≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

お邪魔してまいりました。

 

レッツ簡単スピードライティング☆

素材の味を活かしたあっさり薄口仕立て

〜独り言を添えて〜

 

(ただの箇条書きだわ)

 

ぼんやりした記憶なので、他の方のレポと併用してご覧いただければ雰囲気掴みやすいかもです。

よろしければご賞味ください。

 

 

 

■舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 Blu-ray & DVD発売記念イベント

■日時:2017年11月17日(金)
■会場:板橋区立文化会館大ホール
■登壇:鈴木拡樹/荒牧慶彦/東啓介/橋本祥平/納谷健/和田琢磨/富田翔/早乙女じょうじ/高松潤
■一部 15:00開場 16:00開演

 

 

 

【開演まで】

 

14:05 入口脇で列形成開始

この時は20人くらい。

 

途中でっかくマーベラスのロゴ入った紙袋下げた関係者が会場に入っていきました。

(その情報いらんわ)

 

入口で当選のQRコードと身分証見せて座席券を発券してもらういつものスタイル。

先着順ではない…と思いますけど早く行ったほうが前を引く確率は高いかと。

 

キャストのパネルは2階に飾ってあり、並んで撮影してね〜という感じでした。

 

会場広っ!さすが1200席。

 

義伝のサントラが延々流れてまして、場面ごとの胸に迫る光景を思い出しながらひたすら待つ。

 

10分前にはスマホの電源切ってドキドキして待つ。

 

16:00 始まらず。

 

16:03 始まらず。あれ〜?

 

16:05 遅れているけど待っててねアナウンスあり。

すでに皆さまスマホの電源落としているので、微動だにせず大人しく待つ。

良い時間でした。

マナーがいい現場って気持ちいいですよね。

 

16:15 開幕〜☆

 

 

 

【登壇者入場&ご挨拶】

 

MC様のご挨拶があり、キャストさん入場〜

 

客席から見た立ち位置↓左から

 

高松潤(高) 橋本祥平(祥) 東啓介(東) 荒牧慶彦(荒) 和田琢磨(和) 納谷健(納) 富田翔(翔) 早乙女じょうじ(早)

 

一人ひと言挨拶。

短い時間ですが楽しみましょうね、というあっさり挨拶が続く中…

 

富「本日は終電まで楽しみましょう」

MC「今は昼の部です。笑」

富「夜は明日ということになりますが?」

(きょとん顔)

 

翔さんの軽快な小ボケからスタートしました。

 

早「僕は始発までがんばります。よろしくお願いいたします。」

MC「皆さまも始発までがんばりましょう」

(MC乗っかった!)

 

MCさんの渋いボイスに食い付き過ぎて、とんちゃんに「進まないから」と止められる荒牧氏。

 

じゃあ始めましょう。

の前に…急遽駆けつけてくれたサプライズゲストがいるということで…

 

MC「お呼びしましょう!三日月宗近役の鈴木拡樹さんです!」

 

ひろきくんがまさかの登場!!

(昨日VS嵐で拝見したあの…っ!!)

 

会場キャーーーーーーー!!!

女の子って本当にテンション爆上げした時きゃーっていうんだね。

 

鈴「なんとか参加できました。みなさん、終電に気を付けてください」

 

 

 

 

【公演の思い出とかお気に入りシーンとか】

 

パイプ椅子座ってトーク

客席から見た椅子並び↓左から

 

高松潤 橋本祥平 東啓介 荒牧慶彦 鈴木拡樹 和田琢磨 納谷健 富田翔 早乙女じょうじ

 

 

●猪野くんからのメッセージ

まっきーが楽屋にいつもいなくてどこ行ったのかと思ったら、銀河劇場の3階で布団持っていって寝てた。

そこに祥平やとんちゃんもいたりする。

僕がそこにストレッチしにいったら『うるせえよ』って言われた。

あと気が付いたら『猪野』呼びになってた。

薄桜鬼の頃は『いのちゃん』だったはずなのに!

いいんだよ?いのちゃんで。ひろきくん♡でも。

ちゃんと名前読んで欲しいなって荒牧に対して思います。

 

荒「自分も呼び捨てじゃん!」

 

翔「まっきー、どこで寝てたの?」

銀河劇場の客席抜けた3階が公演終わりは消灯するらしく、そこが一番いい寝るポジションだったそう。

そこに布団ひいて毛布かぶって枕持って行って祥平くんと寝てた。

 

祥「開けてくれるんですよね」

荒「ていうか入ってくる」

布団の真ん中で寝てても入ってくるから仕方なく横に少しずれていたらしい。

 

気持ちよく寝てるところに、他にもストレッチする場所あるのに大音量で猪野くんがやってくるから『うるさいな』ってなるでしょ!と力説。

 

MC「今後なんて呼びましょう?」

荒「親しみこめて呼んでたんで『猪野』でいいです」

翔「だれが猪野ちゃんって呼んでるの?」

とんちゃんと祥平くん。

荒「翔さん、なんて呼んでるんですか?」

翔「イノシシちゃん」

 

 

MC「はい、お二人は添い寝してたということですね」

荒「食い付くとこそこですか?笑」

 

 

●ひろきくん

・46公演でした?とまず確認。

話がループする物語だから感覚がおかしくなってきて130公演くらいやった気になってたそう。

荒牧氏は、小夜とお留守番組だったので、みんながんばってるなって見てたそうな。

 

・ひろきくんは、山姥切と小夜が戦い終わって朝日が昇るシーンを見て、すごい青春ドラマだなって思ってた。

あそこだけ土手感があったらしい。

荒「あ〜青春学園コメディ」

コメディじゃない!つっこまれてました。

 

・黒鶴丸の刀が折れた時の裏話。

翔「あの時のひろきのアドリブのセリフすげーしびれた」

刀剣乱舞という世界感において、刀剣破壊という表現は言葉にしたくないので、取り込まれた鶴丸の黒い部分がそぎ落とされたというようなイメージで折らせてもらったというような意味合いのことを言ったらしい。

鈴「でも一番伝えたかったことは、健人くんに、刀が折れていることはちゃんと気付いているよってこと」

本当に生物は何が起こるかわからないって話をされていました。

 

 

●荒牧氏

・映像が流れますってなって、みんな後ろのスクリーンを振り返ろうとした時に、前にモニターあるよって教えてあげてて和み。

 

・小夜との殺陣は、打刀と短刀なのでとにかく合わせるのが難しかった。

リーチが違うので、息を合わせるために毎日自主的に稽古してた。

 

 

●とんちゃん

・今日のとんちゃんファッションがパリコレ!!

(イメージ)

メガネもおしゃれ!!!

 

・和田琢磨さんのお気に入りシーンが、みっちゃんが野菜に話しかけるところ。

「ズッキーニくん♪」のくだり。

このシーンを見ると、今日も始まるなって気になっていたらしい。

東「うれしい〜♡」

あとみっちゃんはみんなに優しいからお好きらしいです。

 

・荒「スキップ練習してたよね?」

東「光忠ステップね」

激しいやつかそっとやるかずっと練習してたのに、途中忘れてて、ある日末満さんに指摘されて次の通しからやることになった。

 

 

●和田琢磨さん

・和田琢磨さんは、歌仙のことを兼定呼びしてた。

 

・翔さんのお気に入りシーンが、歌仙が縛られて『僕は貴殿を軽蔑する』っていうシーン。

翔「日本一縛られるのが美しいなって思って選びました。縛られてる和田琢磨が良かった」

(そこー!?)

翔「袖で縛られている姿を見て、美しいなって思って大賞に選ばせていただきました」

早「富田賞?(富田翔とかけて)」

(翔さん、照れてた〜)

 

・あの縄は切られて解放されるものなんで、綺麗に解けるように仕掛けを2個作っていたんだとか。

それが予期せぬ時にプチって外れたりするから難しいんですって。

(ここで縛られて悶えるシーン実演でご説明くださいました!)

 

和「猪野がねぇ、下手なんだよ!」

急に声を荒げた和田琢磨さん。笑

もっとこうそっと落ちるんだよ!って教えたら、『はい(胡乱な目)』。

皆さんからそんな反抗的だったっけ?ツッコまれてました。

 

・元の主と対峙するシーンだったので覚悟を持ってのぞんだという和田琢磨さん。

細川忠興役のじょーじくんはどうでした?と振られ。

早「本当に綺麗な顔してるな〜って」

その綺麗な顔を切り刻んでやるっていうセリフは本心だったんだそう。

 

・他の皆さん、どうでした?と話を振られたひろきくんのひと言。

鈴「縄が美しかったなぁ」

(そこっ!?)

翔「独特な切り口だな」

良きかなスマイルのひろきくんでした。

 

・屋根の上で小夜と歌仙が語り合うシーンで。

メイクが毎日少しずつ違ったらしい。

納「ある日歌仙の赤のシャドウがすっごく綺麗に生えている日があって、今日すごい綺麗ですね!綺麗ですね!って」

 

和「今日は俺を楽しませる日なの!?ありがとう、みんな!!」

(立ち上がってアメリカンジェスチャーで御礼を言う和田琢磨さん)

 

 

 

●祥平くん

・メイクつながりで、ある日貞ちゃんのリップがすごいピンクな日があった。

祥「一幕終わりでメイク直してもらうんですけど、その日だけすんごいピンクのリップで、幕開けて政宗様と会うシーンですごいこっち見てるな〜って」

翔「政宗として、初めて唇がピンクの人間を見たなと」

そこしか目に入らなかったらしい。どんだけピンク。。。

 

・荒牧氏のお気に入りシーンは、みっちゃんと貞ちゃんのお歌のシーン(映像付き)

祥&東「悪いな〜!」

ここ大好きらしい。

とんちゃんと祥平くんが毎日悩んで練習しているのを見て『今日もウケるといいな〜』と親目線で見てた。

ウケなかったら裏で爆笑してた。

翔「悪いな〜」

 

あのシーンは全部作曲とんちゃん、作詞祥平くん。

出る20秒前まで祥平くんからメロディ確認されてた。

直前で出てこなくなっちゃって、とんちゃん、ごめん!なんだっけ?って聞いてた。

録音もしてたらしい。

(本気や)

 

MC「今日披露いただけるんでしょうか?」

(このMCさん果敢だな〜)

 

一番ウケた自信作を実演していただけました♪

 

貞「遠足の歌でも歌うか〜!この魔法のレジャーシートで〜♪」

(的なお歌で魔法の絨毯広げるがごとく乗り込みお手てピコピコ振る貞ちゃん)

貞「GO!GO!GO!〜〜〜♪」

(歌いながら捌けてった…)

 

全力で歌い本当に捌けてった祥平くん。戻ってこーい。

 

祥「予告をくれ!!!」

鈴「このシリーズはサントラには入らないの??」

 

 

・黒鶴丸を倒すクライマックスシーン。

助けに入ってきた歌仙に対して貞ちゃんが叫ぶ「ののじっ!!」って言うセリフ。

その時、すでにじょーじくん演じる細川はおじいちゃんになっているので、あの言葉を合図に「よし」って言って袴履いてた。

祥「俺、きっかけだったんですか!?」

そして小夜も「ののじっ!」で一緒に動きだしてた。

みんなの合図だったセリフ。

 

・殺陣師栗田さん(守時さんの師匠)の殺陣が本当におしゃれ!それぞれのカラーに合った殺陣にしてくれてる!と力説。

そんな貞ちゃんのコメディタッチな殺陣は各位より絶賛。

翔「祥平のヒップアタックね。笑」

祥「ぷりんって。あれで一人倒してますから」

駒みたいに回るのは、メリーゴーラウンドと荒牧氏が命名していた。

 

 

●健人くんからのメッセージ

・黒鶴丸の健人はカリカリだったよね〜。政宗・歌仙・三日月との3連戦の後に早替えだしね〜。

しかも黒甲冑の衣装の模様は日に日に増えて重くなっていっていたらしい。

と皆に労われた後での映像出演。

翔「あ、ふっくらしてる」

 

・好きなシーンは山姥切と小夜の殺陣

健「二人ならあのシーンを会場でもやってくれるんじゃないかなって」

荒「やらんわっ!!!」

 

 

●納谷くん

・思い出ありますか?のくだりで。

翔「たけるがあるそうです」

びっくりの納谷くん。

「ほんっと悪いこの人!」って翔さんのこと指さしてました。

翔「たける、放っておくとしゃべんないから」

 

・やられるシーンが大変だった。

実際にやってみて、アンサンブルさんって本当にしんどいんだなって身に染みた。

 

 

●翔さん

・突然良いお声で話始めた翔さん。

荒「(MCさんに)対抗しなくていいですから」

 

・小ボケした後にじょーじくんが翔さんにこしょこしょ。

翔「ウケましたじゃねーんだよ、恥ずかしい!」

翔さんとじょーじくんはことあるごとにお二人でこしょこしょ話してた。

 

・小十郎が政宗様を必死に止めるシーン。

一回だけ本当に甲冑の紐が絡んで離れなくなっちゃったことがあった。

荒「え、どうしたんですか??」

翔「甲冑壊すくらいの勢いでブチってやった。本当に離さないから。コイツついに甲冑結んできやがった!って」

 

・荒「翔さんと猪野の殺陣、めっちゃ早くなかったですか?」

最初っから早かったけど、段々甲冑も軽くなったので、逆にスピード出し過ぎないようにするのが大変だった。

刀の太刀筋が観客に見えなかったら意味がないので。

 

 

●まつじゅんさん

・和「京都の時も新幹線で2時間ずっと台本読んでたのに、今日もずーっと台本読んでた!」

立ち上がっての暴露。真面目だな〜って思ってたそう。

まつじゅんさんに向かって手を大きく広げて熱くしゃべり、その手をちょうどいい位置にいた祥平くんがそっと握手。笑

京都とは立ち位置が違うから!と弁解するリリイベお初なまつじゅんさんに和み。

 

 

 

【ジェスチャーゲーム&罰ゲーム】

 

箇条書きであのおもしろさを伝える文章力がなく…すみません。

絵がサラっと書ければなぁ。。。

 

 

 

【お別れのご挨拶】

 

お一人ひと言ずつご挨拶。

 

荒「久しぶりに会えたメンバー、お馴染みのメンバーもいる中で楽しく過ごせて嬉しかったです。

今ジョ伝の稽古中です。三日月宗近たち出ていないメンバーもまた舞台刀剣乱舞で会えるよう全力を尽くします。

ジョ伝 三つら星刀語りもよろしくお願いいたします。」

 

最後ひろきくん。

 

鈴「心強い言葉をもらったんで、僕もまた刀剣乱舞に戻ってこられるように精進して、もっと盛り上げていきたいと思いました。

そして皆さまのおかげでBlu-ray、DVDともにオリコンチャート1位をいただきました!

本当にびっくりしたんですけど、嬉しく思います。まだまだ突っ走っていきたいと思いますので、どの回も応援よろしくお願いいたします」

 

ひろきくんの多方面に気配りしている挨拶が大好きです。

 

 

長文お読みいただきありがとうございました。

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

荒牧さんからすごく嬉しいお言葉がたくさんいただけたので、行けなかった方にこそ伝わって欲しいな、と思いこちらも綴ることにしました。

もしよろしければご覧くださいませ。

 

全体の流れと振り返り部分は東京と同じです。

(→東京のイベントレポはこちら

 

ここ楽しかったなぁ〜♪とか

来られなかった方にも伝わるといいな〜♪

というところだけ、ざっくり記憶をかき集めて記載しております。

雰囲気なので曖昧レポですがご容赦くださいませ。

 

 

■荒牧慶彦イベント「まきば会 Vol.6」

■日時:2017年8月19日(土)
■会場:朝日生命ホール
■出演:荒牧慶彦

■MC:根本正勝
■一部 11:30開場 12:00開演

■二部 16:30開場 17:00開演

■URL:http://ch.nicovideo.jp/tokientertainment/blomaga/ar1299020

 

 

荒牧慶彦さん⇒荒

根本正勝さん⇒根

 

 

バースデーイベントぶりの根本さんMC。

相変わらず素晴らしかったです!!

後輩のために、場を盛り上げようとサポートに徹するお姿が、気遣いと思いやりに溢れていました。

惚れますよね。

かっこいいし、いい声だし、おもしろいし、やさしいし…あれ?良いところしかなくない?

(わたしが盲目なだけではなく事実)

 

合間合間でね、「水飲まなくて大丈夫?」とかって荒牧氏に勧めてくださるんですよ!

話盛り上がっちゃってなかなか飲むタイミングなかったんでね。

はぁ〜やさしっ♡

 

荒牧氏も自由にのびのびと天然ぷりを発揮しておられましたね〜。

今回はお顔色も良くて、相変わらずとっても楽しそうで、ほとんどテンション上がって立ち上がってトークされていて(座っていいんだよ)、見てるだけで幸せになるイベントでした♪

 

あ、そういえば今回はちょくちょく英語が出てたな〜

しかも刀ステ大千秋楽より発音良くなってた気が…

 

 

【前回のまきば会から半年を振り返る】

 

大阪二部はですね、根本さんが粋な演出をしてくださいましたね〜。

両部参加の方もいらっしゃることをご存じだったようで、一回目の人も二回目の人も楽しめるように、二部は8月から遡ってくださいました!

一部は2月→8月、二部は8月→2月。

素晴らしい気遣いですね。溜息しかでない。

 

荒「遡るのいいですね!俺めっちゃ読んだ漫画とか最終巻から読んだりしますよ!」

根「え?逆から読むの?」

荒「はい、ハガレンだったりデスノートだったり。感動しますよ」

根「じゃあ二部初めて聞く人たちからしたらいきなり最終巻から始まるのね?笑」

(いい話だったのに…笑)

 

 

<2月>

 

■バースデーイベント

 

緊張感ある空間でしたね〜と思い出を語らうお二人。

荒「ゴクリさえもはばかられるような…」

根「ゴクリさえも?」

荒「(隣の人を小突きながら)ちょっと何ゴクリしてんのよー!?聴こえない!聴こえない!くらいの」

根「どんだけでかいゴクリなんだよ!?笑」

 

根「衣装もすごかったもんね〜」

荒「そう、シーツ!…じゃないスーツ!!シーツだったらやばい奴ですね」

根「やばいでしょ!!」

(安定の言い間違い。笑)

 

東京と同じく弾いてる映像流しながら思い出を語ってくださいました。

そして変わらずブツっと切れる。

容赦なく。笑

全部は観に来てくださった方だけの思い出に、っていう荒牧氏の思いやり♡

 

いずれまた披露したいっておっしゃってました!

新曲?って根本さんがご質問してくださったら、ハードル自ら上げちゃうことになっちゃうけど〜やるかもまったく決まってないけど…って散々悩んだ末に、こっそり教えてくださいました。

いつかご自身で出演された作品のメドレー曲を弾きたいんですって。

 

めっちゃ嬉しかったです!

なにそれ、素敵すぎる!!!

テニミュのバイキングから始まり、今ならあんステまで。

10分超の超大作に!!笑

 

荒「そんなに練習する時間がとれるかと、俺の精神力が持つのかっていう・・・」

根「二部作にしたら?」

荒「前半、後半!?笑」

根「でも絶対また聴きたいと思うよ」

荒「メドレーが出来なくても、またほかの曲で披露できたらと」

根「ぜひチャレンジしてください」

 

もしまたピアノ演奏が叶ったら、また根本さんに見届けていただきたいな〜♪

 

 

<3月>

 

■タウンワークWEBCM

 

あの衝撃の妄想CMについて語ってくださいました。

 

荒「カッコいい先輩を演じてくれって言われて、すごい恥ずかしかったです!!」

根「どんな?」

荒「カフェ店員で、後輩がいる設定で、カメラが後輩目線なんですよ。

『せんぱーい、これ持っていきます』って後輩がカップ落としちゃってどうしよってなるんですよ。

で、俺が後輩の手をぱしってにぎって、『怪我しなくて…良かった…』って言うすごい恥ずかしい役」

根「それをカメラ目線で言うの⁉笑」

荒「そうです、カッコつけて」

 

恥ずかしさで頭が爆発しそうだったとひたすら照れる荒牧氏と、話を聞いて興奮しだした根本さんに爆笑!!

荒「コーヒーカップ落とした人の手をにぎって『怪我しなくて良かった』ですよ!?先の先を行き過ぎてる!」

根「触りたいだけの奴になっちゃってる。笑」

(荒牧氏がまともな感覚な方で安心しました。そうだよね。笑)

 

根「まっきーから見て、カッコいい男性ってどんな人?」

荒「俺が普通に社会人で根本さんが上司だったとして。

俺が提出し忘れたものがあって、『あ!やってない!どうしよ!?』ってなって、根本さんに『すみません、忘れてました』って謝りに言ったら、『大丈夫、もうやっといたから』って無言でフォローしてくれる人」

 

自分で言って、「かっこいいーーーー!!!」と絶叫する荒牧氏。

(かわいいかよ)

でも根本さんも、それはかっこいいと認めてくださいました。

男女だったら恋に落ちちゃうねって。笑

 

 

■TEEN×TEEN THEATER「初恋モンスター」

 

初座長作品。

今まで数々の座長を見てきたけど、やっぱり生半可な気持ちじゃできないと思いました、とお話してくださいました。

とくに今回は後輩がたくさんいたから、みんなに目を配らせつつ自分の役も全うすることに気を付けたと。

 

根「まっきーは、後輩キャラでいたい人?先輩に甘えたい人?」

荒「もともと先輩が大好きなので、先輩に甘えたい派です。

でも根本さんだったり、翔さんや翔太くんが、後輩にしてあげている姿を見ているとそういう先輩になりたいと思います」

(やっぱりいい人だなぁ)

 

根「翔太が先輩っていうのも変だよね」

荒「まぁ、ほぼ友達ですからね」

(あぁ、良い話がぶちこわし。笑)

 

 

<4月>

 

■サンリオキャラクターズ ポンポンジャンプ!

 

このキャラクターの声やってます!っていうのではなく、キャラクターの声として出演させていただいております、っていうスタンスらしいです。

それで全然明かしてないんですね。納得。

 

 

■ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇

 

沖田総司の声が、今日聞けちゃうんですか?と、突然振ってくださった根本さん。笑

戸惑いつつもちゃんと応えてくださいました!

 

荒『盛り上がっていくよ!』

 

一瞬びっくりしてじわじわと高まっていく『ひゃわ〜』という歓声と拍手でした。笑

お二人的には、あれ?違ったかな?っていう素振り。

(いや、めっちゃ良かったです!まさかLIVEバージョンが来るとは思わず)

 

「まっきーが傷ついちゃうので、皆さんも空気を読んでください」という根本さんにまた惚れました。笑

あと、声褒めてくださってました!

上に貫ける声だよね、いいね、って♡

 

 

<5月>

 

■荒牧慶彦1st写真集「L.M.N」発売

 

荒「L.M.Nってなんだと思いますか?」

根「Love…Mackey…Night」

荒「あーーー!惜しい!!!」

根「ローングマッキーナイト!まっきーと過ごす長い夜!」

荒「あーーー!…ありですね」

(あれ?気に入っちゃった?笑)

 

根本さんも見てくださったそうです!

すぐ「どうでした?」って聞いちゃう後輩くんと、「色気があった」と褒めてくださる先輩のやりとりに合掌。

 

やっぱり脱いでる写真は恥ずかしいそうな。

(え?そうなの?笑)

 

荒「カメラマンさんが、乗せるのがすごく上手くて!バスルームで撮影してて、気が付いたら脱がされてたんですよね」

根「言ってることグラビアの人だよ!!」

 

爆笑。

 

カメラマンさんは手一つ加えないのに、自分がノリノリになっちゃって、気が付いたら脱いでいたと。

根「魔術師だね」

荒「カメラマンさんの人を乗せるテクニックはすごいですよね、まったく違和感なかったです」

(YABAI)

 

 

■戦刻ナイトブラッド

 

やっぱり声の演技は難しいそうで。

でも、最初のほうはいっぱい音響監督さんからNG出てたけど、最近録ったのは、一時間予定が20分で終わった!と嬉しそうでした。

根「結局それは自慢ってことでいいの?」

荒「そうですね、ちょっと自慢したかったです。笑」

(よかったねぇ、努力が報われてきてるんだねぇ…ほっこり)

 

声のお仕事は血を吸う役ばっかりというお話に。

荒「まるで蚊ですね。ぷ〜〜んって」

根「蚊だとイヤだよね」

荒「なんでヴァンパイアはよくて蚊はダメなんですかね?」

根「そりゃ顔でしょうよ!!」

荒「じゃあイケメンの蚊だったらどうですか!?」

根「それはいいでしょ!!」

 

なんだか話がおかしな方向に。。。笑

身体は蚊だけど顔はイケメンだったら?とかキャッキャ話してました。

でも吸う時は…(タコ口でんちゅーって再現。笑)

蚊はかゆくなるから嫌だよね〜、最近のヴァンパイアは吸われるほうも恍惚とするらしいですよ〜どゆことー?的な話を延々と。笑

 

 

<6月>

 

■舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

 

刀ステの裏話。

末満さんは、至る所に伏線を散りばめているそうで。

「気づかれなくてもいい。でも俺はこれを伏線としている」と。

物語が進んで行ったのちに、「あぁ、あのセリフやあの行動はここにつながっていたんだ」と観た方なりに感じてもらえるような伏線になっていれば大満足と仰ってるそうです。

ただ、演じるか演じないかは役者さんにお任せしてくださっていると。

なんだかすごく良い話でした!

 

 

すごい人気だよねっていうお話。

人気で嬉しい反面、観られないという方が出てきてしまうのが哀しいと。もうちょっと公演数があればな〜って悔しそうでした。

 

根「ライヴビューイングはないの?」

荒「あるんですけど、それも近くの映画館がいっぱいで外れちゃう方はいるので。観られない方もいたかもしれませんね」

根「そうなるともうフェスみたいな場所でやるしかないよね」

荒「そうですね、FUJIで。でもそこまで行くのが大変。笑」

 

やさしいですね。

いつも考えてくださっている。でもこれ以上やったら倒れちゃうよ。

その気持ちだけで十分ですよ。

 

ちなみに、根本さんは山姥切国広を「まんばちゃん」と呼んでました。

かわいい♡

 

 

<7月>

 

■翔さん15周年イベント

 

シークレットMC扱いだったけど、「やりたい!!!!」って言って、やらせていただいたそうです♡

荒牧氏の初めてのイベントのMCが翔さんだったのでお返しとして。

 

それはいい関係だねって根本さん微笑んでらっしゃいました♪

 

 

■イケメンヴァンパイア

 

荒「あのひまわりのゴッホです」

根「でもヴァンパイアってことは?」

荒「血を吸うんです」

根「…ゴッホが…?」

荒「ゴッホ以外にもナポレオンだったり太宰治だったり」

根「太宰が血を吸うの…?」

(もう根本さん混乱。笑)

 

荒「でもそんな悪いヴァンパイアじゃないですよ!ちょっと飲ませてくらいの」

根「??」

荒「ちょっとだけもらっていい?くらいの」

根「そんな気軽に?主人公の女性にちょっと飲ませてもらっていいですか?くらいの?飲まないとひまわり書けないんですって?」

荒「そうですね。ひまわり書くには貴方の血が必要です、と」

(え?そんな話だったっけ?笑)

 

フィンセントは柔らかい声の役ですよ〜っていうご説明された時に、根本さんからご質問が。

 

根「やさしい感じの役と、激しい感じの役、どっちが好き?」

荒「どっちも好きですけど、最近落ち着いている役が多いから、一回ネジが取れているようなハイテンションな役やりたいですね」

 

ほうほう。

一番飛んでた思い出の役は、やっぱり仁希でした。笑

 

あと生ラジオのお話も。

前回は1時間予定だったのに、ゲストのお二人がすごく盛り上げてくださって、荒牧氏もそれに「わーい♡」って乗っかっちゃって、用意していたコーナー2つカットして1時間半かかったらしいです。笑

 

何もしゃべることないよりいいよね〜ってフォローしてくれる根本さん。やさしい♡

 

 

■ファンファンファンツアー前半戦

 

根「何して来たの?」

荒「ブルーベリーを根こそぎ狩ってきました!もうあそこには二度とブルーベリーが生えないでしょう!」

根「いやいや、生えさせてくれよ」

 

のやりとりが、いつも翔さんに甘えボケする時と同じテンションで和みました。

お兄ちゃんっ子だねぇ♡

 

今後やってみたい味覚狩りは、りんご・苺・ぶどうだそうです♡

果物で一番好きなのはぶどう。

荒「でも、ぶどう狩りって一口で食べられないからすごい時間かかりそうですね。ぶどうは狩り尽くせないかもしれない」

根「狩り尽くしたら農家の方は嘆くよ」

(やめてあげてください))

 

 

<8月>

 

■ファンファンファンツアー後半戦

 

ボーリングの巻。

始球式でカーブかけて投球したら、さっそくガーター出したらしい。笑

だからもう一球投げさせてもらったらしい。笑

(さすが負けず嫌い王子)

 

 

■おしゃべや

 

凌くんと気負わずゆるりとフリートークを楽しんでますよ〜と。

最近も収録してきたけど、質問コーナーとか新企画も出来て楽しかったとおっしゃってました☆

 

プロデューサーさんがみんなに好きなこととか聞いてくれて、それを企画に出来たらいいよねっていうようなお話してるそうです。

凌くんとだったらドライブして美味しいお店行ってリポートしたり〜とか言ってました!

こちらもいい雰囲気の現場っぽいですね♪

 

 

【心理テスト】

 

■一ヶ月かかってRPGを終えました。あなたの感想は?

 

荒「終わった…」

 

⇒恋人とのデートを終えたあなたの気持ち

 

荒「今、超達成感あった。笑」

根「相当終わりたかったのかねぇ?笑」

荒「なんか寂しい」

 

 

■あなたは動物を飼おうとしています。その動物は何?どんな性格?どうやって躾ける?

 

荒「飼いたいのはフェレットですね。性格は俺にめっちゃ懐いてくる。躾けは〜…悪いことしたら、甘えてきてもちゃんと『めっ!』って言います」

 

⇒選んだ動物は、あなたが誘惑されてみたいタイプ。躾ける方法は、誘惑されてみたい方法。

 

根「フェレットみたいな人に誘惑されてみたいんじゃない?」

荒「どういうこと!?胴長ってこと?翔太くんかな?笑」

根「で、フェレットみたいな人に、『あらまきっ!めっ!』って言われたいと。甘えてきても『さわるなっ!』って。笑」

 

根「どうなの?当たってる?」

荒「どう?いや、当たってないですね」

根「フェレットみたいな人は好き?」

荒「翔太くんは好き。笑」

(はい、ありがとうございます♡)

 

 

■好きな四字熟語を3つあげてください

 

荒「うーん…今パッと出てきたのは、劉備玄徳」

根「四字熟語じゃない!まぁ、いいや、あとは?笑」

荒「趙雲子龍。諸葛亮…あ〜四字じゃない!」

根「一個くらいはちゃんと」

荒「疾風迅雷」

 

⇒ー分の人生感

 

荒「劉備玄徳!民を大事にしている!」

会場の皆さん見渡しーの。笑

 

荒「あ!民じゃないです!ごめんなさい!!」

謝りーの。笑

 

根「誰が民だよ!俺らも含め民ではあるけれども!笑」

 

 

⇒⊆分の恋愛感

 

荒「趙雲って、長坂の戦いで一騎奥さんと息子を『カッカッカッカ』って馬乗って行って助けた…」

根「一人で斬り込んで行きたいってことなんじゃない?」

(無理やり合わせてくれるやさしい根本さん。笑)

 

荒「あぁ!結婚式で『その結婚式、待ったー!バターン!』って行くタイプ?」

根「まず結婚式会場入れないよ、そんな馬乗ってきたら」

 

マイムが秀逸すぎて爆笑。。

 

 

⇒死に際に思うこと(ちょっとあやふや)

 

俺、早かったかな〜ってこと?ってお二人首を傾げておられました。笑

 

 

■あなたがやめたいと思っている習慣は?

 

買い溜めしたアイスを、夜ゲームしながらすぐ食べちゃうこと、だそうです。

(可愛すぎかーー!)

 

⇒なんだかんだやめられないこと

 

荒「一生俺、アイス買うの!?」

根「いくら買い貯めしても、すぐまた食べちゃったよ〜っていうのずっと繰り返すんだろうね」

荒「なんて地獄だ!笑」

 

ちなみに好きなアイスは、Coolish、アイスの実(ってまだ売ってるの??)、ICEBOX(これも懐かしいな)、カルピス系。

氷系ばっかり。

ぶれないね〜。

 

 

■目の前に長いスパゲッティがあります。1本どれくらいの時間で食べきりましたか?

 

荒「2分くらいですかね?」

 

⇒あなたが満足できるキスの長さ

 

荒「なげーーー!!!窒息死するわ!笑」

根「途中1回息継ぎをいれたら?」

荒「そしたらリセットになっちゃうんじゃないですか?」

根「もう1回2分始めるの!??」

 

イタリア人みたいだね。笑

 

 

【サイコロトーク】

 

ミュージック!スタート☆

の、振りをしたのに…音楽が…鳴らない…

二人キョトン。笑

根本さんに音楽任せる後輩。

そしてノリノリで歌ってくださる菩薩のような先輩。笑

 

 

■〇〇さん、ごめんなさい

 

刀ステの時のお話。

福岡公演(だったかな?たしか)で、とんちゃんがドローン持ってきて遊んでたんですって。

テンション上がった荒牧氏。

外で遊ぼうぜ〜!って言って、とんちゃんと外行って「わー♪」って飛ばして遊んでいたら、すぐコントロールできるようになったそうな。

とんちゃんも「まっきーすごーい♡」って喜んでくれて、どこまで飛べるかな〜?って調子に乗って上昇させたら風に煽られ、「うわーーーー!??」

まさかの劇場屋根に着地。。。

 

小学生以来、劇場スタッフさんのところに行って「すみません、屋根に乗っちゃったんでとっていただけますか?」って謝りに行ったとのこと。

 

荒「とんちゃん、劇場スタッフさん、ごめんなさい」

(かわいすぎかーーーーーーっ!(ノ´□`)ノ)

 

 

あとエチュード理想の海デートとかあったのですが、だらだら長くなっちゃううえに文章表現に自信がないので他の方のレポをぜひ!

 


【質問コーナー】

 

■橋本祥平くんファンならヘイヘイフレンズ。和田雅成くんファンならたこなりーず。荒牧慶彦ファンの愛称も決めていただけないでしょうか?

 

荒「じゃあ、まきばの民で」

(大拍手☆☆☆)

 

根「さぁ、皆さん、決まりました!まきばの民でーす!」

荒「劉備玄徳を尊敬しているので、民を愛する主君になろうと思います」

根「いいね〜」

荒「え?いいですか?絶対やだって言う人いない?大丈夫?」

 

めっちゃ心配する我らが主君。笑

決まりました。今日から荒牧氏は我が主君となりました。

誠心誠意お仕えいたします。

 

 

■荒牧さんのファンになって4年です。刀剣乱舞からは新たなファンの方もたくさん増えて本当に嬉しいです。今改めて自己紹介を1分程度でお願いいたします。

 

このご質問者様に金一封贈りたいです。

素晴らしい!!!聞くことができて本当に良かったです。

素敵なご質問ありがとうございます!!!

 

荒「荒牧慶彦、27歳。トキエンタテインメント所属。僕が俳優を目指したのは大学を卒業してからになります。

もうすぐ俳優になって5年となりますが、こうしてたくさんの作品に出演し、たくさんの民に恵まれております。

今は次のあんさんぶるスターズ!や舞台刀剣乱舞などありますが、やはり一番思い入れが強いのは、ミュージカルテニスの王子様です。

あの作品がなければ、今の僕はいないと思いますので、すごく心に残っております。

もちろん忍たま乱太郎やBLAZBLUEなど一つ一つの作品が大事な宝物ですが、しいてあげるならデビュー作のミュージカルテニスの王子様が一番です。

こんな荒牧をよろしくお願い致します」

 

大体こんな雰囲気のご挨拶でした。

もうね、ものすっごく嬉しかったです!!!!

テニミュが一番って言ってくださったこともそうなんですけど、忍たまとBLAZBLUEまで名前をあげてくださったことがね、本当に全部の作品を愛して、全力で取り組んだんだなって。

彼の気持ちが込められていて、本当に本当に嬉しかったです。

 

いい主君を持ちました。

自慢の主です。

 

 

■翔さんと二人で旅行に行くならどこに行きたいですか?プランも考えてみてください。

 

温泉だそうです。

夕方くらいに行って、温泉入って、外に何軒か飲み行って寝る。

部屋飲みではなく、ご当地を楽しむため外へ。

 

温泉には夜と朝の2回入るんだそうです。

何回も入る人すごいよね〜ってお話されてました。

 

荒「翔さんと翔太くんは温泉に対するモチベーション高いんですよ!」

根「うっとおしいな!」

 

 

 

■大勢の人と話すとき、うまく話せず黙ってしまいます。うまく会話するコツはありますか?

 

「えぇ!?何にも考えてないよ!」言ってました。笑

 

でも初対面の人の時は、触れられたくないところが絶対あると思うので、そういうところを見つつ話すそうで。

不快には思わせないようには気を付けていると。

(気遣いの人ですね〜)

 

でもこう言ったらこう思われちゃうとか考えすぎることはないと。

反射だって言ってました。

 

 

■女の子になれるとしたら、何をしてみたいですか?

 

荒「絶世の美女になって、男を手玉にとって転がしたい。ほれほれ〜って」

めっちゃ嬉しそうだな。笑

 

「ちょっとそれやってみて」と根本さんに振られると、戸惑ってましたが。笑

散々悩んだ末の絶世の美女。

 

片足をちょっと浮かせて、

荒「舐めな」

 

根「やめろ!!!!どんだけ女王様なんだよ!!!笑」

 

そりゃ、止められるわ。笑

爆笑!

 

全然イメージ出来ない〜という荒牧氏に対して、小悪魔パターンとかあるんじゃないの?とお兄さん。

 

根「あれ〜?…酔っちゃったぞ☆」

(荒牧氏にしなだれかかる根本さん。声かわいかった。笑)

荒「え?大丈夫?」

根「なんでもないの…」

荒「なんでもなくないでしょ」

根「大丈夫、大丈夫」

 

後ろ振り向いて立ち去る瞬間

根「こっちのもんだな(イケボ☆)」

 

小悪魔劇場、爆笑でした。

 

 

■あんステの稽古でアイドルとして苦戦していることは?

 

意外なお答えでした。

マイクを常に左手で持っていること、だそうです。

(1秒くらい踊ってくれました!)

今まではヘッドセットで歌っていたので、両手の振りだったから、気が付くと左手もやりやすいように動かしちゃうんですって。

祥平くんと「忘れちゃうね〜」っていいながら、絶賛稽古中だそうです☆

 

 

■田舎に行くとしたら何をしたいですか?

 

寝そべって満点の星空を見る。

(期待を裏切らない答え☆)

 

根本さんは福島ご出身なので、本当に山のほうに行って寝っ転がると星しか見えないんですって。

星が降ってきそうな、手を伸ばしたら掴めそうなくらいだよっていうお話を聞いて、心底うらやましそうに目をキラキラさせてました。

 

 

■あと数日で地球が滅亡します。最後に演じたいのは誰ですか?

 

荒「数日後に滅亡するのに演じてる場合じゃなくない!?」

(ごもっとも。笑)

 

周りの逃げてる人に「そんなとこで演じてるんじゃねーよ!どけー!」って言われても、それでも演じる役は、、、

まさかのシェイクスピアでした☆

 

 

【ご挨拶】

 

ブログにも書かれていたのですが、このイベント月間への想いを正直に語ってくださいました。

 

荒「今日でイベントウィークが終わります。

たくさんの方が参加してくださることが嬉しく思いますし、皆さまが笑顔で来てくれることで仕事への活力になります。

たまにどうしても落ち込むこととかあるんですけど、Twitterのリプだったりお手紙を読み返したり、新しくいただいたお手紙を読んだりすることで、本当に励まされています。

なので、また皆さまに感謝を伝えられる場は作りたいと思いますので、またバスツアーやイベントをやるときはよろしくお願いいたします。

 

本当は応募してくれた方全員に参加していただきたいのですが、限度があるのでそれもなかなか難しくて…

チェキなくしたりすればキャパも広げられるんですけど、直接皆さまの感想を聞けたりする機会はないので大事にしたいんですよね。

皆が幸せになれる形を探したいと思います。

なのでまた来てください。

皆さまにお会いできて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。」

 

ざっくりこんな感じでした。

 

今まで落ち込んだりするなんて明かさなかった方なので、なんだかとても心に響きました。

Twitterのリプって恥ずかしいからずっとしなかったのですが、最近ちょっとやりだしたりしてます。

 

あとチェキはね、直接感想聴きたければ握手会で十分なわけで。

むしろ握手会のほうがゆっくり話せると思うんですよ。

それでもチェキをするかどうかを悩んでくださるのは、結局みんなが望んでいるってご存知だからなんだろうなって思ったりしました。

 

例えば彼が壁にぶつかった時とかに、直接助けてあげられることは何もないのですが、せめてほんの少しでも前に進みやすいように追い風を吹かせてあげられる存在になれたらな、と。

背中を押すことは出来ないので、そよ風くらいはなんとか。。。

と思いました。

そんなまきば会でした。

 

こんなこと夜中に書いて恥ずかしくなったら消すかもですが。

気弱ですみません。

自分で書いた感想って毎度後で恥ずかしくなって「うわぁぁぁああ!何ゆっとんねん!!」ってなって全部消したくなるので。

 

 

ではでは、長々とお付き合いくださった方、どうもありがとうございました。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

まぶたを閉じれば、先日の楽しい1時間半が蘇り心がぽかぽかします…

 

ファン感謝イベントという名目の今回のまきば会、いやいや感謝するのはこっちだよ〜と思いながら参加させていただきました。

彼のファンを想う気持ちが、どなたかお一人にでも届けば幸いです。

 

 

あ!

大阪に行かれる方は、読まないで行ったほうが楽しいと思います!

内容かぶると思うので。

しゃべることもかぶりそうなので。

ここは強く「見ない方がいい」と言いたい。

わたしは一部のレポ読まないで行って良かったなって思ってます!

 

 

ただの記憶なので完璧ではございません。

記憶違いや解釈違いも絶対100%ありますが、「こんなことがあったらしいよ、噂だけどね」くらいの信憑性で受け取ってくださいませ。

解釈はあくまでわたしのフィルター通しているので鵜呑みにしちゃだめですよ。だめだめ。

ご了承いただける方、どうぞ雰囲気でご覧くださいませ〜。

 

 

 

■荒牧慶彦イベント「まきば会 Vol.5」

■日時:2017年8月12日(土)
■会場:浜離宮朝日ホール・小ホール
■出演:荒牧慶彦

■MC:高橋里央
■二部 16:30開場 17:00開演
■URL:http://ch.nicovideo.jp/tokientertainment/blomaga/ar1299020

 

 

荒牧慶彦さん⇒荒

高橋里央さん⇒里

 

 

【開演前】

 

15:45から入場の列形成します〜と公式Twitterで流れてきたので、のんびり屋のわたしは15:50くらいに着いたのですが、すでに7割くらいのお客様は並んでおりました。

本人確認もサクサク進んでおりました。

 

それからお友達と待ち合わせして、ふたたび戻った時は16:05くらいだったのですが、すでに皆会場入りしてグッズに並んでいる具合でした。

熟練スタッフさんの捌きすごい!!

 

今回も全員のチケット&本人確認をして、その後透明の入場スタンプを手の甲に押す流れでした。

ちゃんとしてるねぇ。。

 

夏のイベントなんでね、華やかな浴衣のお姉さまがちらほらいらっしゃって風流でした〜♪

やっぱりまっきーイベントは綺麗な人が多いなぁ…ほぇ〜美人〜って思いながら口開けてチラ見してましたわ。

(失礼しました、だって美人好き)

 

グッズはね、お写真綺麗でしたね!

浴衣バージョンとクール決め顔バージョンもあり、わたしの好きなメイク・照明・カメラでテンションあがる〜♪

Kステの公式HPで使っている宣材写真はこれだったのか!って思いました。

(あったんです)

 

「まっきーのマッキー」も記念に買おうと思ったのですが、16:20に完売アナウンス。

まじかっ!?

本気で欲しかった人、残念だったろうなぁ…。

 

あ、あとね!遊佐くんがスタッフさんとして働いてましたよ!

坊主になってた!そして似合ってた!

わりとそこらを自由に歩かれていたのですが、最後は社長と並んでプレゼント受け取りBOXの前におられました。

いい笑顔でお手紙受け取ってくださいましたよ〜笑

恥ずかしくて直視できなかったけど、ありがとうございました。

 

会場入りすると「まきば会」の筆文字と浴衣まっきーがスクリーンに。

いよいよ開演!

もうこの建物内に彼はいるのか〜ドキドキドキドキ…

(当たり前や)

 

 

【開演】

 

17時ぴったりに開始でした!

今回は社長の前説なかったな〜

 

MCにご登場されたのは!なんとりおくん!

きゃーーー!りおくんだーーーーー!

めっちゃいい声!めっちゃいい声!!

低い!しぶい!滑舌いい!聞きやすい!

日テレの新人アナウンサーみたい!なのに若い!そして礼儀正しい好青年!

さっそくりおくんの合図で荒牧氏を呼ぶことに。

 

里「せーのっ!」

客「まっきー♡♡♡」

 

荒「おはようございまーす!」

 

ゆ、浴衣〜!!!!!!

(思わず目を覆う破壊力!!!)

う、うつくし、まばゆい、お色気、めがね。。。

 

(ここから先はこのお写真のお二人が会話を繰り広げてると想像しながらお付き合いいただけると楽しいかと☆)

 

 

りおくんと話してるの初めて見るという人もたくさんいるよね〜と荒牧氏。

(うん、たしかにない)

 

実際こんなにしゃべったのが初めてらしいです。

どっちが先輩?というお話で、

荒「年齢は俺が上で」

里「事務所に入った時期だけなら僕のが先輩ですね」

荒「芸歴からしてもそうなんですけど」

里「いやいや、とんでもない」

(りおくん、謙虚!!)

 

りおくんもテニミュ出演されてまして、良馬くん・翔太くんと一緒にやってた世代。

荒「何役?」

里「水野カツオ役を…なんで笑うんですか?」

会場クスクス笑い(*´ェ`*)

 

りおくんの水野カツオくんをリアルタイムで見てた人いますか?の質問に、わりとお手が上がってました☆

荒「いっぱい髪伸びたねって思ってるんでしょうね」

(坊主だったからね。笑)

 

 

【前回のまきば会から半年を振り返る】

 

荒牧氏が上手、りおくんが下手で、パイプ椅子にかけながらのトークだったのですが…

かなりステージのはじとはじだったので真ん中にすり寄るお二人。

ちゃんと「真ん中に失礼します」言ってましたよ!

礼儀正しい。

でも水忘れてるよ!水!喉乾いちゃうよ!

(めっちゃテンポ早いトークなんです、さくさく進む)

 

荒牧氏って足組むの癖じゃないですか?

やっぱりね、数分経つと組んじゃうんですよね。

そうすると浴衣マジックが起こりまして…お膝からやや上までチラリしてしまうわけですよ!

んで、「あ、やばい」と思うのか足を揃えて浴衣の裾を直して整える、でもまたすぐに組んじゃう、っていうのを何回も何回も繰り返しておりました。

かわいい…♡

 

 

<2月>

 

■バースデーイベント

 

里「バースデーイベントでピアノ会やられたという…」

荒「ピアノ会じゃないよ。笑」

 

今までピアノ弾けることを話してたので、せっかくだから皆さまにお披露目したいなということで決意したそうです。

以前Twitterにあげてくださっていた演奏映像を流してくださいました。

 

♪♪♪

 

めちゃくちゃ緊張した〜!と繰り返す荒牧氏。

ピアノは、小3から小6まで習ってて、小さい頃にお父さんが弾いていた曲をセレクトしたそうです。

記憶の中の父親を投影させながら息子が受け継ぐなんて、感動エピソードですね〜ってりおくん言ってました。

 

練習は3ヶ月半、稽古や仕事の合間を縫って朝と夜に、ピアノの先生とスタジオ行ったりとかして、少ない時間でがんばったそうです。

お客様のためのプレゼントという形で。

 

めっちゃ手震えた〜言ってました。

舞台は自分なりの落ち着け方がわかってるけど、ピアノはなかなか落ち着かなくてめっちゃ緊張した!繰り返してました。

アットホームだったから良かったけど、ピアニストの方とか大きなホールでピアノ弾くのすごいなぁとしきりに感心していました。

(ピアニストさんからしたら、舞台の上でお芝居する俳優さんも信じられないと思うよ〜)

 

最後りおくんが、「まっきーさんが皆さんのために練習をして弾いたということが、たぶん心に通じてると思いますよ」っておっしゃてて、うんうん、通じたよ!って思いながら聞いてました。

りおくん、出来た子じゃ。

 

 

■タウンワークマガジン

 

学生時代のアルバイトは、高校卒業くらいから大学3〜4年まで、同じ居酒屋で働いていた荒牧氏。

キッチン・ホール・レジとか一通りやったそうな。

選んだ理由は時給が高かったから☆

 

荒「居酒屋の志望動機って困らなかった?普通に時給がいいからって答えたら落とされるんだろうなって」

里「家が近いからとか時給がいいからとか、そういう理由しかないですよね?」

荒「社会経験として色々な方と触れ合える機会を持ちたいからです、みたいにいい感じに『お金が稼ぎたいです』を美化して言いました。笑」

(やっぱり頭いいな!策士だな!(褒めてます))

 

居酒屋の他に数回派遣のバイトもされたそうです。

めっちゃつらかったと。笑

荒「ある現場が、こう・・・回ってくる封筒を「すっ」って折って次、回ってくる封筒を「すっ」って折って次・・・」

里「これを8時間!?」

荒「もう気が狂うかと思った!!機械で出来ないのかな〜?」

 

 

■映画「普通じゃない職業」

 

翔さんときしたくさんと一緒に地元のチーマー役でご出演。

そのチーマーが殺し屋ともめる話。

荒「おれは叫んだら次の瞬間死んでる役」

里「めちゃくちゃおいしい役じゃないですか⁉笑」

荒「きしたくさんはボロボロに負けて死ぬ役。翔さんは見せ場があったんだけどね〜」

 

 

<3月>

 

■TEEN×TEEN THEATER「初恋モンスター」

 

里「どうぞお聞かせください」

荒「えっ⁉」

里「あの……どうでした?」

みたいなやりとりがありました。りおくん急に振り雑!!!笑

 

初単独主演だったので、まずは後輩と仲良くなることを心がけたんだとか。

一番の課題は、小学生の下ネタをいかに見ている方に不快感を抱かせず楽しませることができるか⁉というところ。

 

里「小学5年生ですよ⁉初めてやったんじゃないですか?」

荒「そりゃそうでしょ」

(そりゃそうだよね。笑)

 

荒牧氏は、カメレオン俳優になりたいと常々言っている通り、スケジュールの関係でお断りしなければならない場合以外は、出来る限り自分を必要としていただいているならいただいた仕事はお受けしたいんだとか。

すぐやります!って言ったそうです。

もう小1までいけるらしい。笑

 

 

<4月>

 

■サンリオキャラクターズ ポンポンジャンプ!

 

荒「皆見てくれてますかー?」

客『うんうん』

っていうやりとりが微笑ましい和み空間♡

 

荒「リオスカイピースとして、キティちゃん達と冒険して、子供を教育する番組です」

里「ん⁉なんか言い方生々しい。笑」

 

収録はやっぱり難しいよ〜って仰ってました。

 

 

■ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇

 

原田編は沖田の出番が少ないので、土方との見せ場を作っていただいたんだとか。

毎回あのシーンは泣いちゃうんですよね〜と。

近藤さんが斬首刑に処されるとき連れて行かれるシーンで、口パクをするのを見ると泣いちゃうんですって。

口パクでずっと「総司」って言ってるんだと思ってたら…実は「トシ」だったという悲劇。笑

 

荒「千秋楽の打ち上げで、『だって近藤さんがあの時「総司」って言うんだもん』って言ったら『あれ、「トシ」だよ?』って言われて。笑

そっかー、最後まで一緒にいたのトシだもんなぁって。笑」

 

 

<5月>

 

■荒牧慶彦1st写真集「L.M.N」発売

 

荒「L.M.Nどういう意味だと思う?」

里「え!?・・・レ・モ・ン…?」

 

違うよ〜!みんなに言われたけどレモンじゃないよ〜!と笑ってツッコむ荒牧氏。

仲良し〜♡

 

Light.Mackey.Nightだよ!

グアムで寝起きから寝るまでを一緒に過ごしているふうにしたかったから名付けたんだよという理由を聞いて、

 

里「なんかレモンとか言っちゃってすみません。。。」

 

りおくん、反省。笑

でも、レモンは呼びやすくていいなと思うけどってお兄さんはフォローしてました♡

 

 

■戦刻ナイトブラッド

 

初CV作品。

声優は、使う技術が根底から違うので難しいとおっしゃってました。

 

俳優は、身振り手振りとか表情とかで表現できるけど、声優は声だけで表情をつけないといけないから、読みながら身振り手振りしちゃうって言ってました。

(がんばれー!!!)

 

 

<6月>

 

■舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

 

刀ステを見たことないりおくんに、「とにかくおもしろいんだよ」って言ってあらすじご説明されてました。笑

 

全46公演、こんなに同じ作品をやるのはテニミュ以来、3時間舞台だったから大変だったと。

よくファンの方からのご質問で、そんなに公演して飽きたりしないんですか?と聞かれるんだそうですけど、飽きはまったくなく、殺陣ひとつでも間合いが違ったりするので、毎公演同じことはないそうです。

 

ひろきくんは荒牧氏が演技のアプローチを変えるとそれに合わせて変えてくれるので、そこが楽しかったんだそう。

山姥切国広が「俺たちはどこまで強くならなければならない?」っていうセリフを、いつもは張り上げて言うけど、ちょっと抑えめに言ったら、それに合わせて三日月からの諭し方も変わるんだとか。

(全部見てみたいな〜)

 

 

<7月>

 

■翔さん15周年イベント

 

ニコ生で直接オファー交渉いただいてシークレット(?)ゲストMCでご出演☆

 

事務所のスタッフさんが、翔さんが大好きな野球選手のところに直接行って、サインをもらって来てくださったそうです。

荒「くわた・・・えいすけ?けーすけ?」

(うん、絶対違う!!)

 

客「ますみ」

荒「あ!ますみさんだ!!くわたますみさんが、翔さん宛にサインを書いてくれて、すっごい喜んでましたね」

里「名前さえ間違わなければ、すごくいい話でしたね」

(適格なつっこみ)

 

でもりおくんも野球は全然詳しくなかったです。

同レベルなお二人。笑

 

 

■イケメンヴァンパイア

 

荒「吸血鬼ばっかりなんですよ〜」

(本当にね…笑)

 

真面目なりおくんは、朝イケヴァン調べてフィンセントのサンプルボイスを聴いてきたそうです。

電車の中でイヤホンで聴いたら、キュンキュンしたと、子犬のようなうるうるした目で語ってました。笑

 

里「本当にすごかった!ぜひ聴いてみてください!」

荒「もう聴いてくださっていると思う…え、聴いてるよね?」

だんだん自信のなくなった荒牧氏に、会場うんうん。笑

 

このあとリップ音のお話に。

荒「血を吸うシーンとかあるんですよ〜。リップ音って知ってる?」

里「リップ音…?」

荒「リップ音って台本に書いてあって。は?って。リップ?今持ってないですって」

(知らないということに逆に安心した親心)

 

荒「ちゅってやるんだけど、セクシーな音。それめちゃくちゃ難しい〜!全然わからないので教えてもらっていいですか?って聞いてchuって」

里「あ、マイク通してなかったんでもう一度いいですか?」

(りおくん、ナイス☆)

 

荒「chu」

里「ふぅーーーー♡♡♡」

 

いや、もうあまりの破壊力に思わず顔を手で覆いました。

これは…やばいね。

正直CVもなかなか勇気なくて戦ブラの覚醒シーンとかやや飛ばして見てたわたしからするとちょっと…嬉しいけど、超記憶に閉じ込めたけどちょっと刺激が…鼻血が…

(贅沢すぎる悩み)

 

「ただ付けただけじゃ全然ならなくて、指を吸うとかして鳴らすんだよ」ってりおくんにレクチャーしてました。

慣れてる声優さんだと指なんていらなくてすごーいって。

最初よりは段々慣れてきましたけど、いまだに恥ずかしいって仰ってましたね。

 

荒「あと、くしゃみとかあくびとか、声だけで表現してって言われて、初めこうやってたら(口だけ大きく開ける子)全然音出てないよ〜って。笑」

(かわいすぎた)

 

 

■ファンファンファンツアー前半戦

 

ブルーベリー狩りの時に途中で雨が降っちゃって、濡れながらやったそうです。

それがまた風流だなって仰ってました♪

あとはファンミーティングをしたりとかお部屋周りをしたりとか〜楽しかったですね、と。

 

 

<8月>

 

■ファンファンファンツアー後半戦

 

後半戦はボーリング大会。

助っ人として各レーンに一回だけお邪魔するスタイル。

カードを3枚用意して、そこから引いてもらって投げたそうです。

「2回投げる」とか「左手で投げる」とかあったらしい。

全部で40回以上投げたって仰ってたかな?

 

荒「Twitterにあげてた俺の綺麗なフォーム、見た?(うきうき)」

里「見ました!すごく綺麗でしたね!(いい子)」

荒「あれ、止まって撮ってたんだよね」

里「…え?……だまされた!!!(くわっ)」

 

綺麗なフォームを一回収めておこうと思って、止まって撮ったそうです。笑

荒牧氏のアベレージは120くらい。

調子がいいと180いくけど、悪いと80くらいらしい。

里「すっごい平均ですね」

荒「ボーリング場にプロボウラーさんがいて、『ううん…投げ込んでますね☆』って言われて『うそでしょ?』って思いました。『ハテナ?』って。笑」

 

とりあえずあらゆる競技、形が美しくないとイヤだからフォームから入る荒牧氏。

性格めっちゃ出てる。笑

 

 

■おしゃべや

 

荒「もう聞いてくださいましたか?」

客「うんうん」

(ほっこり♡)

 

松田凌くんはKステで共演して仲良しなので、話が盛り上がっちゃって脱線しまくりだったそうです。

でもおしゃべやのスタッフさんも全然いいよって言ってくださっていて、そこから派生して企画とかできたらいいねって話しているらしい。

コンテンツとしては模索中なので、4ペアがそれぞれ別の方向性に向かっていくんじゃないかな?と仰っておられました。

長寿番組になって欲しいですね〜♡

 

 

【心理テスト】

 

まっきーの本性をさらけ出すコーナー☆

りおくんがお題を出す⇒荒牧氏が答える⇒お客様はまっきーの本性を楽しむ、の役回り。笑

 

お題出すときに「ででん♪」っていう音響が入るのですが、それに合わせてりおくんが手を上にあげてて鳴らしてる風してて、可愛かったです♡

 

 

■あなたが走っていると隣に一台の車が。(よちよちその場で足踏みして進むまっきー)

里「あ、車で走ってます」

(痛恨のミス。笑)

 

■あなたが車で走っていると隣に一台の車が現れました。この車にあなたはどんな反応をする?

 

車をぶーーんと運転する荒牧氏。

すると隣に「ぶぅおーーーん!ぎゅおーん!!」りおcarが!!

 

荒「やってるねぇ!いいねぇ!かっこいいねぇ!」

 

⇒ライバルに対する付き合い方

 

えぇ〜⁉言ってました。笑

 

 

■朝から並んでやっと買えた究極のケーキ。買えた瞬間、あなたは何と言う?

 

荒「やった!」

里「…もっと具体的に!」

荒「これが究極のケーキかっ!?」

里「…ファイナルアンサー?」

荒「はい」

 

⇒好きな人から告白された時の言葉

 

里「いろいろ、やばい人ですね。笑」

荒「そりゃ『究極のケーキか』って言うよね?」

里「『やっと手にはいった』とか。『ずっと待ちわびていた』とか」

荒「でも究極のケーキでしょ?」

(折れない子。笑)

 

 

■魔法を使って足を速くしました。100m何秒?

 

荒「あまり速すぎても止まれなさそうだから4秒」

里「現実的な数字で…」

荒「魔法使ってると疑われない数字で」

(性格、超出てるけど4秒だよ?100mだよ?笑)

 

⇒ひとめぼれする時にかかる時間

 

それ一目じゃなくてけっこう凝視してない?と荒牧氏。

試しにやってみることに。

 

女の子役、りおくん。

すれ違って、1・・・2・・・3・・・4・・・

(めっちゃ見てる!下からなめるように見てる!)

荒「あぁ!好きぃ!!!」

(自分の胸をきゅってする子)

 

爆笑!

 

里「けっこうロックオンしてますね〜笑

4秒見るとひとめぼれしちゃうんで、4秒見ないようにしてください」

(ひとめぼれを阻止するりおくん。なぜ?笑)

 

 

■目の前に見たことも使い方もわからない電話機があります。どうしますか?

 

まず見たこともないのに、電話機ってわかるんだ?ってポイントにやたら食いついてました。。

りおくんを困らせないで〜笑

 

荒「とりあえず触ってみる。使い方がわかるまで」

里「壊れちゃったかもしれないときは?」

荒「どうしよう…電話する?修理屋さんに故障しちゃったんですけどって」

 

⇒目の前に変態が現れた時のあなたの反応

 

荒「やっば!!」

 

 

■道を歩いていると3種類の動物と出会いました。出会った順に答えてください

 

荒「犬・・・猫・・・子パンダ」

 

⇒1番目、なりたい自分。2番目、周りから見た自分。3番目、本当の自分。

 

 

荒「俺は子パンダだぞ!」

里「かわいーーーー♡♡♡」

 

 

【サイコロトーク】

 

お馴染みのやつですね。ミュージック!スタート☆

 

■エチュード「理想の夏祭りデート」

 

彼女役がりおくん。

りおくんの仕草完璧☆内股完璧☆

誰かと待ち合わせっぽい彼女。

それをすごい下からじっくりじーっくり4秒見るまっきー。

荒「ひとめぼれしました!」

(まじか!?)

 

荒「たまたま浴衣着てきたので一緒に夏祭りでもいきませんか?」

里「はい!ぜひ♡」

腕組んでルンルン歩くお二人〜♪

 

荒「ちょっと車だそっか?ぶーーーん」

 

ぶぶーーーん!と、隣に別の車がっ!!!りおCarが!!

荒「やってるねぇ!いいねぇ!かっこいいねぇ!」

ききーっ☆

里「今の人だれ〜?」

荒「よくわからないけど、褒めておいた☆からまれたらめんどうじゃん☆」

(りおくん、さすがすぎる!!!)

 

荒「あれ?この音、花火じゃない?」

ひゅーーー・・・・ドンっ!・・・パラパラパラ…

(お二人の共作花火音。笑)

 

荒「君と夏の終わり♪将来の夢♪大きな希望忘れない♪」

里「なにこの音?」

荒「10年後の8月また出会えると信じて〜♪ 結婚しよう」

里「はい♡」

 

ふーーーーーーーー♡

理想の夏祭りデートでひとめぼれからプロポーズまでいきましたね。

まさか車だしてライバルがくるとは。笑

 

 

■ジェスチャーゲーム

 

りおくんが考えたお題をまっきーがやる段取り。

 

あの〜、トキさんのイベントに過去何回か参加させていただいたんですけど、個人的に東京と大阪はけっこう雰囲気違うな〜と感じてます。

東京はね、静か〜に話を聞くスタンスかなと。

そして「ふふふ♡ははは♡」って上品に笑う。

礼儀正しくじんわ〜と温かい包まれる空間なイメージです。

大阪はどっかん笑ってカッと熱が上がるイメージ。

 

でもね、東京もクイズとか質問コーナーだとすぐに声があがるんですよねぇ。もじもじ譲り合ったりしない。

あれ本当にすごい!!しかも当たるっていう!!

 

最初から声あげる勇気のないわたしは、完全に見守り隊なのですが、いつかあと10年くらい経って度胸がついたら答えたいなぁ…。

(学生時代から、授業中は背景と化す生徒だったのでいまさら無理だろう)

 

 

◇しゃがんで何か拭き出すまっきー。

シャワーで流してる?

 

客「車の洗車」

 

あ〜ってお顔をしかめるまっきー。

そのまま運転・・・?

 

客「車」

 

里「正解です!車です!なんで最初洗ったんですか!?」

(ごもっとも)

 

 

◇手に持ったものを袖で拭きふきしてがぶっ!

 

客「りんご」

里「正解!」

 

これは上手!!

 

 

◇きーーん

 

客「飛行機」

 

なんでわかるの!?と困惑するりおくん。

今までジェスチャーゲーム何度かやってるので以心伝心できているんですよ!と自慢げなまっきー。

 

 

◇上を見ながらゆっくり左に回転・・・?

 

客「ひまわり」

 

「すげー!!!なんでわかったん!?」と大興奮のお二人!

 

客「日のほうむいてるから」

 

これ秒速回答でしたよ!

ちょうすごい!まっきーファンすごい!!!

全然わからんかった!

拍手喝采!!!

 

 

◇目の前にドアをおいて、がちゃ。

 

客「ドラえもん」

 

あーって顔しながらドアを開けて通るまっきー。

 

客「どこでもドア」

 

里「惜しいけど違います!」

 

何度も開けて通ってを繰り返しながら頭を傾げるまっきー。

 

客「故障したどこでもドア」

 

すげーーーーーーー!!!!

大拍手!!!

 

りおくんもやってみて〜っとまっきー。

なぜか耳打ちにドキドキするりおくん。笑

 

 

◇いいステップで中央にいって、足を開いて上半身前のめりで可愛い顔でマイクを持つりおくん

 

客「翔太くん」

 

これはわたしもわかった!!

ちょう似てた!!

 

どこまで当たるか挑戦したくなってきたお二人。笑

 

 

◇寝っ転がるりおくん。

はっと気づいて上から落ちて来たものをキャッチ。それを持って立ち上がりーの上を下を見る・・・

 

客「ニュートン」

 

うん、これも分かった!

りおくん、うまい!!!

 

みんな何がわからないの?と不思議がる二人。

お二人がうまいんだよー☆

 

 

◇ステージを左右に歩きながら大きな口で必死に訴えるりおくん。

 

客「良馬くん」

 

正解〜。

まっきーファンはすごいということが再認識された日☆

 


【質問コーナー】

 

事前に募集した参加者様からのご質問に答えてくださいました。

 

■サーティワンのアイスで好きなフレーバーは?

 

サーティワン全然食べたことない荒牧氏。

荒「食べるとしたらバニラかチョコかな。それかハーゲンダッツのクッキー&クリーム」

里「もはやサーティワンじゃないですね」

 

ポッピングシャワーがりおくんのおすすめ。

積んであるの食べにくくない?どっから食べるの?上ペロペロするうちに下溶けちゃわない?忙しくない?と質問攻めのお兄さん♡

 

 

■合コンでモテる「さしすせそ」知ってますか?まっきーが言われて嬉しい「さしすせそ」は?

 

合コンの「さしすせそ」とは。

さすがー

知らなかった

すごーい

センスがいいね

そうなんだ

 

荒「相槌売ってるだけじゃん!」

 

「唯一褒めてるっぽいのは『センスがいいね』かな〜」と言いつつ、しばしこの5つで会話するわんこたち☆

 

 

■まっきーさん、こんにちは。

祥平くんのブログで、まっきーさんの家に遊びに行ってゲームをしたとありました。

どんな風に過ごされたのか、お話してくださると嬉しいです。

 

(よ、よ、読まれたーー!!!!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

はい、わたくしの書いたやつでした。初めて読まれました。本当に届いてるんだ・・・

りおくんありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!)

 

空き時間で、たまたま家が近かったから時間をつぶしたらしいです。

ミニファミコンでどすこい相撲をやったそうで。

荒「AとBしか押さないやつ。うしっ!うしっ!うしっ!うわ、やられたーとか。それに飽きたらマリオやってましたね。祥平絶対死ぬんですよ。俺がステージクリアしても祥平が次で絶対死ぬ」

でも1時間くらいしかウチにいなかったらしいです。

 

(実はもう1つ質問書いてまして、話かけるタイミングを今か今かと計ってくださっていたりおくん。ありがとうございますーー泣)

 

里「ちなみに、誰か他の俳優仲間の家に行ったことはありますか?よかったら教えてください

 

(やった!聞いてくださった!)

 

荒「けっこうあるよ。翔太くん、凌の家は入ったことがあって、まさときたむーんちは荷物置きに行くので手前まで行ったりとか」

里「手前まで行ってやめるの多いですね」

荒「荷物を置くだけなのにわざわざ入らなくない?図々しくない?」

里「まっきーさんなりの遠慮ということですね」

 

ちなみに、荒牧邸に泊まったことがあるのは社長だけらしいです。笑

翔さんと社長が来てくださって、翔さん帰ったけど、社長は布団で寝ていったらしい。

里「本当に仲良しな事務所ですね」

 

 

■ビールは美味しく飲めるようになりましたか?

 

変わらず、最初の一杯は苦行らしいです。

いっこうに美味しく感じられない、と。笑

りおくんは好きみたいですね〜。

 

ごくまれにすごい稽古でがんばった後にみんなで飲みにいって、ひと口目がうまっ!って思ったことはあるけど、2口目で苦ってなっちゃうみたいです。笑

 

 

■トキのメンバーに誕生日プレゼントを選ぶとしたらどんなものを選びますか?

 

荒「これ金額差でるな〜笑」

 

翔さんにはすごくお世話になっているから、お酒。一人飲みするかわからないけど。

でも翔さんの好きなものあげたい。

 

翔太くんにはまっきーのマッキー。こんなのあるよ〜って。

(翔さんとの落差。笑)

 

良馬くんには馬のかぶりものを3種類。

 

誠治郎さんは音楽やってるから、音楽系ではなく、何も知らないジャンルのもの。

服とかサンダル?

 

玉ちゃんは美容グッズ?綺麗だから。

 

根本さんはオトナのカッコいい男性だから〜と悩んだ後でごはんに一緒に行くかな、とのこと。今日はお祝いなのでごちそうさせてください、と。

 

まだだれかいたかな〜?とめっちゃ待ってる可愛いりおくん。

 

社長には、みんなで映ったブロマイドに寄せ書きサインをして、あげる。

それが喜ぶんじゃないかな?と。

 

まだだれかいたかな〜?待ってる待ってるよ!笑

 

荒「りおくんになら、体操着あげる♡」

里「テニミュのイメージなんですね!?」

荒「初心を忘れず。笑」

 

 

■今後の人生設計を教えてください

 

とりあえず今の立ち位置から、より上を目指していきたいとのこと。

より注目されうる人物になって、そこからがまたポイントだと思っているので、今のところポイントポイントを作って、そこを目指していっている、とのことです。

 

 

■食生活で気を付けていることは?

 

野菜を摂ること。

野菜が足りなかったら一人鍋する、鍋には絶対野菜と鶏肉とかタンパク質いれるそうです。

最近はお母さんの鍋の味に近づけるようになってきたと嬉しそうでした♪

 

里「太りやすいとかありますか?」

荒「体重変化しないんだよね、髪切ったら痩せたって言われるけど。顔ちっちゃくなったね、とか。髪切るたびに顔ちっちゃくなったら今頃こんなだぞ!と思ってるんだけど」

(親指と人差し指でこんな大きさ〜って〇をつくってました。笑)

 

 

【今後のお仕事】

 

9月があんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ。

稽古はまだ祥平くんが舞台やっているので、スケジュール的にそんなに揃ってはしていないそうです。

ただ、顔合わせの後に本読みしたとき、好感触だったそうで、「凛月は大丈夫!すごい凛月!」って言ってもらえた〜とすごい嬉しそうでした^ ^

 

里「ここは大事にしたいっていうポイントはありますか?」

荒「Knightsはファンサが多いユニットなんで、そこは大事にしたいねって言ってます。演出の方と相談しながらですけど、客席に降りていろいろできたらいいねって」

 

りおくんは夢100で歌とダンスやったけどすごく難しかったらしいです。

本当に最後まで練習してたんだそうな。真面目…!

荒牧氏いわく、やっぱり振付師さんと歌唱指導の先生は別なので、「この振りしながらこの発声きついな」って思った時とか、「この振りはすごくいいので振りを生かしつつ発声する方法ないですかね?」とかは相談しにいくそうです。

 

コミュニケーションとって作っていくんですね〜。

 

 

10月は舞台K。

座長として4年目のK。

3年間夜刀神狗朗として伊佐那社のそばにずっといて、携わってきた作品を背負わせていただくということで、気合いとプレッシャーを感じながら頑張らせていただこうと思っているそうです。

 

Kの世界観を一番わかっていると自負しているので、次は背負う番だということで、もっとたくさんの方にKを知ってもらいたいと仰ってました。

 

今までキャスト変更もけっこうあった中で初演からやらせてもらっているので、色々な人の想いを知っているから、共にKを作り上げてきたみんなの絆を次にどう生かそうか?どうやって次につなげようか?考えていらっしゃると。

皆さんの応援の力のおかげでがんばれます!と言い切ってくださいました。

 

 

12月は舞台 刀剣乱舞。

虚伝と義伝の次、ジョ伝。

三日月宗近が顕現する前の物語。

三日月から導かれて近侍としてやっていこうと思っているところで、また振り出しに戻る難しさがあるとお話されてました。

三日月から近侍を受け継いだように、拡樹くんから座長を引き継いでしっかり背負うことができるようにがんばっていかないとなと思ってます、と。

今まで関わってきたシリーズ化されている舞台で座長をやるってことがどれだけ嬉しいか身に沁みているからね、としみじみ仰ってました。

 

 

この後、今年も残り少ないね〜というお話に。

もうオリンピックだね〜と、観に行きたいね〜って♪

荒牧氏と翔太くんの夢は、オリンピックでコメンテーターになることだそうな。笑

 

荒「さぁやってまいりましたね、高崎翔太さん。本日は高崎翔太と荒牧慶彦でお送りいたします。

飛んだーーーーーーー!!!!!

日本金メダルーーーー!!!!!」

里「技の名前とかじゃないんですね。飛んだー!って。笑」

荒「どうですか?高崎選手」

 

高崎選手じゃないや!と照れ笑いの荒牧コメンテーター。

憧れてるらしいです。笑

 

 

【ご挨拶】

 

『本日はお越しいただきありがとうございました。

以前バスツアーとイベントやるならどっちがいい?と事務所の許可をいただいてアンケートさせていただきましたが、その時にどっちもやってほしいという意見が多くて、事務所に嘆願して両方を開催できることとなりました。

それも参加してくださる皆さまのおかげなので、すごく感謝していますし、そこで皆さまからいただいた力を今後の仕事に生かして、より俳優力を高めて、またこういうイベントでお返しできたらと思っていますので、よろしくお願いいたします。』

 

というようなご挨拶でした。

「本当に楽しかったです!ありがとうございました!」と最後まで言いながら、お手を振りながらのご退場でした。

ちゃんと伝わってますよ。

いつも本当に本当にありがとうございます。

 

 

りおくんもね、初めてのMCだったけどまっきーさんにいろいろ優しく助言していただいた、とおっしゃってました。

本当に事務所の先輩方は色々なことを優しく後輩に教えてくださる方ばかりなので、僕もこれからもっともっとがんばります、と。

今後ともトキエンタテインメントをよろしくお願いいたします、と言って最後に本当に見惚れるほど美しいお辞儀をしてご退場されました。

あのお辞儀は時が止まるほど美しかったです。

 

 

りおくんは、イベント中に初めてのMCですごく緊張しているっておっしゃってまして。

それを荒牧氏が和ませようとされていたように見えました。

 

荒「すごいMCっぽくないですか?いつもね、翔さんとか翔太くんとかいい意味でふざけながらMCしてくれるから、ちゃんとMCをしてくれるっていうのがすごく新鮮ですよね!」

里「途中からちょっとずつふざけていきますので」

的なやりとりされてたなぁ♡

 

荒牧氏はMCって面白い!と思ってるそうで。

イケヴァンのWEB生ラジオで初対面の方とMCをやらせてもらえてすごいおもしろかったとのこと。

事務所からは「この仕事大変だけどどうする?」って相談はしてもらったけど、経験にもなるし、こういうことで自分に生きてくるんだったらぜひやりたいです、とありがたくお受けしたそうです。

めっちゃ緊張したけどって言ってましたけどね〜。

新しいことってすごく勇気がいるし、責任が伴う大役だったらなおさら怖いと思うんです。

でもそれに負けずに挑戦するお二人は、本当にすごいなって思いました。

 

あと、「空調大丈夫?暑い?寒い?すぐ言ってくださいね」って気を遣ってくださっていて、このお二人は思いやりに溢れているなって改めて感心しました。

りおくんも緊張しているって言いながら、ちゃんとお客様に気を配っていてすごいですねぇ。尊敬。

 

 

【チェキ撮影】

 

いつも通りのチェキでした!

ステージにパーテーションがたてられて、その前に荷物置きの机が並べられて、前方席から誘導され、荷物をおいてからステージ上に上がり、荒牧氏と椅子に座って撮影していただける流れです。

いつも通りなら最後の方は約二時間待ち…かな?

わたしは前のほうだったので、終了が何時かは正確にわかってないのですが、恐らく。いつも通りならそれくらいかと。

 

二部だったので、遠方の方で交通チケットにて早く会場を出なければならないことが証明できる人優先でした。

ありがたいシステム。

 

今回のチェキはですね、順番が来るまで早かったので心の準備が追い付かず、いつにも増してあっという間に終わりました。

ほぼ記憶なしです。。。

前日から緊張で吐きそうだったので、早々に終わってよかったけれども。

でもちゃんと日頃の御礼と「これからもずっと応援しています」は伝えられたので、悔いはないです(`・∀・´)

 

皆さまがキュンキュンするチェキレポをたくさんあげてくださっているので、ご興味がある方はTwitterを探してみるといいかもです☆

心臓が強い方向けですけれども。笑

 

 

以上、今回の夏の思い出でした。

とんでもない果てしなき長文でしたが、最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

長くてすみません。

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

短いですが、本編上映後の登壇者トークでございます。

(一部・二部のレポはこちら

 

がっっっつりネタバレありますので、公開を楽しみにしている方は、他カテゴリーへワープしてくださいませ〜

本日のあらまきゴト 今月のあらまきゴト 今年のあらまきゴト 舞台レポ 映画レポ ドラマ感想 イベントレポ 雑誌感想 出演作 荒牧慶彦さんってどんな人?

 

 

荒牧氏コメント部分のふわっとした記憶ですが、よろしければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■映画『お江戸のキャンディー2』ロワゾー・ドゥ・パラディ篇公開直前スペシャル 『お江戸のキャンディー』お勉強会

三部『お江戸のキャンディー2』上映

■日時:2017年5月20日(土)
■会場:星陵会館
■登壇:荒牧慶彦/遊馬晃祐/呂敏/中村嘉惟人/橋本全一

■MC:岡田地平
■三部 17:15開場 18:00開演

 

 

【登壇者トーク】

 

すでに本編見てたのは荒牧氏だけだったのかな?

キャストさんから初見の興奮冷めやらぬ感想が聴けて貴重でした!!

 

そして、しょっぱなから立ち位置間違えちゃった呂敏くんを正しい位置へ誘導してあげてました。笑

今回は染くんもともるくんもいないので、トコトンしっかりさんのポジションでしたよ〜☆

 

 

■印象に残っているシーンは?

 

呂敏くんを斬るシーン。

 

荒「最強キャラの佐助をいとも簡単に俺が斬ってしまうっていう。。。笑」

呂「佐助は最強なの!?最弱なの!?どっちなの!?」

 

佐助は背中に刀を刺してたので、とっさに抜けなかった説が。笑

その隙をついて脇腹をぶしゅっと斬ったところが印象に残ってるそうです。

 

メイキングにも映ってたけど、刀が長すぎて、人体の構造上抜けない仕様らしい。

あの腕の装備、使ってあげて…(;゚-゚)

 

呂「腕はなんにも使わなかったですね〜」

荒?岡?「拷問するときにも使わなかったですからね〜」

 

拷問は杖派の佐助さんでした☆

 

 

■祭りのシーンは実際のお祭り

 

実際に下北沢で行われてたお祭りにお邪魔して撮影したとのこと。

撮影のための祭りではなく、祭りがあるから撮影したと。

 

岡「お神輿はどうでした?」

荒「すごい重かったです…」

 

荒「後ろの方が「俺がお前の分まで持ってやるから、カメラに向かってカッコよくしてろ!」と男らしいことを言ってフォローしてくださったんですよ」

岡「最高ですね!」

荒「本当に粋な方でした!でも…実際にやるとその方が持ってくださっているので肩から浮いてるんですよ…。それがガツン!ガツン!ガツン!って肩に当たって、すごい痛かったです。タオル挟んでたのに青タンできました」

 

でもせっかくのご厚意を無碍に出来ず、笑顔で乗り切ったらしい。

いたたたた…(/ω\)

 

 

■橙の暗殺シーン

 

岡「呂敏くんが、僕の事務所の先輩の赤澤燈さんを暗殺してくれやがったシーンですね」

 

岡田さんの言い方…すごい好きになりました。笑

 

呂敏くん、息絶えるシーンは見てなかったそうで、血の量に驚いてました!

 

岡「けっこうな暗殺でしたよ、あれは」

荒「橙の生命力もすごいですよね。生きてるんかーい!?って」

 

た、たしかに!笑

さらにシナリオへのつっこみは続く。

 

岡「橙が走っていくシーンで、小泉今日子さんが「橙、足速っ」みたいなナレーション入るじゃないですか?でも着いたと思ったら、すぐ佐助くるって…

さっきまだ花魁道中してたじゃんって!」

 

すごいところに切り込んできたよ、岡田さん。笑

 

キャストさま方、たしかに!って大爆笑。

 

呂「違うんですよ!あれは、傘パーンやった瞬間に横の家入って先回りしたんですよ!」

 

凄まじい俊足で移動した佐助、やっぱりキミが最強だよ(`・ω・´)

 

 

 

■暗殺シーンの再現

 

みんなから愛される呂敏くん。

なぜか岡田さんから暗殺シーンを今ここで見せてほしいと無茶ぶりされるの巻。

 

他の4名様が目をつぶって、後ろを呂敏くんが歩きます。

お客様に暗殺してほしい人のところで拍手をしてもらって、対象者を決めるというルールが瞬間的に決まりました。笑

 

晴れて選出されたのは荒牧氏。

首かっ斬られたのですが、呂敏くんとわちゃわちゃするだけの、和みタイムでした♡

 

荒「俺だったら首斬るだけじゃなくもっと他の暗殺しますけどね〜」

 

あ、自らいっちゃうんですね、ありがとうございます!笑

選ばれたのは、遊馬くん!

 

荒「おまえに飲み物おごってやるよ!」

遊「まじっすか!?ありがとうございまーす!」

(飲み物お渡しマイム)

 

荒「ぐいっといっちゃってよ!」

(まさかの後輩にスルーパスというドS)

 

遊馬くん、ごくごくごく……ごふっ!!!

迫真の演技!!荒牧氏の足元にすがりつく遊馬くん…!!

(会場、大爆笑)

 

荒「はーはっはっは!バカめ!」

岡「すごくナチュラルな暗殺でしたね」

 

なんでも褒めてくれる岡田さん。

 

完。笑

 

 

【抽選会・終演・お見送り】

 

三部も抽選会がありまして、サイン入り台本がプレゼントされてました!

 

その後、お一人ひと言ずついただいて終了〜。

 

最後は江戸キャンお馴染みハイタッチお見送りで締めでございました。

安定の記憶喪失ですがね。

キャストさんたちの笑顔が素敵だった気がします。たぶん。

 

荒牧氏はいつも通り、ハイタッチしてひとりひとりと会話して笑顔を見せて手を振るという四拍子でしたよ。たぶん。

あの短い限られた時間でね、ハイタッチだけでは終わらないというね。

すごいね〜

 

とりあえず幸せな一日でした♡

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

お邪魔してまいりました。

今回のレポは、薄口醤油くらいのあっさり感で失礼します。

荒牧氏の動向に絞って簡単にまとめただけ〜。

 

どうぞ雰囲気でご覧くださいませ。

 

 

 

■映画『お江戸のキャンディー2』ロワゾー・ドゥ・パラディ篇公開直前スペシャル 『お江戸のキャンディー』お勉強会

一部『お江戸のキャンディー』上映

■日時:2017年5月20日(土)
■会場:星陵会館
■登壇:荒牧慶彦/遊馬晃祐/呂敏/中村嘉惟人/橋本全一/真山明大/高橋ひろ無

■MC:岡田地平
■一部 11:15開場 12:00開演

 

 

【開演&上映】

 

お馴染み!「地球を平和に」「地面を平らに」MC岡田地平さんがご登場!

今回も安心の岡田さんMCでした〜

好き♡

 

さっそく一部は、江戸キャン1の上映〜♪

 

お客様が入っていたのは一階席だけだったのですが、

わたくしの席が、サイド席でして、二階がよく見えたのです。

 

上映が始まってちょっとすると、二階のドアが開いて黒い影がゾロゾロと…

おぉ!なんかメガネ光ってる人がいる!

座り方の角度とか荒牧氏っぽいな〜とシルエットで推測していたのですが、当たりました(`・∀・´)

(ちょっと嬉しかった)

 

キャストの皆さまも一緒に二階席で観覧されておりました〜。

荒牧氏のお隣は遊馬くんでしたよ☆

 

 

【登壇者トーク】

 

上映終わり、岡田さんに紹介されて、キャストさんたちが登壇されました!

荒牧氏は真ん中でした☆

やったぜ!!

 

でもそんなにニコニコ笑顔ではなかったかな〜

この日は終始しっかりさんポジションで、キャッキャッする立ち位置は後輩たちに譲ってました(。・_・。)

1の先輩方もいらっしゃるので中間ポジションで岡田さんのサポートをされてましたよ。

出来た御方だ。

 

今回も黒の衣装だったのですが、パンツは自前…かなぁ?

トップスは衣装だと思いますが、パンツは各々黒の色合いが微妙に違ってたので、もしかしたら自前かもです。

 

一部は、江戸キャン1のメインキャストと、2のメインキャスト入り乱れておしゃれ座談会でした。

 

椅子に座っての形式。

座るときにね、「失礼します」って言ってて、さすがだなと。

しかし荒牧氏のメガネ光るな〜…( ・△・)

 

 

トークは最初、1の撮影時のエピソードを真山さん、高橋さん、橋本さんに伺いました。

4日間しかなくて大変ハードスケジュールだったそうですw(゚o゚*)w

あとやっぱり森のシーンは虫がブンブンしてたらしい。。。

 

 

■1と2のキャストで面識はあるの?

 

荒「高橋さんはメイキング回してくださってたので、たくさんお話させていただきましたけど、真山さんと・・・は」

(橋本さんだよ!まっきー!橋本全一さんだよ!!)

 

橋本さんの名前が出てこなかったまっきー。会場、クスクス笑い。

真山さんと橋本さんとは、ほぼからみなかったそうです〜

 

 

■1のキャストさんへのご質問はある?

 

荒「以前の上映会で、2での衣装がかなり高価だったと伺ったのですが、1でも高価な衣装ありましたか?」

 

橋本さんが1でつけてたダイヤの腕時計は何千万だったみたいだよ〜という驚き話をしていた時、天の声が…っ!!笑

監督「五千万!」

 

他にもお医者様役の方が高価な腕時計をされていたそうなのですが、そちらは…

監督「六千万!」

荒「オークションみたいになってる。笑」

 

 

■遊馬くんは1を見てどうでした?

 

突然振られた遊馬くん。

遊「すごい世界観だな〜と。男同士の恋愛も普段考えることがなかったので引き込まれましたし…

どうですか?」

 

困って隣のまっきー先輩に助けを求める後輩くん。

すごい勢いで首ぐるん!って荒牧氏に向けてました。笑

 

荒「いやいや、ここで男同士!?俺は無理だな!」

逆に困惑の先輩。めっちゃ笑ってました(*´ェ`*)

バッサー!ぶったぎってたけど。

今日は塩まっきー。

 

 

■男同士の接吻ってどうでした?

 

呂敏さんから、1でカップルだった真山さんと高橋さんへのご質問。

雑な振られ方に口ごもるお二人。。

荒「その時はきっと撮影に夢中だったんでしょうしね」

(フォロー上手な子がいた)

 

高橋さんは、お風呂場で真山さんに遭遇するとちょっと気まずかったらしいです。笑

 

荒「想像したくないですけど」

今日はトコトン塩ですね。

そんなとこも好き☆

 

接吻は全然嫌じゃなかったらしいです。

真山さん的には、むしろ女性より良かったと。

ほほぅ、勉強になります。

 

 

■2の出演が決まった時はどう思った?

 

荒牧氏は、2の出演が決まった時に1を見せてもらったけど1度じゃ内容を理解するのが難しくて何度か見て落とし込みしたそうです。

2も台本だけだと1度では難しく、何度も見たとおっしゃってました。

(真面目っ!本当に真面目っ!)

 

 

■花魁道中の稽古はどのくらい?

 

2では稽古の日を1日設けて、それ以外でも染くんは夜な夜な公園で自主練するくらい難しかったそうです。

荒牧氏は事前に映像いただいて勉強してったそうですよ。

 

まだ花魁道中の映像を見ていない遊馬くん。

荒「どんなイメージなの?」

遊「そうですね〜言葉にならないです!」

 

 

まっきー先輩の無茶ぶりで遊馬くんがイメージする花魁道中を実演してくださったのですが…

荒「だいたいあってる!」

お褒めの言葉を賜ってました。笑

 

荒牧氏は、確実にトキの兄さんたちの血を受け継いでますね。

 

 

【抽選会・終演】

 

キャストさんが、席番号の紙を引いての抽選会。

当選が5名様なもので、キャストさんたちの紙を引く担当譲りあいがすごい…笑

遠慮がちメンバーの集い。

 

5名様にキャストさんからの囲まれチェキが当たりました〜

すごいね!豪華だね!

 

 

抽選会後、お一人ずつ挨拶されて終了でした〜☆

 

続いて、二部のレポでございます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

■映画『お江戸のキャンディー2』ロワゾー・ドゥ・パラディ篇公開直前スペシャル 『お江戸のキャンディー』お勉強会

二部『お江戸のキャンディー2』メイキング映像上映

■日時:2017年5月20日(土)
■会場:星陵会館
■登壇:荒牧慶彦/遊馬晃祐/呂敏/中村嘉惟人/橋本全一/時人

■MC:岡田地平
■二部 14:30開場 15:00開演

 

 

【開演&上映】

 

下北沢篇のメイキング映像を流していただきました〜☆

二部も一部同様、キャストの皆さまは二階席でご覧になられておりました。

 

時々、遊馬くんとこしょこしょお話されてましたよ〜。

 

↓↓

 

※すでにキャストさんや監督のツイートでご存じの方もおられるかと思いますので、レポに載せてもいいかなぁと思うのですが、もし怒られたらここから先は削除します。

 

↓↓

 

メイキング映像が20分ほど流れたところで、突如画面が停止しまして…

岡田さんが出てらっしゃいました。

 

岡「アクシデントでーす!!!!」

あまりに溌剌とした見事な発声でのアクシデント報告で、場内爆笑!なぜか拍手喝采!

 

どうやら、今流したのがイベント用ではなく、間違えて発売用を流しちゃったらしくてね。

今イベント用のデータが届いて流せるとのこと。

 

岡田さんがMCとして、「申し訳ございませんでした」とお詫びしてくださったんですが…

ここでね!

二階席のキャストさんたちが岡田さんに絶妙な合いの手の拍手を贈ってくださったんですよ!

それも真っ先に拍手したのが、我らが荒牧氏でございました。

 

もうね、惚れるよね。

素晴らしい気遣い!ナイスフォロー☆

きっと彼は会社員でも出世したことでしょう。

岡田さんも「殿上人から拍手が〜」って言って、ホッとしてました。

 

この後にね、イベント用の映像を改めて流そうとしたのですが、結局接続が出来なくて、映像が映らなかったのです。

この間、岡田さんが軽妙なトークで場をつないでくださってまして…終始会場は暖かな笑いに包まれておりました。

間違いなくこの日のMVPは岡田さんだったと思う!

本当に彼に3倍のギャラを払ってあげてほしい。

キャストさんたちも二階から手を振ったりしてくれてましたよ〜♪

 

この流す予定だった映像は、なんと江戸キャン2のDVD発売時に入れられることになるそうです。

やったね(*´∇`*)

 

このままトークに雪崩れ込むことになりました〜!

 

 

【登壇者トーク】

 

岡「まず、このアクシデントはどうでしたでしょうかー?」

荒「そうですね、二階から大変楽しく見させていただきました〜。イベントといったらハプニングがつきものですからね(`・∀・´)」

 

ピンチを笑いに変える出来た男たちがいた…!

 

 

■下北沢とお江戸の演じ分けはした?

 

荒牧氏演じる猛は、お江戸に行ったら声が出ない設定だったので、下北沢と同じ感情を持ちつつ身振り手振りで伝えることに気を付けて演じたそうです。

 

 

■呂敏くん、殺陣はどうだった?

 

左腕がアーマーウォーマーになってた呂敏くん。

銃とか大砲とかついてたのに、それを一切使わなかったお話。笑

 

荒「あれ見たら左腕がすごい武器みたいなのに!」

呂「サイボーグみたいなのに、それは使わず背中から刀を抜くっていう…」

 

あの左腕は動くたびにネジが取れたりするので、なるべく動かさないように気を付けてたそうです。笑

 

 

■監督からダメ出しされた?

 

さ行が弱いと言われた遊馬くん。

 

荒「さしすせそ言ってみて」

遊「よゆーですよ!さーしーすーせーそ」

荒「もっと早く!」

遊「さしすせそ!」

荒「もっと!」

遊「さっ…!!(噛んだ)」

 

S牧さん出ました。笑

さらに、映像トラブルの時にちょっと出ちゃった〇×クイズのお題「遊馬くんの得意なモノマネはふなっしーとジャイアンである」をいじりだした先輩。

 

荒「ジャイアンのモノマネやって」

遊「すごいですね、荒牧さーん」

 

といいつつやってくれました、ジャイアン。

これがめっちゃ似てた!お上手〜!

 

荒「あ〜それなりに似てる」

先輩…っ!コメントが辛口すぎる!笑

 

岡「じゃあせっかくなんで、ふなっしーも」

 

テンションぶちあげてやる宣言の遊馬くん。

全力のふなっしー!いや、こっちもすっごい似てる!上手い!!すごい!!!

これには荒牧先輩も「似てる〜そっくり」言ってお喜びでした。

よかったよかった。

 

荒「でもなんで今、上半身で〇を描いたの?」

身体全体を使った渾身のモノマネで、Choo Choo TRAIN的な動きになっちゃった可愛い遊馬くんでした(*´ェ`*)

 

 

■日光撮影の合間に卓球やってたって聞いたけど?

 

荒牧氏と呂敏くんが1対1でずーーーっとやってたそうです。

 

呂敏くん曰く、荒牧氏が卓球ものすごく強いと!俳優業界No.1くらいの勢いで豪語していたそうで。笑

2〜3時間くらいやり続けたそうです。

結果!なんと!

呂敏くんが15戦中14勝!!

(え?俳優業界No.1どうした!?笑)

 

荒「対戦相手には自分を強く見せないといけないですから!」

岡「これから戦うぞと!」

荒「いざ戦ってみたらボコボコにされたっていう。笑」

 

まっきーの負けず嫌いっぷり、大いに発揮したそうです。

勝てるまで帰さない男!

 

呂「負けるたびに、ちょっと待ってもう一回!もう一回!って言って…それで、最後に俺負けました」

岡「それはもう呆れかえってでしょ?」

呂「ちょっと部屋戻りたかったですね〜」

 

 

荒「しかも呂敏くん、最初卓球苦手だって言ってたんですよ!」

岡「でた!そのタイプ?全然勉強してませんよタイプね」

荒「それで俺勝ったわ!って思ってたのに、すごい強かった」

 

戦い前に心理戦は始まってたのね☆

 

 

【〇×クイズ】

 

正解者には、荒牧氏と遊馬くんの劇中衣装プレゼントでした。

Tシャツとお祭り衣装とハチマキ。

いっぱい荒牧氏の汗が浸み込んだハチマキは洗ってないそうです。

事務所承諾済。

さすがトキ!エンタテインメント!!笑

 

でも、半年前の夏に使用したハチマキですよ?

半年たっても異常をきたさない汗って、もう人体の神秘だね。

まっきーの汗は特殊加工。

 

では、即興クーイズ!スタート!!

(抜粋ver.)

 

 

遊馬くんQ.

荒牧さんの今日のパンツの色はグレー

 

会場キャーーー♡

(パンツの色クイズ好きだな〜江戸キャンのキャスト。苦笑)

 

クイズを出す前に荒牧氏にこしょこしょ話かけておパンツチェックさせてもらってた遊馬くんでした。

 

岡「これはもう想像するしかないですね、一応他の皆さんにも見てもらってリアクションみましょうか?」

 

全員でまっきーおパンツを覗き込む不思議な時間。笑

 

正解⇒×

黒でした。

 

荒「みんなは何色を想像したんでしょうね?」

 

 

中村くんQ.

今日の呂敏さんの靴は自前である

 

後ろの方にも見えるようにロビンジャンプしてくださいました。

なかなかのハイジャンプ!やりおる。

白靴下にかわいいスニーカーでした〜♡

 

正解⇒〇

 

呂「僕だけ靴黒じゃないんですよね、みんな黒で来てるのに…」

皆さん自前で呂敏くん以外は黒で揃ってました。笑

 

 

あらまっきーQ.

俺が楽屋でお昼ご飯に食べたのはエビチリ弁当である

 

荒「ちなみに俺が好きなお弁当はハンバーグです」

肉食男子だもんね〜♪

でも辛いのも、エビも好きだよね。

これはけっこう悩んだ…!

 

正解⇒×

麻婆豆腐丼でした。

 

けっこう人数減って、岡田さんから褒められてました。

いい問題(*゚ー゚)ノ"

 

 

あらまっきーQ.

俺が今観に行こうと思っている映画は「ソードアート・オンライン」である

 

もはや荒牧クイズ…まっきーファンにしかわからないんじゃ(;゚-゚)

 

正解⇒〇

 

荒「美女と野獣も観たいんですけど、そろそろ終わりそうなんで観に行かなきゃなと」

やっぱり、アニメかディズニーかゲームかっ!

安定した好みになぜかホッとしたよ!ぶれないね〜(`・∀・´)

 

 

他にも数問ありまして、最後はじゃんけんで6名様が選出されました!

おめでとうございます!!

どうやってもらうアイテム決めるのかな〜?と思ってたら、その場でじゃんけんして勝った人から選ぶと…

え…それはちょっとアレでは…と思ってたら、

 

荒「残ったら嫌なんですけどー(´・ω・`)」

と、素か気遣いかわからぬツッコミを入れてくださいました!!

 

ま、結局進行台本通りみんなの前で選んでいく流れになっちゃったんですけどね。

一言でも声を発してくださったのが、なんかちゃんとした感覚持ってる方だな〜と思って嬉しかったのです。

 

 

【抽選会・終演】

 

二部の抽選会景品も囲まれチェキでした!

こんなイケメンたちに囲まれたら心臓止まるわ…当たった方がんばってくだされ!

((o・ェ・)o"ドキドキ

 

最後、お一人ひと言ずついただいて無事終わりました〜。

アクシデントをキャスト・スタッフさん・お客様みんなで乗り越えたという結束力を感じた良い回でした♪

 

⇒三部のレポはこちら

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

Vol.13はこちら / Vol.14はこちら / Vol.15はこちら

 

考え方は十人十色。

だからこそ人と関わることは刺激的で勉強になり、違うことが前提だからこそ共感できる部分を見つけると嬉しいのだと思います。

 

こんなことがあったよ、わたしはこう感じたよ、と伝えたい想いを綴りますが、同意出来なくてもいいのです。

感想は人それぞれでいいのです。

 

わたしは苺大福が大好きなので、その美味しさはいくらでも語りたいと思いますが、世の中にはあんこ苦手な人もいるでしょう。

生クリームはそんなに得意じゃないですが、ショートケーキ好きな人が語る苺の魅力も聞いてみたいです。

 

 

皆さまのお好みや意見はお持ちいただいたまま、純粋に「どんなイベントだったのか知りたい」という気持ちに応え、楽しんでいただけるレポートになっていれば幸いです。

 

ふんわり記憶なので雰囲気で。

どうぞ、ご賞味くださいませ。

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.16

「Toki Entertainment 〜Viva La Revolution〜 Vol.1」上映&生オーディオコメンタリー

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/富田翔/荒牧慶彦/中村誠治郎

■司会進行:社長
■18:30開場 19:00開演

 

 

 

真ん中のスクリーンを挟み、ステージ両端に椅子が並べられていて、映像見ながらあーだこーだ言う形式☆

 

 

▼始まり〜

Vol.1の映像が流れつつ、社長のMCで開幕〜♪

ちょうど皆さんのご挨拶シーンだったので、それぞれに合いの手入れてました。

翔さん、謎の言語で挨拶してたな〜。笑

 

Vol.1を見た方はどれくらいいますかー?というご質問には、3分の1くらいお手が上がってたのかな…?

半分はいなかった気がしますね〜。

わたしも参戦していないのでワクワク♪

 

 

▼ゲストご登場

社「一番ゆかりの深いこの方から!中村誠治郎!」

誠「ゆかりねーよ!」

 

社「懐かしいでしょ?」

誠「いや、この時まったく関係ないから!」

 

なんと!良馬くんのオレンジパーカー着てくれました!

会場きゃーーー♡♡

あちこちから、「可愛い」の声が聴こえる♡

 

社「ちょっと良馬のモノマネやってよ!」

誠「どうもーーー!!!馬場良馬です!!!!!!」

 

全力でやってくださる誠治郎さん…やさしすぎる(*´ェ`*)

 

 

つづいて、荒牧慶彦ー!高崎翔太ー!富田翔ー!(パチパチパチパチ…あれ?)

 

翔さんが黄色パーカー着てるよー!!?笑

赤は売り切れたらしいです。

ほぇ〜すごーい!

 

富「高崎翔太役、富田翔です。よろしくお願いいたします」

高「高崎翔太役、高崎翔太です。よろしくお願いいたします」

誠「馬場良馬の代役の中村誠治郎です。よろしくお願いいたします」

(代役じゃないよー笑)

 

 

▼オーディオコメンタリーなのでとりあえず見てみた

Vol.1は翔太くんのバースデーイベントだったので、スクリーンには前説をする翔さん・良馬くん・まっきーが。

 

まさかテイジンでやった後にZeppでやるとはね〜という思い出話に、誠治郎さん驚愕!

 

誠「まっきー若いね」

高「これいつ?」

富「2002年です」

荒「じゃあ若い!まだ12歳です。笑」

(小学6年生の時だった?笑)

 

 

▼疑惑

しばし、前説見つつしゃべっていただいてたのですが、もしかしたらつまらないんじゃ…?と不安になった模様の社長。笑

富「じゃあ、やめますか?」

(早い!早い!)

 

全体で2時間くらいの映像なので、パッパッとおもしろいシーンまで飛ばそうと一致団結する面々。

すごいスピードで早送りされる前説。笑

 

 

▼撮影シーン

パンフやブロマイドとかに使われたお写真の撮影シーン。

 

翔太くんがカラコンっ!

翔太くんがカラコンっ!!!!

端正なハーフ顔がさらに印象的に。

美形だな〜♡

 

高「一番とがってたときね」

 

まっきーは耳かけヘアスタイル。

兄たちにしっかりいじられてました♡

 

 

▼本番前の気合い入れ?

4人で「ステージ行こうぜ!おー!」的なやつをやってたのですが、掛け声をかけるまっきーに皆応えてくれない。笑

この時はまだトキじゃなかったんですよね〜、じゃあしょうがないね〜って言いながら見てました♪

 

まだ1年半前くらいなので、基本的にボケのスタンスは変わらない。笑

 

 

▼登場シーン

挨拶のボケも今とおんなじ。

和む〜♡

 

映像見てた社長がポロリと。

社「この頃だよね?まっきーが芸名にするか悩んでたの」

高「芸名にしたい!したい!病院で呼ばれるの恥ずかしい!とか言ってた」

(思い止まってくれて良かったよ)

 

お誕生日の翔太くんを3人で盛大に迎えておりました。

バースデーイベントっていいですよね、愛に溢れてるよね!!!

 

 

▼再び不安がよぎる

いつまでも見てられるよね〜とお家スタイルのくつろぎっぷりの登壇者たち。

(うんうん、見てられるよ〜)

 

でもちょいちょい我に返る。笑

富「え?見てるだけなのに3,000円とるの?」

社「お金返そうか?笑」

 

はたしてお客様は映像が見たいのか、話を聞きたいのか、いったん確認入れることに。

高「見たことある人ー?」(はーい)

富「半分いかないね。これって映像化されてるんですか?」

社「してない」

 

富「見たいっちゃみたいんだ。でも見たくないっちゃ見たくないんだ。どっちがいい?」

(いつも客席のリアクションを気にかけてくれる皆さまにじーん)

 

面白いところだけに絞って見せてくださる方向性にまとまりました♪

 

 

▼TAKASAちゃん

翔太くん脚本・演出の伝説の演目。

高「飛ばしましょう」

社「最初のTAKASAちゃんのクオリティひどかったよね!笑」

高「もう2度とやらないですからね!!」

ファン「えーーー!!??」

 

うるさい!って怒ってました。

翔太くん、最後まで見るの嫌がってたな〜。笑

 

気遣いスペシャリストの翔さんは、誠治郎さんのことも気にかけてました。

TAKASAちゃんがわからずキョトンな誠治郎さんに説明する御三方。

本当はまっきーに女装させてアランちゃんをやらせるつもりだったのに、誕生日の翔太くんが女装するはめになったと。

 

売れないアイドルのTAKASAちゃん(高崎翔太)と、そのファンのヲタク3人(富田翔・馬場良馬・荒牧慶彦)が繰り広げるハートフルコメディ。初回のTAKASAちゃんはメイクなし、ウィッグなしで、サイズの合わないムチムチなピンクのフリフリワンピースをお召しでした。3人はクオリティ高いヲタクファッション!

 

誠治郎さんが、TAKASAちゃんの美脚褒めてたな〜。

 

今日はバースデーLIVEとのこと。キラキラ笑顔でアイドル曲を踊るTAKASAちゃん。

 

高「心折れちゃってんじゃん!感情どっかに忘れてきてるよー」

(でも観客を魅了してるんだからプロですわ)

 

実はこの回で、まっきーの手が当たり良馬くんの歯が折れるというアクシデントがあったと!

高「こんな緩い芝居で?どんだけ弱いんだよ」

富「アロンアルファでくっつけてたよね?」

荒「あった!そこまでは見ましょう!」

(なぜ人の歯を折ったシーンをそんな嬉々として見たがるのか?笑)

 

スクリーンでは、TAKASAちゃんとファンのコール&レスポンスが粛々と進められております。

T「あの小さかったTAKASAちゃんも、みんなのおかげで4半世紀たちました!」

今日は最後に大事なお知らせがあると言い、衣装チェンジのためそでに引っ込んだTAKASAちゃん。ヲタク3人は今日もTAKASAちゃんの神レベルの可愛さを褒め称えつつ、どんな話かな〜?と思案します。

 

ここであることを思い出した3人!デビュー当時、年齢非公表にもかからわず、TAKASAちゃんが25歳で引退宣言をしていたことを!4半世紀ってことは、もしかして今日が25歳の誕生日!?どうしよう!?TAKASAちゃん引退しちゃうの!?と大パニック。

 

稽古する時間がなさすぎて(1日って言ってたかな?)、ちょいちょいセリフが思い出せず、台本を持ちながらなんとか話を進める3人。

(こりゃ、Vol.1は円盤化できないわ。笑)

 

なんとか引退を思い止まらせるために、作戦会議をすることに。

富「こういうのはどうだ?TAKASAが出て来たら、やめないで、やめないでー!って言う」

 

話、まとまりました。笑

 

ステージに戻ってきたTAKASAちゃん。「やめないで!やめないでー!」とそれぞれの溢れる想いを叫ぶ3人。他者を押しのけ前に出るヲタクたち!ここで前に出た馬場さん!

馬「わたしは…」

 

ここで、まっきーの肘クリティカルヒットーーー!!!!

 

その場に倒れ込み、さりげなくはける良馬くん。爆笑!

なんでいなくなったのか気にしつつ芝居を続ける他キャスト。

ちょうど治療中の仮歯だったそうで、この時裏でアロンアルファでくっつけてたそうな。笑

 

みんなの気持ちを知ったTAKASAちゃんが言います。

T「みんな…ありがとう。たくさん悩んだけど、わたし、やめません!語尾に可愛いスポットつけるの!」

 

・・・へ?

 

富「え?25歳になったら引退するんじゃ?」

T「え?わたし今日で27歳だけど?」

 

引退は勘違いでした。TAKASAちゃんはこれからも皆のアイドルです!

めでたしめでたし☆

 

 

社「これはひどいね〜」

富「たった一年前にこんなひどいことやってたの?笑」

 

そんなに言うなら早送りしてよ!とプンプン翔太くん。

(かわいい…♡)

 

 

▼TAKASAちゃん稽古映像

着替え待ちで、稽古場の映像が流れておりました〜♪

1.5倍速だったけどなんとなくわかる。

翔太くんが演出してるっていう画が貴重〜!

 

この頃からトキイベの稽古は深夜だったようで、翔さん・まっきーはミラステ稽古の後だったのでかなりお疲れモードの中頑張ったんだとか。

 

社「制作費低かったからね〜」

今は8倍くらい違うらしい。

 

 

▼拝啓、高崎殿

この日、伝説が生まれたんですね!!

翔太くんが書いた手紙を、3人が自分が書いた体で翔太くんに向かって読むというコーナー。

 

これは見たーい!初回だからぶっ飛んでないよね!と盛り上がる翔さんと翔太くん。

このコーナー大好きですね〜♡

 

まずは良馬くんから。

「翔太、誕生日おめでとう。20歳の時はテニミュのメンバーで祝ったな。あのときはパイを持って追いかけまわした結果、翔太がコンクリートにつまずいて一生ものの傷をつけたっけ。あれから時間がたち、貯金が貯まった。償いにはならないと思うけど、受け取ってくれ。100万円。

これからもずっと元気でいてくれ。よしく。」

(ん!??)

 

「よろしく」を間違えて「よしく」と書いた翔太くんでした。笑

 

続いてまっきーから。やや不安な様子の彼。

「翔太くんにはいつも助けられてばかりですね。何をしたらいいか考えました。俺には特技があります。これを披露して、翔太くんに喜んでもらえたら嬉しいです。聴いてください。

 

もう笑っちゃってるまっきー。

「♪ビリー!!!!シャララララー…♪」

(マイケルジャクソンのビリージーン無茶ぶりに精一杯応えた勇者誕生)

 

頑張った!頑張ったね!涙なしでは見られません!

翔太くん、1年半前の映像にヒーヒー言いながら爆笑!!

高「まっきーが殻を破った瞬間だったね!」

富「伝統芸が生まれたな」

 

「♪ビートゥギャーザ!ビートゥギャーザ!♪」

(いつのまにか曲変わってるし!笑)

「いかがでしたか?喜んでくれたら嬉しいです」

映像の中の翔太くんも爆笑してたな〜。

 

締めは翔さん。

「翔太、誕生日おめでとう。翔太と出会ったとき、末恐ろしいほどの才能を感じた。同時に嫉妬した。俺がトキに入ってからも色々共演したな。今度ごはんでもおごらせてくれ。蕎麦か?焼き肉か?蕎麦か?好きなものを言ってくれ。…蕎麦か?寿司か?…蕎麦か?これからもよろしく」

 

お客様に伝わらない、翔さんと翔太くんにだけわかる笑いを詰め込んだらしい。

翔太くんのこういうとこ好き。笑

 

 

▼演舞

まっきー振付で、和装で扇子を使っての舞を見せてくださいました。

翔さんはずーっとふざけてる、なぜか途中コンテンポラリーダンスになってる。笑

 

稽古時間まったくなかったから、みんな振付間違えてるし。笑

高「ちょうヘタクソじゃん、みんな!笑」

 

ボケない約束したから真面目にやってたのに、最後の扇子を投げてキャッチする見せ場で失敗した翔太くん。笑

富「最後にボケとっておいたか〜」

 

 

▼終了

いや〜、楽しかったです!

スクリーン見つつ、音声拾いつつ、登壇者を見つつ、話聞きつつ、お腹がよじれるほど笑うという大変忙しい時間でしたが、笑顔になれました(*´∇`*)

 

映像は見終わったけど、あと少し時間あるよってことで、翔さんが「じゃあサインするよ!」と立ち上がってくださいましたー!!!

この気持ちがすごく嬉しかったです。

 

タイムキーパー不在のため「これは終わりが見えるのか?」と不安になった社長に「時間の限りサインします!」と答える翔さん。

この男気、本当に惚れる!なんでこんな優しい人がいるんだろうか…。

どうしても通路側のほうが私物渡しやすくなりますが、翔さんは列の中央にも果敢に入っていって書いてあげてました!!

 

自分以外のファンだなってわかると、申し訳なさそうに「俺が書いていいの?」と聞いたり。

高価なものや可愛いものにサインを頼まれると、「これ書いちゃて本当にいいの?」と確認したり。

皆さん本当に優しいんですわ…気遣いに泣ける。

 

 

まっきーが最後までかかっちゃったのですが、それをからかういつものガヤがおもしろかったです。笑

「荒牧、荒牧、言いやがって!!!」って、いつも良馬くんが言ってるセリフを、オレンジパーカー着た誠治郎さんがちゃんと引き継いでました。笑

 

でも皆でツッコミつつ「今日しかまっきーいないからもらっておきな」と言ってくれる兄さんたち。

「まっきー可愛いもんね〜♡俺まっきー好きだもん、共演多いし」と翔太先輩。

 

誠治郎さんは翔さんとだけ共演してないらしい。

でもよく飲み屋では会うらしい。

連絡先は知らないけど、と言う翔さんに、LINEは知ってるよ!ショックだわ〜という誠治郎さん。

 

だがしかし!スマホ見たらLINE交換してなかった。笑

富「うわー。笑」

誠「上等だよ!!」

高「やばい、根本さん召喚しないと」

誠「俺の相方は本当に素晴らしい人間なんで、AshのLIVE来てください」

 

いつかトキメンバーもAshのステージに立つ姿を見たいですね〜♪

 

明日も登壇する翔さん・翔太くんは、明朝帰る誠治郎さんと飲む約束をして、ウキウキしてたな〜♪

今日だけのまっきーは「いいな〜」って寂しそうに羨ましがってました。

 

 

▼最後のご挨拶

テイジンホールの感謝祭ということで、翔太くんがテイジンホール擬人化をしてくださることに!

みんなそれに対して御礼を言えと。笑

高「俺、擬人化俳優ですから!」

(高崎翔太は天才です)

 

「なんで壊すの?」「老朽化だよ」と翔さんにこしょこしょ聞く翔太くん。

(可愛すぎか!)

 

富「じゃあ、テイジンホールの擬人化から始めますよ。よーい、はい!」

高「うわーーー!あ゛ーーーー!ぐあーーーー!!!」

苦し気に悶える高崎翔太!!

 

高「よっこいしょっと…(スン)」

 

ジジイになったーーー!爆笑!

 

よぼよぼ歩くテイジンさん。

テ「週末までもうもたない…最後にトキのメンバーに会いたいのぅ…」

荒「テイジンさん!大丈夫ですか!?(駆け寄るまっきー)」

テ「最後に…おまえに立ってもらって…良かった…幸せや…」

(大阪なので、テイジンさんは関西弁です。設定細かい!笑)

 

荒「長い間お疲れ様でした。テイジンさんにはお世話になりました」

テ「はぁ…はぁ…それ以上言わんといて」

 

荒「でも願わくば、もう少し現役でいてもらいたかったです」

テ「大丈夫!建て直して……ネオ・テイジンホールになるから〜!!」

(パチパチパチパチ!拍手喝采!)

 

荒「ネオ・テイジンホールって何!?笑」

富「いやー、素晴らしいものを見た!」

 

 

最後のご挨拶です。

なぜかじゃんけんで順番を決める人たち。笑

 

誠「トキイベントって、すごい秀逸なコーナーだなと思いました。これから僕もがんばっていきたいなと思います」

 

高「平日に来てくれてありがとうございます。僕の夢は、結婚して社長の挨拶で『拝啓、高崎殿』をやることです。それを目指してがんばっていきたいと思います(関係ねぇ!と翔さんからツッコミ。笑)」

 

荒「キャストが未発表にも関わらずたくさんの方が最後を見届けに集まってくださってありがとうございます。テイジンホールにはたくさんお世話になりました。僕はもう今日でお別れなんですが、今までの感謝を述べたいと思います」

 

富「僕は今までテイジンと共に生きてきました。野球を始めたきっかけもテイジン。高校を受けたのもテイジンから言われたからでした。僕にとってテイジンはなくてはならない人物でした。今日ようやく擬人化できて…」

高「翔や〜〜〜…翔や〜〜〜…明日もお前は立つのかぇ〜…?」

富「はい、明日も立ちます」

高「客が増えるな〜…」

(拍手喝采!笑)

 

翔さんが話してくださったのですが、俳優さんは色々な場所で公演をするので、正直全部の会場は覚えてないけど、立つとその時の景色や空気や、お客様の顔を思い出すのだそうです。

その場所が一つなくなるのは哀しいけど、その分また新たな場所でお会いできるのは楽しみだという前向きな気持ちも持っていると。

 

最前列の人たちに「社長しか発表されてない段階で申し込んだ勇者の方々でしょ?すごいことだよね」って話かけてました。

トキエンタテインメントが皆さまに少しでも受け入れられているのかな?と思えるし、その分責任もって仕事を頑張って、またこういうフリーなイベントでも楽しんでいただけるような活動をしていきたいとおっしゃってました。

 

富「では、最後に一緒にお礼を言いましょう」

 

(マイクをはずして…)

富「テイジンホール、ありがとうございました!」

全員「ありがとうございました!」

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

Vol.13はこちら / Vol.14はこちら

 

この回は、お友達からもレポ送っていただいたので、わたしの記憶とフュージョンさせて綴らせていただきました。

参考にしていいよ〜と許可いただいたので、お言葉に甘えて。

どうもありがとうございました♪

 

ざっくり記憶です。

なっっがいのでお時間ある時にでも…。

(マネージャーさん関連、アパレル事情、箝口令部分はカット☆)

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.15

社長×?のトークライブ

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/中村誠治郎/荒牧慶彦(飛び込み富田翔)

■司会進行:社長
■16:30開場 17:00開演

 

 

 

ステージに椅子が並べられていて、座談会形式でした☆

荒牧氏は安定の右足上で足組み。

これが翔太くんと同じ角度でシンクロしてたときに、わたしのテンションがぐいっと上がりました。

ありがとうございます!!

 

 

▼荒牧氏ご登場

まっきーはテイジンに5〜6回お世話になったそうです。

個人のイベントの他に、トキイベ。

 

社「まっきーが苦しんだトキイベ」

荒「苦しんだ…のかな…?その頃まだトキに入ってなかったので、翔さん、翔太くん、良馬くんのテンションにすごいなって」

社「俺も頭悪いなって見てた」

荒「頭悪いのは間違いないですね。笑」

(こーら♡)

 

 

▼まっきーのお友達紹介

翔太くん、ご登場〜☆

 

社「高崎くんじゃない!?どう?最近?」

高「最近釣りにはまってまして、タモリさんはどうですか?」

社「そうだねぇ…」

タモリさん、続かず。笑

話が違うじゃないか!社長が言い出したんですよ!?と詰め寄る翔太くん。笑

 

 

▼翔太くんのお友達紹介

社「うっそ、誰!?良馬稽古してるし、トミショーは全然連絡つかないし」

高「最近仲良い人なんですよ。その人変わってて、胸を手で叩いてリズムを刻んで入ってくるんですよ」

社「そんなゴリラみたいな人いるの!?」

 

それでは、どうぞー!

 

リズミカルにドラミングしながら入ってきた誠治郎さん。

翔太くんの無茶ぶりに付き合ってくれて、ちょういい人。笑

 

誠「独特すぎんだよ!しかも痛てーよ!!」

 

 

▼座り方

最初の頃のまっきーの座り方を突然再現した社長。

両足伸ばして椅子に浅く座ってぐでーってしてるやつ。

(すっごい見覚えある!!!!)

 

誠「調子乗ってたの?」

高「天狗時代!」

誠「まっきー天狗とかないよ、ずっと可愛いよ」

(サラッと褒めてくれる誠治郎さんにキュン♡)

 

 

▼高崎クリニック

社長がこのコーナー不安すぎるので、急遽決まった高クリ。

高「俺が一番苦手な高クリやるんですか?」

荒「じゃあなんで自分の番組にしたの?」

高「もう後悔してるよ!!」

 

高クリがわからない誠治郎さん。

新人なんだからわからないよ!という誠治郎さんに、新人なんだからちゃんと番組見ろよ!という翔太先輩。

しかも誠治郎さん、高クリ出演したことあった。笑

 

社長がスマホでメールチェックしながら読み上げる形式で高クリスタート☆

 

 

▼高クリのテーマ♪

やっぱ歌わないと始まらないよね。

とりあえず誠治郎さんに歌えと強要する高崎先生。

小声でメロディーをレクチャーして、いざ。

 

高「俺、ハモるから!」

誠「お前、ハモれないだろ」

高「ハモりだけは上手い!むしろ主旋やらせてもらったことない!」

 

高&誠「♪高、クリ♪高、クリ♪高崎クリニック〜♪」

 

1オクターブ上で歌ってるだけだろ!と誠治郎さんにツッコまれる翔太くんであった。笑

 

 

▼お悩み相談

自分も社長をやっています。

社長はなぜ事務所を設立しましたか?

今後どんな事務所にしていきたいですか?

どんな人材が欲しいですか?

また、俳優の皆さまはどうしてトキに入ったんですか?

参考にしたいので、教えてください。

 

Q.なんでこの事務所を作ったのか?
社「翔太がいたから」

(おぉ〜パチパチパチパチ!翔太くんがすべての原点ですね☆)

 

Q.どんな事務所にしたいか?

所属俳優が売れて、年収が2,000万超えになるようにしたいそうです。

 

社「あと、家が買えるくらいに」

誠「買ってくださいよ」

(誠治郎さん、そういう話ではありません。笑)

 

Q.どんな人材が欲しいか?

社「良い奴がいいですね」

翔太くんいわく、社長がずっと言っていること。だからトキには良い奴しかいないと。

 

Q.なんでトキに入ったんですか?
荒「前の事務所の契約が満了して、どうしようかなぁと思ってたときに、翔太くんや翔さんと共演して仲良くなって、社長とも知り合って、それで魅力的だなぁと思って…。結果、入って良かったです!」

社「お前、良い奴だなぁ〜」

(パチパチパチパチ!良かったねぇ、本当に良かったねぇ)

 

 

▼お悩み相談

会社の上司が代わりました。

前任の上司と仕事のやり方がまったく違っていて戸惑っています。

高崎先生は、初めての人と仕事するときに心がけていることありますか?

 

翔太くんは、現場でのあり方を翔さんから教えてもらったそうです。

ラズベリーボーイの時、仲良しの人ばかりの現場がなぁなぁになりかけていた時、お前を見て後輩が動いているんだから、お前がやらないと上がっていかないよ、と。

それから、後輩の多い現場では隙を見せないように、仲が良い人同士だからこそ全力でやるように心がけているんだとか。

(こういうところがね、トキの素晴らしいところですよね。馴れ合いではなく、高め合おうという姿勢が、とても好きです)

 

真面目なトーンに苦しくなったご様子の翔太くん。笑

高「まっきーはどう思う?」

誠「後輩に助け船求めるって…」

高「友達っす!」

ついに、まっきー友達認定されました。

「やったー♪」言ってた。笑

 

荒牧氏は…

荒「至極当然なお悩みですよね…」

高「そういう難しい言葉使うなよ!!!」

四文字熟語に弱い高崎先生、ブチキレ。笑

誠治郎さんに、地球防衛部のカテコでさえもあの空気感の中「疾風怒濤」とか使うのおかしいだろ!と訴える高崎先生。

「至極当然」は別に難しくないよ、と誠治郎さんから言われてました。笑

 

話を戻して荒牧氏は…

こういう社会スタイルが変わるっていうのは、学生でも社会人でもあり得る悩みですよね、と。

でも「郷に入っては郷に従え」というように、上司に従うのは部下として当然だと。

上司が今まで培ってきたものと、自分が今まで培ってきたものを擦り合わせて関係を築いていくのがベストなんじゃないかとおっしゃっておりました。

 

また難しい言葉が出たので、高崎先生から一言。

「むかつくわ〜笑」

番組取替えっこしない?という提案をまっきー即行断ってました。笑

 

最近、荒牧場酔っぱらってばっかりだと社長からもツッコミが。

(確かにね〜(*・ω・)

 

誠「荒牧場はどんな番組なの?」

荒「テーマ決めずにお酒を飲みながら楽しくコミュニケーションとる番組です」

誠「は?お金を払ってるお客様の前で何してんの?」

(至極当然な疑問です。笑)

 

高崎先生は、今後『高牧場』にしたいらしい。笑

高「社長、いいですか?もう高クリだめですわ」

社「いいよいいよ」

(いいんかい!?)

今後はスタンダードに『高崎翔太のニコ生、略して高生』になるらしい。

 

お悩み相談に戻りまして、誠治郎さんからのアドバイス。

誠治郎さんは元々警備会社にお勤めだったそうです。

(ちょっとやってくれたけど、すっごい似合う!かっこいい!守られたい!!)

上司が代わるなんて当たり前で、むしろいいことだと。

一人のやり方しか学べないよりは、色々な人のやり方を学んで自分の視野を広げていくべきだとおっしゃられてました。

(おぉ〜パチパチパチパチ!)

 

これを聞いた翔太くん、誠治郎さんにクリニック引き継ぎを決意。笑

 

 

▼お悩み相談
私は小さな頃から『あおむし』や『毛虫』が嫌いで、ホンモノだけではなく、写真やイラスト、可愛らしく描いてある絵本のキャラクターのようなものですら見れません。

(このあたりで話の流れを察した翔太くん、お顔を手で覆って笑ってます♡)

 

そのため、翔太くんのあおむしさんスタンプもなかなか使うことができません。翔太くんのグッズもあおむしさんが付いているのが怖くて買えなかったことや頑張って買っても使えなかったりします。翔太くんのファンでいるためには、せめて翔太くんが描くあおむしさんは克服したいのですが、どうすれば克服できるでしょうか?

 

高「ネコちゃんにします!」

(切り替え早い!笑)

 

翔太くん、Gがダメらしいです。

(苦手な方もいるかもなので、あの嫌われ者の代表選手の4文字は略します)

 

高「人から嫌がられるとしか思えないあのフォルムがもうダメで。一回、うちに出たことがあって。そのあとごはん食べに行く約束してたんだけど、あれがいたら家に帰れないから断りの電話入れて…4時間かかりました!」
誠「なんで4時間もかかんの?」
高「だってアイツ見えないんですもん。見失う!」
誠「アイツって目で追えないから怖いんだって」


高「うん…そうだ見失った。で、あきらめてテレビつけたら、ひゅっと横切って、本棚に行ったの!そこにはすっごく大切にしてた本が置いてあったんだけど、アイツを退治するスプレー、本がぐっしょぐしょになるまでかけてやりましたよ!そしたら、こーんなになったのが出てきて」

(翔太くん、死に掛けの真似してくれました。笑)

 

高「そのあと、またそれを片付けるのにも時間が掛かって、どうしてもつかめなくて、100均で長い箸買ってきて掴んで捨てたんですけど」
誠「俺、そんなのちゃっと掴んで捨てるけどね。笑」

(誠治郎さん、勇者〜)


高「そういう人いるんだよね!これはいかんと思って、アイツの生態系を調べたんですよ!そしたら、アイツも生き物の一種なんだなぁと思えてきて」
誠「生態系調べるまで、そんなことに気付かなかったのかよ?笑」

高「アイツら、エイリアンかと思ってましたもん!」

 

一匹いたら他にもいっぱいいるっていうよね、と脅す誠治郎さん。
高「それは大丈夫!黒い大きな奴だったから。あれは外にいる奴で、家にいたとしても、移動中に入り込んじゃったって感じだから。茶色い小さな奴が家にいる奴」

(本当に詳しい!!)

 

えーっと、なんの話でしたっけ?ってところで、結論出ました。

高「嫌いなものは無理」

 

さて、ではこのご相談者様はどうしたらいいでしょうか?
誠「翔太のファンやめてもらう?笑」
高「(いやいやって首を振りながら)今後グッズには一切使わない!ネコにする!笑」

 

 

▼お悩み相談
花粉症対策をどうやっていますか?

おすすめの薬があったら教えてください。

 

誠「病院に行けば?」

社「病院に行ってくださいっ!!!」

(終了〜☆って、待て待て)

 

翔太くんは、甥っ子が忘れてった赤ちゃん用のアレルギーの薬飲んだら治ったらしい。

誠「翔太は、子供用で十分」

 

 

▼お悩み相談
4月から社会人になります。

皆さんとどうしたら早く仲良くなれるでしょうか?

 

翔太くんは、無意識で仲良くなれるらしい。

(天性ですね)

 

元々人見知りの誠治郎さん・まっきーは、克服するために、とりあえず自分から話かけるようになったら変わったそうです。

 

ごはんとか飲みとか言ったら仲良くなるけどね〜という3人に対し、「仲良くなる必要ある?」と疑問の社長。

急に仲良くならず、最初は緊張してたほうが印象いいんじゃないかな〜とのことです。

 

ここで、最初から距離感近すぎる人に対して思うことに共感し、興奮してきた誠治郎さんと翔太くん。笑

年下なのにしょっぱなからタメ口とかはやっぱりダメ!

いきなり君呼びとか。

その人が損するからちゃんと注意してあげるとのこと。

(こういうとこ、ちゃんとしてますよね〜♪)

 

 

▼お悩み相談
4月から社会人になります。

営業職なので、社外の人とも話さなくてはなりません。

初めての人との会話のきっかけなどアドバイスください。

 

翔太くんいわく、営業職は、もう仕事なんで慣れだと。

アパレルで働いていた時、今は声かけられるの苦手だけど、当時はちゃんと自分から声かけて真面目にやってたそうです。

それでも売れなかったらセンスの問題とのこと。笑

翔太くんは歴代一位の速さで時給上がったそうですよ!

出来る社員!!

 

社長は最近、『使ってください』と言わずに使ってもらうようにしているそうです。

(客席から「あ〜」の声あがってました!)

商品を自分が一番知ってて一番好きだったら売れると。

(たしかに!!)

 

 

▼お悩み相談
大学3年生からのご相談。

そろそろ就活ですが、やりたいことが見つかりません。

どうしたらいいでしょうか?

 

やりたいことある人のほうが少ないよね〜というお話に。

 

高「まっきーは?なんで経済学部に入ったの?」
荒「もともとシステムエンジニアになりたくて、でも高校の時、数気泙任藁匹ったんですけど数Bになったら一気にわからなくなって、これはダメだと思って文系にいったんです」
高「数機供なにそれ?笑」

俺は理系だよ、という翔太くん。お前は何系でもねーよ!って誠治郎さんに言われてました。笑


荒「でも計算は好きだったし、経済学部に入って、税理士とか銀行員とかかなぁって漠然と思ってたときに、”役者”って道を見つけて。卒業前に挑戦してみることにしたのがきっかけです」

 

誠治郎さんの場合、もともと歌手になりたかったのに、間違えてJACへ。笑

(ジャパンアクションクラブ…だよね?笑)

誠「JACに入ったときもどんな歌手になりたいかって書いてて。でも入ったあとアクションやって〜と言われて、”は!?アクション!?”って思ったけど、結局アクションにはまって。最初はまったく興味なかった」

 

翔太くんは最初、新潟の大きな工場を受けたそうです。

同じ学校でたくさんそこを受けてたんだけど、翔太くんだけ落ちた。笑

学校に結果がきてて、先生に「…翔太…お前、面接で何やった?」って。
荒「何やったんですか?」
高「いや…普通に、ほんとふっつーに面接受けただけだよ!笑」

 

それで、東京行くことにして、服屋さん6件位履歴書を送り、二か所目で受かったのがFUGAとのこと。
誠「え!?翔太、あそこで働いてたの?」
高「そうですよ!そうじゃなかったらモデル呼ばれるわけないじゃないですか!」

 

やってみて、はまって、見つかるってこともあるよね〜と。

まずは興味あることをやってみるのがいいんじゃないかという処方箋いただきました!

 

 

▼真打ち登場!!!!!

荒「あれ!?翔さん、何してるんですか!!??」

 

会場、えーーーっ!!??

ここでなんと、翔さんがいつものキャメルコート着たままご登場〜!!

客席を悠々と歩き、ステージへ。

(待ってたよ〜、すっごい待ってたよ〜!!もう大歓声!!髪ふわふわだ♡)

 

荒「びっくりした〜なんか偉そうな人が入ってきたから」

誠「本当に自由だね。歩き方、輩だったよ」

 

この回、ご出演予定じゃなかった翔さん。

どこ行けばいい?ってスタッフさんに聞いたら、控室じゃなくて会場に通されたそうです。笑

 

翔さんはこれからメイク&赤パーカーへお着替え。

誠「俺だけねーんだよ、新人だから」

社「良馬のオレンジ色ならあるよ?」

誠「嫌だ!!」

高「少し似てますよ?」

誠「似てねーよ!」

 

翔さん来て良かったね〜とニコニコ翔太くん&まっきー。

社「でも本当は朝から来るって言ってたよ」

高「ニコ生で朝から来るって言ってたから、ちらほら翔さんファンいるのに、可哀想だなって思ってた。笑」

(それでも受け入れるのが、翔さんファンです)

 

 

▼最後のお悩み相談

食べ物の好き嫌いをなくすにはどうしたらいいですか?

 

高「この世の食材すべてに感謝しろ」

(何も言えない…)

 

まっきーは、見た目がグロテスクなものが苦手。

昔はウニもエビも苦手だった。

荒「子供の頃、家族で料亭に行ったときに、生きたウニが出てきたんですよ!ウニがウニウニしてて(手でウニウニ表現して力説する可愛い子)それを大人が食べてるのを見て、脳みそ食べてるみたいだなって…」

 

今は大丈夫になったそうで、食べてみたら大丈夫なんじゃない?と。

 

誠治郎さんは、梅干しがダメ。

どうしてもダメ。

結論、味覚は変わるので、無理しないほうがいいと。

 

 

▼天才高崎翔太の突発ゲームコーナー♪

トーナメント戦で手押し相撲大会が開催されることになりましたー!

一番負けた人の罰ゲームが、カッコいいセリフを言う。

高「この人たちが好きなやつ」

(さすが!天才はわかってらっしゃる!!)

 

4人なので、必然的に社長も参加になるのですが、めっちゃくちゃ嫌がってた。笑

社「俺、いやだ」

高「社長、俺もTAKASAちゃん嫌だって言いましたよ」

荒「俺も、アランちゃんどうしても嫌だって言いましたよ」

(そんなに嫌だったんだね…)

 

女装の件はこれで帳消しねってことで社長も参加決定。

やった〜!(パチパチパチパチ!)

 

 

▼一回戦、翔太くんVS誠治郎さん

レフェリーはまっきー。

足を閉じさせたら、翔太くんのO脚がばれて、そこに異様に食い付いて「ほんとだーO脚だーすごいねー」って爆笑してました。

(なんでそこ、そんなに?笑)

 

ここで翔さん、再登場!

…って、あれ?赤パーカーじゃないよ(´・△・)?

 

荒「待って!これ俺の服じゃないですか!?」

まっきーの私服着て出てきました。笑

 

いや、これがですね!

絵描いて伝えようかなって一瞬思うくらい可愛かったんですよ!(面倒だという気持ちが勝ったので描きませんが)

白の七分袖のカットソーの上に、黒のテロテロ変形カーデ(パーカー?)はおってて、サイズ感がね!もうね!彼シャツ!!!(わたし大興奮♡)

 

お手ても太ももも、すっぽり隠れてまして、このダボっと着られてる感が、たまらんやつでした!

翔さんはあんなにかっこいいのに、時々こういう可愛さを見せるからずるいですよね〜

しかも、ただ「見せたかったから」ってだけでステージ出てきたっていうのが、もう(〃∇〃)

待ってたファンへのサービスかな?

 

まっきーも、翔太くんと誠治郎さんほっぽって、甲斐甲斐しく翔さんのボタン止めてあげてました。

(おーい、レフェリー!笑)

 

では、始め!

 

「はい!はい!」言ってやってました。

手押し相撲って…なんか可愛いですよね。

いい大人のお二人が、手をパチン☆合わせて、わーきゃーしてるのを、客席からただ見守るというシュールな画もいいよね。

 

なかなかいい勝負だったのですが、翔太くんの勝ち〜☆

 

 

▼二回戦、社長VSまっきー

翔さん、この勝負を見てから退場することに。

「これは社長でしょ」言ってました。

翔太くんも誠治郎さんも、「勝てないよ、社長には」と、早くも敗色濃厚なまっきー。

 

始めて即まっきーの負け。笑

 

 

▼決定戦、誠治郎さんVSまっきー

会場のボルテージは最高潮に!!

がんばれ〜!!

 

始め!

 

これはなかなかいい勝負!

かと思ったのですが、誠治郎さんはまっきーと手をパチン合わせながら「可愛いな〜♡」と余裕のご様子。

完全に遊ばれている。笑

(会場からも「可愛い〜」の声が漏れてました。笑)

 

結果、誠治郎さんの勝ち〜!

さぁ、カッコいいセリフのお時間です!!

 

高「まっきー、マイク通すなよ。生声だよ。全員がふ〜♡って言うまでやるから。全員が言ったかチェックするから」

(鬼や。笑)

 

マイクも奪われ、間接照明まで入って、だいぶ嫌がるまっきー。

荒「ねぇ、やめよ?」

高「ダメだよ、まっきー。俺たち需要考えて頑張ったんだぞ」

(鬼すぎるけど、ファンにはやさしい。笑)

 

カッコいいセリフがなっかなか思い浮かばないご様子のまっきー。

こんな平日の昼間に嘘ついて会社休んだみんなのために頑張れと言う先輩方。

(嘘はついてないわ!笑)

 

浮かばないので、お客様からのリクエストに応える形式になりました。

お手をあげた方のところへ、翔さんが走ってくださいます♡

 

 

お題「仕事終わって急いで帰ってきた子にお疲れ様的な」

女の子役:高崎翔太

 

高「(ガチャ)はぁはぁ、ただいま!」

荒「おかえり。どうしたの?そんな疲れて」

高「会いたくて走って帰ってきた♡」

荒「バカ、そんな焦んなくても…(壁ドンの手つき)」

 

富「はぁはぁ!ただいま!」

高「あなた誰よ!?」

富「誰?この子!!」

まさかの遭遇〜!!!!爆笑!

(膝から崩れ落ちたまっきー)

 

そこへ…

誠「おい!どういうことだ!?お父さんだぞ!」

高「お父さん、聞いてよ!」

荒「姉妹なの!?」

 

富「二股ちゃんって呼ぼうかしら」

高「どっちが好きなのかはっきりして!」

誠「はっきりしなさい、このわたしも含め!」

(え?なんで父含めるの?笑)

 

高「私は前、コーヒーおごったわ」

富「この間の磯丸水産、全額おごったわ」(会場ふ〜〜♡)

誠「俺は、お前のほうが稼いでるからおごらない!」

(父〜!!笑)

 

富「まったく、趣旨変わっちゃったじゃねーか!」

高「いや、翔さんが入ってこなければ綺麗に終わりましたよ!」

 

はい、仕切り直しになりました。笑

 

 

お題「浮気してた彼女に罵りのひと言」

彼女役:高崎翔太

 

うつむいてウロウロする彼女。。

そこへ翔子ちゃんが。

 

富「どうしたの?」

高「翔子ちゃん、わたし浮気ばれちゃった…」

富「荒牧なら許してくれるよ」

高「でも4回目よ?」

(それは多いな!場内爆笑!!)

 

富「こんな言葉がある。1度も4度も一緒」

高「わたし!勇気出た!」

富「いってらっしゃい!」

 

高「(ガチャ)わたし!浮気した!!」

荒「ふざけんなよ!」

高「でも…一番は…荒牧だよ?」

思わず吹き出しちゃったまっきー。がんばれ!

 

荒「ていうかさ、付き合ってんだから下の名前で呼べよ」

高「あらまき」

(呼ばないんだ。笑)

 

高「こんなわたし…どうする?」

ツボにはまったまっきー。

笑っちゃって続投不可能。

 

めでたし、めでたし♡

 

 

▼最後のご挨拶

誠「この回で、本当にこの事務所に入って良かったのかな?って思いました。僕が頑張ります」

(ツッコミ、お願いします!)

 

高「明日の殺陣を語る会、さんざん宣伝したのに、朝から1枚しか増えてません。よろしくお願いいたします」

 

 

以上です。

このよくわからない回、たったの1,000円でした。笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

⇒Vol.16はこちら

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

Vol.13はこちら

 

ざっくり記憶です、雰囲気と想像力でどうぞ。

(一部ネタバレありです。遅刻ネタ、下ネタ、薄桜鬼ネタバレはカット☆)

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.14

映画「Dance!DanceDance!!」上映+舞台挨拶

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/中村誠治郎/荒牧慶彦

■司会進行:社長
■14:00開場 14:30開演

 

 

 

上映後、社長ご登場!

今回は出演していない誠治郎さんがMCサポートの立ち位置に!

 

 

▼MCサポートからの小噺

ご家族の話。

誠治郎さんは男三兄弟、弟さんがちょっと抜けてるらしい。

中村家は親のしつけが厳しくて、悪いことをすると、鬼の部屋という鬼の絵が飾ってある部屋へ入れられたそうな。

ある日弟さんが返事が悪いと怒られて、鬼の部屋で返事100回させられることに。

「はい!はい!はい!はい!×100」

 

お父ちゃん、やったよ〜と戻ってきた弟さん。

父「反省したか?」

弟「は〜〜い(ちょう生返事)」

父「やり直してこい!!!」

 

すごい上手い小噺!社長も大絶賛!!

「絶対にすべらない中村家」っていう小噺が誕生した瞬間でした☆

 

 

▼翔太くん、まっきーご登場

お二人からご挨拶。

まっきーすんなり。

翔太くん、一瞬役名思い出せず。笑

 

 

▼社長の棒読みMCに切れる翔太くん

高「こんなMCでやってられっかよ!」

荒「おい、どこ行くんだよ!?」

高「コンビニエンスっ!!!!」

 

一海くんの役を再現してくださいました〜笑

あれは名シーンだったとやんややんや。

 

 

▼誠治郎さんのご感想

誠「おもしろかったよ!!」

高「どこがですか?」

誠「えーっと…翔太のとこ」

 

観てないじゃん!と翔太くんにツッコまれて、「バカ!ずっと笑ってただろ!」と誠治郎さん。笑

 

 

▼女装メンバーについて

生の玉ちゃん、映像より可愛かった!!

超可愛かったよね?と翔太くん・まっきーで盛り上がってました。

(確かに超絶可愛かった!そしてカッコよかった♡)

 

高「本当に可愛くて、村田さんと並んだ時の可愛さの差が…」

荒「バケモノと…」

誠「洋二郎だってがんばってたじゃん!!」

こんなん言ってて、本当は最後らへんドンドン可愛く見えてったらしいです(〃∇〃)

 

 

▼まっきー主演

初映画で、初主演だったまっきー。

 

誠「ダンス!ダンス、ダンス!ダンスがしてーんだよ!!」

誠「みんなあそこで、タイトル言った!!って思っただろうね」

(はい、思いました。笑)

 

あのシーンは天才翔太くん監修だったそうです。

高「最初、ダンスダンスダンス、ダンスがしてーんだよ!って言ってて」

(棒読みー笑)

待て待て、と教えてくれた翔太先輩。

 

 

▼誠治郎さんのツッコミに味を占めたお二人

テニスの王子様に出てたまっきー。

誠「王子様…??」

荒「誠治郎さんも出てたやつです」

誠「出てねーよ!!俺はどこの王子様でもねーよ!!」

 

高「博多の王子様♡」

誠「博多の王子様じゃねーよ!博多のお兄ちゃんだよ!!」

 

「真面目にやれ!やかましいわ!」と怒られる二人。

社長もボケるので話がまったく進まず「どうなってんだ!この事務所!?」とカンニング竹山さん並みのツッコミに忙しい誠治郎さん。

このいつでも全力ツッコミに、翔太くんもまっきーも膝から崩れ落ちて笑ってました(*´∇`*)

 

 

▼出演の経緯

当時は別の事務所だったまっきー。

翔太くんと社長とは知り合い。

社長から映画作るからどう?と誘われたそうです。

 

でもその頃は、ラズベリーボーイで共演したけどまだ翔太くんとあまり話したことなかったと。

高「話したことなくはない!!(まっきーに人差し指向け〜の)」

荒「なくはないけど、あんまりないですよ!!(人差し指向け返し〜の)」

同時に人差し指を合わせるお二人♡

(なに?この時間。笑)

 

 

▼ダンスの話

ダンスはもともとやってたの?と誠治郎さんに聞かれ、テニミュでやってたくらいと。

高「あれ、2〜3時間で覚えたんですよ」

誠「あら、すごい♡」

(あれ?オネエ?)

 

オネエ役だった洋二郎さんに影響受けた誠治郎さん。笑

やるんだったら、あの役がいいそうです。

(Kステを思い出したよ)

 

高「似合いそう」

誠「似合わねーよ!!」

荒「というか出るならあそこしかない」

 

 

▼テニミュの話

ダンスはテニミュでやってたという話から、でもあれはラケットありきだよね?と誠治郎さんから疑問が。

荒「でも途中海賊の歌があって、剣とかでも踊ってたんで」

誠「テニミュで剣??」

疑問しかない誠治郎さん。笑

 

誠「テニミュってなんなの?」

高「わかんないでしょ?途中からなんでもありになるの」

 

 

▼王子様の話

翔太くんもテニミュ出身。

次の夢100も王子様だよ〜という話に。

王子様ポーズしてくださいました♡

ダンスもあるそうです。

 

荒「ミュージカルなんですか?」

高「そんなわけあるかい!?ミュージカルなら俺二番手に入るかい!?」

主演だったおそ松さんはミュージカルではなく、遊びらしい。笑

 

 

▼歌について

今度おそ松さんでLIVEやるよって話に。

誠「映画の話せんかい!?」

みんなスルー。笑

 

社「LIVEは楽しいの?」

誠「だから、映画の話しろよ!!」

 

社長、完全に誠治郎さんスルーして「LIVEは苦痛だ」と話続ける。折れない。笑

まっきーはLIVE好きだけど、翔太くんは役入ってないとつらいそうです。

トキイベの歌部分とか本当にやりたくないらしい。

(そんな正直な翔太くんが好き)

 

ちなみにトキイベの曲はレコーディングして、配信準備までしたのに、歌が音痴すぎてお蔵入りになったそうな。笑

ここでスタッフさんが曲かけてくれたのですが、Aメロ最初翔さん&まっきー、次が翔太くん&良馬くん。

高「馬場と俺を組ませちゃだめだ」

社「めっちゃバカにしてたよね?良馬の歌」

誠「うん、すごいバカにした」

(仲良しなお二人。笑)

 

でもこれからはAshが入るから歌に厚みが出ますよね〜というまっきーに、「誰がお前らと一緒に歌うかよ!?」とぶち切れ誠治郎さんでした。笑

(プロだからね)

 

 

▼次回トキイベ

今度はバンド形式でやろうという話に。

高「俺、ドラム」

誠「できるの?」

高「ドラムマニアやってたもん」

 

まっきーはキーボード。

社長、ギター。

誠「なんで出る側なの?」

 

高「馬場はファンキーモンキーベイビーズの手叩いてる人」

CDのジャケットは全部良馬くんの顔になります。笑

 

荒「翔さんは?」

高「コンテンポラリー」

(あのダンス得意だもんね。笑)

 

玉ちゃんはビジュアル担当だから立ってるだけでよし。

 

高「ねもっちゃんは、音響」

誠「あの人、機械弱いよ?」

 

荒「誠治郎さんは後ろで殺陣やっててください」

誠「なんでだよ!?」

 

 

▼アクションアワード

さんざんからかわれてプンプン誠治郎さん。笑

誠「お前らにはもう教えてやらない!」

荒「でも俺、誠治郎さんに殺陣上手いって褒められましたよ」

誠「上手くねーよ!!」

 

でもあとで「上手いよ」ってちゃんと言ってくれてました♡

 

アクションアワードすごいよね〜っと言う二人に「映画の話しろよ!」とずっとツッコまなきゃならない忙しい誠治郎さん。

社長からも、ちょっとやってよのお声が。

ハイキックっていうのかな?

なっがい足ですごく華麗な蹴りを見せてくださいました!(社長に向かって。笑)

カッコいい!というか綺麗!!

 

 

▼真面目な誠治郎さん

自由すぎる御三方に、「映画の話しろっつってんだろ!?」っと散々言ってきた誠治郎さん。

誠「ちゃんとやれよ!お金払ってんだよ!この人たちは!」

(ちょういい人〜笑)

 

「そんなに言うならする〜?」としぶしぶ言いながら誠治郎さんから距離をとって集まる三人衆。

そりゃ試写会ならするけどさ〜、とか。

今日はお祭りなのにさ〜、とか。

固定観念に固執しすぎだよな〜、とぶつぶつ。笑

 

社「あの時、雪降ってたね」

二人「そうですね〜」

 

社「まっきー、走るシーン多かったね」

荒「そうですね〜」

 

社「翔太の帽子はスピルバーグを意識してたんだよね」

高「そうですね〜憧れてるって設定で」

 

・・・。

 

誠「…すみませんでした」

 

それ見たことか!?つまらなかったでしょ!?の三人。

(いや、誠治郎さんは間違ってない。笑)

 

 

▼体毛事情

ただいまロマサガ稽古中の誠治郎さん。

良馬くんの様子は?

誠「ヒゲがすごい」

 

良馬くんは朝剃っても夕方には生えるらしい。

(お〜男って感じ)

誠治郎さんも今日メイクする時髭剃り置かれててキレたそうな。笑

誠「剃りたてだよ?もう剃れません!って」

 

ヒゲ生やしてみたい願望のあるまっきー。

全っ然生えないらしい。

 

高「まっきー、ずっと髪形一緒だよね?」

誠「カツラ?」

この髪型が一番落ち着くそうです。

この流れならやっぱり話題はもみあげの話に。

 

トキイベの時にスタッフさんから、髪の毛耳にかけたほうがいいんじゃない?って聞かれた際は「いや、大丈夫です」と断ったまっきー。

