 

この回は、お友達からもレポ送っていただいたので、わたしの記憶とフュージョンさせて綴らせていただきました。

参考にしていいよ〜と許可いただいたので、お言葉に甘えて。

どうもありがとうございました♪

 

ざっくり記憶です。

なっっがいのでお時間ある時にでも…。

(マネージャーさん関連、アパレル事情、箝口令部分はカット☆)

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.15

社長×?のトークライブ

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/中村誠治郎/荒牧慶彦(飛び込み富田翔)

■司会進行:社長
■16:30開場 17:00開演

 

 

 

ステージに椅子が並べられていて、座談会形式でした☆

荒牧氏は安定の右足上で足組み。

これが翔太くんと同じ角度でシンクロしてたときに、わたしのテンションがぐいっと上がりました。

ありがとうございます!!

 

 

▼荒牧氏ご登場

まっきーはテイジンに5〜6回お世話になったそうです。

個人のイベントの他に、トキイベ。

 

社「まっきーが苦しんだトキイベ」

荒「苦しんだ…のかな…?その頃まだトキに入ってなかったので、翔さん、翔太くん、良馬くんのテンションにすごいなって」

社「俺も頭悪いなって見てた」

荒「頭悪いのは間違いないですね。笑」

(こーら♡)

 

 

▼まっきーのお友達紹介

翔太くん、ご登場〜☆

 

社「高崎くんじゃない!?どう?最近?」

高「最近釣りにはまってまして、タモリさんはどうですか?」

社「そうだねぇ…」

タモリさん、続かず。笑

話が違うじゃないか!社長が言い出したんですよ!?と詰め寄る翔太くん。笑

 

 

▼翔太くんのお友達紹介

社「うっそ、誰!?良馬稽古してるし、トミショーは全然連絡つかないし」

高「最近仲良い人なんですよ。その人変わってて、胸を手で叩いてリズムを刻んで入ってくるんですよ」

社「そんなゴリラみたいな人いるの!?」

 

それでは、どうぞー!

 

リズミカルにドラミングしながら入ってきた誠治郎さん。

翔太くんの無茶ぶりに付き合ってくれて、ちょういい人。笑

 

誠「独特すぎんだよ!しかも痛てーよ!!」

 

 

▼座り方

最初の頃のまっきーの座り方を突然再現した社長。

両足伸ばして椅子に浅く座ってぐでーってしてるやつ。

(すっごい見覚えある!!!!)

 

誠「調子乗ってたの?」

高「天狗時代!」

誠「まっきー天狗とかないよ、ずっと可愛いよ」

(サラッと褒めてくれる誠治郎さんにキュン♡)

 

 

▼高崎クリニック

社長がこのコーナー不安すぎるので、急遽決まった高クリ。

高「俺が一番苦手な高クリやるんですか?」

荒「じゃあなんで自分の番組にしたの?」

高「もう後悔してるよ!!」

 

高クリがわからない誠治郎さん。

新人なんだからわからないよ!という誠治郎さんに、新人なんだからちゃんと番組見ろよ!という翔太先輩。

しかも誠治郎さん、高クリ出演したことあった。笑

 

社長がスマホでメールチェックしながら読み上げる形式で高クリスタート☆

 

 

▼高クリのテーマ♪

やっぱ歌わないと始まらないよね。

とりあえず誠治郎さんに歌えと強要する高崎先生。

小声でメロディーをレクチャーして、いざ。

 

高「俺、ハモるから!」

誠「お前、ハモれないだろ」

高「ハモりだけは上手い!むしろ主旋やらせてもらったことない!」

 

高&誠「♪高、クリ♪高、クリ♪高崎クリニック〜♪」

 

1オクターブ上で歌ってるだけだろ!と誠治郎さんにツッコまれる翔太くんであった。笑

 

 

▼お悩み相談

自分も社長をやっています。

社長はなぜ事務所を設立しましたか?

今後どんな事務所にしていきたいですか?

どんな人材が欲しいですか?

また、俳優の皆さまはどうしてトキに入ったんですか?

参考にしたいので、教えてください。

 

Q.なんでこの事務所を作ったのか?
社「翔太がいたから」

(おぉ〜パチパチパチパチ!翔太くんがすべての原点ですね☆)

 

Q.どんな事務所にしたいか?

所属俳優が売れて、年収が2,000万超えになるようにしたいそうです。

 

社「あと、家が買えるくらいに」

誠「買ってくださいよ」

(誠治郎さん、そういう話ではありません。笑)

 

Q.どんな人材が欲しいか?

社「良い奴がいいですね」

翔太くんいわく、社長がずっと言っていること。だからトキには良い奴しかいないと。

 

Q.なんでトキに入ったんですか?
荒「前の事務所の契約が満了して、どうしようかなぁと思ってたときに、翔太くんや翔さんと共演して仲良くなって、社長とも知り合って、それで魅力的だなぁと思って…。結果、入って良かったです!」

社「お前、良い奴だなぁ〜」

(パチパチパチパチ!良かったねぇ、本当に良かったねぇ)

 

 

▼お悩み相談

会社の上司が代わりました。

前任の上司と仕事のやり方がまったく違っていて戸惑っています。

高崎先生は、初めての人と仕事するときに心がけていることありますか?

 

翔太くんは、現場でのあり方を翔さんから教えてもらったそうです。

ラズベリーボーイの時、仲良しの人ばかりの現場がなぁなぁになりかけていた時、お前を見て後輩が動いているんだから、お前がやらないと上がっていかないよ、と。

それから、後輩の多い現場では隙を見せないように、仲が良い人同士だからこそ全力でやるように心がけているんだとか。

(こういうところがね、トキの素晴らしいところですよね。馴れ合いではなく、高め合おうという姿勢が、とても好きです)

 

真面目なトーンに苦しくなったご様子の翔太くん。笑

高「まっきーはどう思う?」

誠「後輩に助け船求めるって…」

高「友達っす!」

ついに、まっきー友達認定されました。

「やったー♪」言ってた。笑

 

荒牧氏は…

荒「至極当然なお悩みですよね…」

高「そういう難しい言葉使うなよ!!!」

四文字熟語に弱い高崎先生、ブチキレ。笑

誠治郎さんに、地球防衛部のカテコでさえもあの空気感の中「疾風怒濤」とか使うのおかしいだろ!と訴える高崎先生。

「至極当然」は別に難しくないよ、と誠治郎さんから言われてました。笑

 

話を戻して荒牧氏は…

こういう社会スタイルが変わるっていうのは、学生でも社会人でもあり得る悩みですよね、と。

でも「郷に入っては郷に従え」というように、上司に従うのは部下として当然だと。

上司が今まで培ってきたものと、自分が今まで培ってきたものを擦り合わせて関係を築いていくのがベストなんじゃないかとおっしゃっておりました。

 

また難しい言葉が出たので、高崎先生から一言。

「むかつくわ〜笑」

番組取替えっこしない?という提案をまっきー即行断ってました。笑

 

最近、荒牧場酔っぱらってばっかりだと社長からもツッコミが。

(確かにね〜(*・ω・)

 

誠「荒牧場はどんな番組なの?」

荒「テーマ決めずにお酒を飲みながら楽しくコミュニケーションとる番組です」

誠「は?お金を払ってるお客様の前で何してんの?」

(至極当然な疑問です。笑)

 

高崎先生は、今後『高牧場』にしたいらしい。笑

高「社長、いいですか?もう高クリだめですわ」

社「いいよいいよ」

(いいんかい!?)

今後はスタンダードに『高崎翔太のニコ生、略して高生』になるらしい。

 

お悩み相談に戻りまして、誠治郎さんからのアドバイス。

誠治郎さんは元々警備会社にお勤めだったそうです。

(ちょっとやってくれたけど、すっごい似合う!かっこいい!守られたい!!)

上司が代わるなんて当たり前で、むしろいいことだと。

一人のやり方しか学べないよりは、色々な人のやり方を学んで自分の視野を広げていくべきだとおっしゃられてました。

(おぉ〜パチパチパチパチ!)

 

これを聞いた翔太くん、誠治郎さんにクリニック引き継ぎを決意。笑

 

 

▼お悩み相談
私は小さな頃から『あおむし』や『毛虫』が嫌いで、ホンモノだけではなく、写真やイラスト、可愛らしく描いてある絵本のキャラクターのようなものですら見れません。

(このあたりで話の流れを察した翔太くん、お顔を手で覆って笑ってます♡)

 

そのため、翔太くんのあおむしさんスタンプもなかなか使うことができません。翔太くんのグッズもあおむしさんが付いているのが怖くて買えなかったことや頑張って買っても使えなかったりします。翔太くんのファンでいるためには、せめて翔太くんが描くあおむしさんは克服したいのですが、どうすれば克服できるでしょうか?

 

高「ネコちゃんにします!」

(切り替え早い!笑)

 

翔太くん、Gがダメらしいです。

(苦手な方もいるかもなので、あの嫌われ者の代表選手の4文字は略します)

 

高「人から嫌がられるとしか思えないあのフォルムがもうダメで。一回、うちに出たことがあって。そのあとごはん食べに行く約束してたんだけど、あれがいたら家に帰れないから断りの電話入れて…4時間かかりました!」
誠「なんで4時間もかかんの?」
高「だってアイツ見えないんですもん。見失う!」
誠「アイツって目で追えないから怖いんだって」


高「うん…そうだ見失った。で、あきらめてテレビつけたら、ひゅっと横切って、本棚に行ったの!そこにはすっごく大切にしてた本が置いてあったんだけど、アイツを退治するスプレー、本がぐっしょぐしょになるまでかけてやりましたよ!そしたら、こーんなになったのが出てきて」

(翔太くん、死に掛けの真似してくれました。笑)

 

高「そのあと、またそれを片付けるのにも時間が掛かって、どうしてもつかめなくて、100均で長い箸買ってきて掴んで捨てたんですけど」
誠「俺、そんなのちゃっと掴んで捨てるけどね。笑」

(誠治郎さん、勇者〜)


高「そういう人いるんだよね!これはいかんと思って、アイツの生態系を調べたんですよ!そしたら、アイツも生き物の一種なんだなぁと思えてきて」
誠「生態系調べるまで、そんなことに気付かなかったのかよ?笑」

高「アイツら、エイリアンかと思ってましたもん!」

 

一匹いたら他にもいっぱいいるっていうよね、と脅す誠治郎さん。
高「それは大丈夫!黒い大きな奴だったから。あれは外にいる奴で、家にいたとしても、移動中に入り込んじゃったって感じだから。茶色い小さな奴が家にいる奴」

(本当に詳しい!!)

 

えーっと、なんの話でしたっけ?ってところで、結論出ました。

高「嫌いなものは無理」

 

さて、ではこのご相談者様はどうしたらいいでしょうか?
誠「翔太のファンやめてもらう?笑」
高「(いやいやって首を振りながら)今後グッズには一切使わない!ネコにする!笑」

 

 

▼お悩み相談
花粉症対策をどうやっていますか?

おすすめの薬があったら教えてください。

 

誠「病院に行けば?」

社「病院に行ってくださいっ!!!」

(終了〜☆って、待て待て)

 

翔太くんは、甥っ子が忘れてった赤ちゃん用のアレルギーの薬飲んだら治ったらしい。

誠「翔太は、子供用で十分」

 

 

▼お悩み相談
4月から社会人になります。

皆さんとどうしたら早く仲良くなれるでしょうか?

 

翔太くんは、無意識で仲良くなれるらしい。

(天性ですね)

 

元々人見知りの誠治郎さん・まっきーは、克服するために、とりあえず自分から話かけるようになったら変わったそうです。

 

ごはんとか飲みとか言ったら仲良くなるけどね〜という3人に対し、「仲良くなる必要ある?」と疑問の社長。

急に仲良くならず、最初は緊張してたほうが印象いいんじゃないかな〜とのことです。

 

ここで、最初から距離感近すぎる人に対して思うことに共感し、興奮してきた誠治郎さんと翔太くん。笑

年下なのにしょっぱなからタメ口とかはやっぱりダメ!

いきなり君呼びとか。

その人が損するからちゃんと注意してあげるとのこと。

(こういうとこ、ちゃんとしてますよね〜♪)

 

 

▼お悩み相談
4月から社会人になります。

営業職なので、社外の人とも話さなくてはなりません。

初めての人との会話のきっかけなどアドバイスください。

 

翔太くんいわく、営業職は、もう仕事なんで慣れだと。

アパレルで働いていた時、今は声かけられるの苦手だけど、当時はちゃんと自分から声かけて真面目にやってたそうです。

それでも売れなかったらセンスの問題とのこと。笑

翔太くんは歴代一位の速さで時給上がったそうですよ!

出来る社員!!

 

社長は最近、『使ってください』と言わずに使ってもらうようにしているそうです。

(客席から「あ〜」の声あがってました!)

商品を自分が一番知ってて一番好きだったら売れると。

(たしかに!!)

 

 

▼お悩み相談
大学3年生からのご相談。

そろそろ就活ですが、やりたいことが見つかりません。

どうしたらいいでしょうか?

 

やりたいことある人のほうが少ないよね〜というお話に。

 

高「まっきーは?なんで経済学部に入ったの?」
荒「もともとシステムエンジニアになりたくて、でも高校の時、数気泙任藁匹ったんですけど数Bになったら一気にわからなくなって、これはダメだと思って文系にいったんです」
高「数機供なにそれ?笑」

俺は理系だよ、という翔太くん。お前は何系でもねーよ!って誠治郎さんに言われてました。笑


荒「でも計算は好きだったし、経済学部に入って、税理士とか銀行員とかかなぁって漠然と思ってたときに、”役者”って道を見つけて。卒業前に挑戦してみることにしたのがきっかけです」

 

誠治郎さんの場合、もともと歌手になりたかったのに、間違えてJACへ。笑

(ジャパンアクションクラブ…だよね?笑)

誠「JACに入ったときもどんな歌手になりたいかって書いてて。でも入ったあとアクションやって〜と言われて、”は!?アクション!?”って思ったけど、結局アクションにはまって。最初はまったく興味なかった」

 

翔太くんは最初、新潟の大きな工場を受けたそうです。

同じ学校でたくさんそこを受けてたんだけど、翔太くんだけ落ちた。笑

学校に結果がきてて、先生に「…翔太…お前、面接で何やった?」って。
荒「何やったんですか?」
高「いや…普通に、ほんとふっつーに面接受けただけだよ!笑」

 

それで、東京行くことにして、服屋さん6件位履歴書を送り、二か所目で受かったのがFUGAとのこと。
誠「え!?翔太、あそこで働いてたの?」
高「そうですよ!そうじゃなかったらモデル呼ばれるわけないじゃないですか!」

 

やってみて、はまって、見つかるってこともあるよね〜と。

まずは興味あることをやってみるのがいいんじゃないかという処方箋いただきました!

 

 

▼真打ち登場!!!!!

荒「あれ!?翔さん、何してるんですか!!??」

 

会場、えーーーっ!!??

ここでなんと、翔さんがいつものキャメルコート着たままご登場〜!!

客席を悠々と歩き、ステージへ。

(待ってたよ〜、すっごい待ってたよ〜!!もう大歓声!!髪ふわふわだ♡)

 

荒「びっくりした〜なんか偉そうな人が入ってきたから」

誠「本当に自由だね。歩き方、輩だったよ」

 

この回、ご出演予定じゃなかった翔さん。

どこ行けばいい?ってスタッフさんに聞いたら、控室じゃなくて会場に通されたそうです。笑

 

翔さんはこれからメイク&赤パーカーへお着替え。

誠「俺だけねーんだよ、新人だから」

社「良馬のオレンジ色ならあるよ?」

誠「嫌だ!!」

高「少し似てますよ?」

誠「似てねーよ!」

 

翔さん来て良かったね〜とニコニコ翔太くん&まっきー。

社「でも本当は朝から来るって言ってたよ」

高「ニコ生で朝から来るって言ってたから、ちらほら翔さんファンいるのに、可哀想だなって思ってた。笑」

(それでも受け入れるのが、翔さんファンです)

 

 

▼最後のお悩み相談

食べ物の好き嫌いをなくすにはどうしたらいいですか?

 

高「この世の食材すべてに感謝しろ」

(何も言えない…)

 

まっきーは、見た目がグロテスクなものが苦手。

昔はウニもエビも苦手だった。

荒「子供の頃、家族で料亭に行ったときに、生きたウニが出てきたんですよ!ウニがウニウニしてて(手でウニウニ表現して力説する可愛い子)それを大人が食べてるのを見て、脳みそ食べてるみたいだなって…」

 

今は大丈夫になったそうで、食べてみたら大丈夫なんじゃない?と。

 

誠治郎さんは、梅干しがダメ。

どうしてもダメ。

結論、味覚は変わるので、無理しないほうがいいと。

 

 

▼天才高崎翔太の突発ゲームコーナー♪

トーナメント戦で手押し相撲大会が開催されることになりましたー!

一番負けた人の罰ゲームが、カッコいいセリフを言う。

高「この人たちが好きなやつ」

(さすが!天才はわかってらっしゃる!!)

 

4人なので、必然的に社長も参加になるのですが、めっちゃくちゃ嫌がってた。笑

社「俺、いやだ」

高「社長、俺もTAKASAちゃん嫌だって言いましたよ」

荒「俺も、アランちゃんどうしても嫌だって言いましたよ」

(そんなに嫌だったんだね…)

 

女装の件はこれで帳消しねってことで社長も参加決定。

やった〜!(パチパチパチパチ!)

 

 

▼一回戦、翔太くんVS誠治郎さん

レフェリーはまっきー。

足を閉じさせたら、翔太くんのO脚がばれて、そこに異様に食い付いて「ほんとだーO脚だーすごいねー」って爆笑してました。

(なんでそこ、そんなに?笑)

 

ここで翔さん、再登場!

…って、あれ?赤パーカーじゃないよ(´・△・)?

 

荒「待って!これ俺の服じゃないですか!?」

まっきーの私服着て出てきました。笑

 

いや、これがですね!

絵描いて伝えようかなって一瞬思うくらい可愛かったんですよ!(面倒だという気持ちが勝ったので描きませんが)

白の七分袖のカットソーの上に、黒のテロテロ変形カーデ(パーカー?)はおってて、サイズ感がね!もうね!彼シャツ!!!(わたし大興奮♡)

 

お手ても太ももも、すっぽり隠れてまして、このダボっと着られてる感が、たまらんやつでした!

翔さんはあんなにかっこいいのに、時々こういう可愛さを見せるからずるいですよね〜

しかも、ただ「見せたかったから」ってだけでステージ出てきたっていうのが、もう(〃∇〃)

待ってたファンへのサービスかな?

 

まっきーも、翔太くんと誠治郎さんほっぽって、甲斐甲斐しく翔さんのボタン止めてあげてました。

(おーい、レフェリー!笑)

 

では、始め!

 

「はい!はい!」言ってやってました。

手押し相撲って…なんか可愛いですよね。

いい大人のお二人が、手をパチン☆合わせて、わーきゃーしてるのを、客席からただ見守るというシュールな画もいいよね。

 

なかなかいい勝負だったのですが、翔太くんの勝ち〜☆

 

 

▼二回戦、社長VSまっきー

翔さん、この勝負を見てから退場することに。

「これは社長でしょ」言ってました。

翔太くんも誠治郎さんも、「勝てないよ、社長には」と、早くも敗色濃厚なまっきー。

 

始めて即まっきーの負け。笑

 

 

▼決定戦、誠治郎さんVSまっきー

会場のボルテージは最高潮に!!

がんばれ〜!!

 

始め!

 

これはなかなかいい勝負!

かと思ったのですが、誠治郎さんはまっきーと手をパチン合わせながら「可愛いな〜♡」と余裕のご様子。

完全に遊ばれている。笑

(会場からも「可愛い〜」の声が漏れてました。笑)

 

結果、誠治郎さんの勝ち〜!

さぁ、カッコいいセリフのお時間です!!

 

高「まっきー、マイク通すなよ。生声だよ。全員がふ〜♡って言うまでやるから。全員が言ったかチェックするから」

(鬼や。笑)

 

マイクも奪われ、間接照明まで入って、だいぶ嫌がるまっきー。

荒「ねぇ、やめよ?」

高「ダメだよ、まっきー。俺たち需要考えて頑張ったんだぞ」

(鬼すぎるけど、ファンにはやさしい。笑)

 

カッコいいセリフがなっかなか思い浮かばないご様子のまっきー。

こんな平日の昼間に嘘ついて会社休んだみんなのために頑張れと言う先輩方。

(嘘はついてないわ!笑)

 

浮かばないので、お客様からのリクエストに応える形式になりました。

お手をあげた方のところへ、翔さんが走ってくださいます♡

 

 

お題「仕事終わって急いで帰ってきた子にお疲れ様的な」

女の子役:高崎翔太

 

高「(ガチャ)はぁはぁ、ただいま!」

荒「おかえり。どうしたの?そんな疲れて」

高「会いたくて走って帰ってきた♡」

荒「バカ、そんな焦んなくても…(壁ドンの手つき)」

 

富「はぁはぁ!ただいま!」

高「あなた誰よ!?」

富「誰?この子!!」

まさかの遭遇〜!!!!爆笑!

(膝から崩れ落ちたまっきー)

 

そこへ…

誠「おい!どういうことだ!?お父さんだぞ!」

高「お父さん、聞いてよ!」

荒「姉妹なの!?」

 

富「二股ちゃんって呼ぼうかしら」

高「どっちが好きなのかはっきりして!」

誠「はっきりしなさい、このわたしも含め!」

(え?なんで父含めるの?笑)

 

高「私は前、コーヒーおごったわ」

富「この間の磯丸水産、全額おごったわ」(会場ふ〜〜♡)

誠「俺は、お前のほうが稼いでるからおごらない!」

(父〜!!笑)

 

富「まったく、趣旨変わっちゃったじゃねーか!」

高「いや、翔さんが入ってこなければ綺麗に終わりましたよ!」

 

はい、仕切り直しになりました。笑

 

 

お題「浮気してた彼女に罵りのひと言」

彼女役:高崎翔太

 

うつむいてウロウロする彼女。。

そこへ翔子ちゃんが。

 

富「どうしたの?」

高「翔子ちゃん、わたし浮気ばれちゃった…」

富「荒牧なら許してくれるよ」

高「でも4回目よ?」

(それは多いな!場内爆笑!!)

 

富「こんな言葉がある。1度も4度も一緒」

高「わたし!勇気出た!」

富「いってらっしゃい!」

 

高「(ガチャ)わたし!浮気した!!」

荒「ふざけんなよ!」

高「でも…一番は…荒牧だよ?」

思わず吹き出しちゃったまっきー。がんばれ!

 

荒「ていうかさ、付き合ってんだから下の名前で呼べよ」

高「あらまき」

(呼ばないんだ。笑)

 

高「こんなわたし…どうする?」

ツボにはまったまっきー。

笑っちゃって続投不可能。

 

めでたし、めでたし♡

 

 

▼最後のご挨拶

誠「この回で、本当にこの事務所に入って良かったのかな?って思いました。僕が頑張ります」

(ツッコミ、お願いします!)

 

高「明日の殺陣を語る会、さんざん宣伝したのに、朝から1枚しか増えてません。よろしくお願いいたします」

 

 

以上です。

このよくわからない回、たったの1,000円でした。笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

⇒Vol.16はこちら

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/04/03 23:46





   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 2017/11/23 舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年11月5日)
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM