≪テーマ別カテゴリ≫

映画レポ

 

メイキングで昂ぶった気持ちを抱えたまま、本編へ!

上映は1時間半ほど☆

(メイキング一部レポはこちら / メイキング二部レポはこちら

 

ネタバレOKとのことなのですが、そこまでストーリーには触れない仕様で感想を綴りました。

まだ観ていないお友達におすすめする心持ちで。

 

でも、いっさい事前知識なしで観たいという方は、他カテゴリーへワープしてくださいね!

本日のあらまきゴト 今月のあらまきゴト 今年のあらまきゴト 舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

感想+舞台挨拶レポです。

どうぞ雰囲気でご覧くださいませ。

 

 

 

■「お江戸のキャンディー2 ロワゾー・ドゥ・パラディ(天国の鳥)篇」三部先行上映会

■日時:2017年3月18日(土)
■会場:原宿クエストホール
■登壇:栗原類/荒牧慶彦/藤田富/赤澤燈/小南光司/神谷リク/染谷俊之

■MC:岡田地平
■三部 17:30開場 18:00開演

 


【映画感想】

 

前作の『お江戸のキャンディー』にて、これは「考えるな!感じろ!」系の映画だと予習していたので、とにかく疑問を持たずに五感を開放して楽しみました。

広田レオナ監督の作品は、男性だとよくわからないという方が多いらしく、わたし見事に男性脳なんですよね…。

なので、とにかく理屈は抜きに感じようと!

 

あ!前作観てなくても楽しめるとは思うのですが、最初から未知の沼に突き落とされると思います。

まず『フリ松』って誰やねん?ってとこから。

松野家の隠し子ではありません。

江戸キャン1の王子役、今回メイキング編集を担当された高橋ひろ無さんが演じたのがフリ松です。

ちなみに姫が白鳥太夫です。

 

 

観て思ったこと。

『これは、刺さる人には刺さるんだろうな〜』

 

レオナ監督の世界観が好きな方にはもうずっぷり刺さるんだと思います。

「柄まで通ったぞ!」by薬研藤四郎ばりにね。

ずっぷりね。

反対に、わからない人にはとことんわからない。

 

ただ、この作品でおもしろいなぁと思うのが、わからないながらも何かしら脳の快・不快にダイレクトに働きかける作用があるんじゃないかというところ。

わからないからつまらない、ではなく、わからないけど、あのシーンは好きだった。でもあのシーンは嫌だった。

っていう何かしら観る人に爪痕を残してるんじゃないかと思うのです。

 

そして、思うことは十人十色、千差万別。

皆さまの感想を拝見していたのですが、一人も自分と同じ人がいませんでした。

たぶんTwitterの140文字に収めると、「映像と音がすごくて、染様が綺麗だった」でほぼ埋まっちゃうと思うのですが、さらにどこが好きでどこが苦手だった?って聞くと、お一人ずつ意見がバラバラなんじゃないかな〜と。

映像・音楽・衣装・登場人物・ストーリー・世界観・ナレーション…それぞれに対して、好きと苦手が分かれる気がします。

 

同じあらまきファンのお友達にも聞いたのですが、まったくわたしと好きなポイント違くておもしろかったです!

なので、これから観られる方は、他の人の感想は参考程度で鵜呑みにしないほうがいいかと!!

たぶんわたしが好きな箇所も共感していただけない可能性が十分あると思います。

観る人によって感じ方がガラっと変わるということが、この作品の魅力だと思うのです。

 

刀ステで宗三左文字が、

「貴方には貴方の信長、僕には僕の信長があるように、光秀には光秀の信長があります」って言ってましたね。

まさにそういうことだな!(`・ω・´)

(なぜか江戸キャン観たら刀ステの記憶がちょいちょい出てきました。笑)

 

 

以下、わたしの感想です。

 

●やっぱり愛とか世界観とかストーリーはわかりませんでした。

アンパンマンくらい単純なお話しか普段見ないもんで。

何回か通ったら変わるかもですが。

会場ではわりとすすり泣き声が聴こえてたな〜

 

●一番琴線に触れたのは音楽。

もうずーっと頭の中で三味線奏でてます。

しびれるぜ!!

あと「candy boy」の曲。ちょうカッコいい!

 

●荒牧氏の映像用演技が非常に好きです。

舞台とは違うアプローチなので新鮮だし、繰り返し見たくなりました。

 

●そしてその演じた猛がちょう好きでした!

前半の下北沢にいた時のほうが好みで、いや〜もう可愛くて可愛くて、心乱されまくりました。

ウブでアホ可愛い男の子♡

 

猛の幸せ噛みしめ方↓

ぬいぐるみぎゅーっして、「きゃわーもきゃー」悶える姿に昇天しました。

我が人生に悔いなし…

 

●お神輿シーン、本当に肩にがっつんがっつん当たってて、これは内出血するわ…と震えました。

 

●竹中さん・吹越さん、さすがすぎる!!

まっきー、共演できてよかったね♡

 

●映像でいうと、森が青々と生い茂っていて、アクアリウムみたいでした。

カラフルな水草に見えたよ。

熱帯魚泳いでそうだった。

 

●やっぱりみんな美人が好きなのか…そうだよね、わたしも普通の人と美人が並んでたら、美人を選ぶよ。

染さまの美しさに、世の中の常識を改めて突き付けられて、ほろ苦い気持ちになりましたわ。。。

 

●観終わった後に、江戸キャンの公式Twitter見返して、「あぁ、この時このシーン撮ってたのね!」って振り返って楽しい一人遊びしました。

孤独な家飲み派の方、ぜひお酒の御伴に!

(誘うな)

 

 

【舞台挨拶】

 

※ここから先は、がっつりネタバレあるので、避けたい方は他カテゴリーへワープしてください♪

本日のあらまきゴト 今月のあらまきゴト 今年のあらまきゴト 舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MC岡田さんより、登壇者様方が紹介されてトークスタート☆

 

 

■自分の好きなシーン・印象的なシーンは?

 

▼類くん

クライマックスの染くんと神谷さんのキスシーン。

メイクした染くんが本当に綺麗で、僕もいけちゃうかも♡と思ったらしい。笑

 

▼まっきー

荒「俺も染くんとリクくんのちゅーシーンが…」

染「ちゅーシーンって何?笑」

荒「俺の中の染くんをどうしたらいいんだ⁉って」

染「どうもしなくていい」

 

俺の染くんが〜ってジタバタ悶えてました。

うんうん、わかるよー。

(本当に心の底から、染くんのこと好きねー)

 

わたしも、もし荒牧氏が桔梗の役だったら、しばらく音信不通になると思う。。

山籠りして、心頭滅却してきますので、捜さないでください…ってなる。絶対。

そのくらい刺激物でしたわ。

 

この日まっきーの隣で神谷さんが見ていて、思わずそっち見てしまったらしい。笑

そしたらアゴに手を当ててふむふむって顔してたらしい。

 

▼藤田くん

そのラブシーンをぶっ壊しに行ったシーン

「あのシーンの邪魔するんですよ⁉緊張した〜」って言ってました。

勇気いるよね…

でも六条好きっていう意見多かったな〜

わたしも六条は憎めなくて好きでした!

 

▼染くん

類くんの白鳥太夫

染「現場で初めて会った時、神様かと思ったもん」

白塗りだし、真っ白ドレスだし、神々しかったらしいです。

神様。笑

 

▼燈くん

花魁道中…いえ、染魁道中。

いつも一緒にいる染くんがあの姿になったことが衝撃だったらしいです。

そりゃそうだよね。うんうん。

 

▼小南くん

バードさんのダンスシーン

お酒飲むと似たようにダンスするらしいです。

雨乞いのようなダンスを。

(どんなの?笑)

 

▼神谷さん

染魁道中。

(それさっき言った。笑)

 

 

■撮影エピソード

 

▼小南くん

森に蛾や蛭など、大きな虫がたくさんいたそうで。うぇ〜Σ(oДolll)ノノ

類くんは森のシーンで鹿の死体に遭遇したらしいですよ!!!

(日光ってそんななの⁉)

 

▼藤田さん

竹中さんのシーンが、ずっとアドリブで3分くらいしゃべってたのに、意外に短くされてたと。笑

笑いをこらえるのに必死だったらしいです。

まっきーも賛同してました。

 

▼神谷さん

蛭がすごかった。

(それさっき言った。笑)

 

荒「ブーツの上をよじ登ってきて、どこまで登ってくるのか観察して、入ってきそうなときにピッてやりました(蹴ったよー)」

S牧さん、出ちゃったね。

 

▼燈くん

血まみれになった時、30分くらいそのまま動かなかったらしいです。

貴重な体験だったとのこと。

 

 

トークはここまで。

この後メイキングと同じ抽選会があって、一言ずつご挨拶して終了でした。

荒牧氏は「一度観ただけじゃわからない謎もあるので、何回も観てください」的なことをおっしゃってましたよ〜

 

 

【ハイタッチお見送り】

 

終わったとたん、一斉に鏡出して身支度整える女子たち。笑

 

ハイタッチなので、もうサラサラ〜と流れるようなお見送りだったのですが、それでもやや歩調は緩やかにしてくれてました。

ありがたい♡

 

わたし…とても緊張しやすい小心者でして…

アル中かっ⁉ってくらい手が震えて大変でした。

ブルブルぶるブル…

くちびるカッピカピ。

 

こんなやつが隣にいたら、絶対嫌だ…(`・д´・ ;)

たかがハイタッチだし、大丈夫かなって思ったんですけどね…

いつもどおり、心臓バクバクで吐きそうな状態で臨みました。

 

 

類くん、たしか微動だにしてなかった。

 

荒牧氏、ほぼ記憶ないのですが、いつもどーり「ありがとね〜」言ってくれた気がする。

手の感触と表情は覚えておりません。。。

何をやっとるんじゃ、わたしのポンコツ脳みそ!!!

 

藤田くん、まっきー余波で記憶なし。すみません。。

燈くん、手がめっちゃ冷たかった。

小南くん、顔がめっちゃ小っちゃかった。

神谷さん、恥ずかしくて直視できず。

 

染さま、瞳が本当に大きくて、こぼれちゃうよ⁉って心配になるレベルでした。

「ありがとうございました」と声をかけてくださいましたよ。

あとすっごく細くて、やっぱり心配になりました。

 

ハイタッチ後、前を歩いていた女の子たちが、「あのイケメンの前で、どんだけ化粧しようが無駄だよね…」って話してて、確かにねって大きく頷きたくなりました。

しばし自分の顔が映るたびに鏡叩き割りたくなりましたわ。

あぁ、イケメンに生まれたかった。。。

 

 

以上、江戸キャン2の記憶でした。

長文、お読みいただき誠にありがとうございます。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

映画レポ

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/03/23 23:03





   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

筆者Twitter

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM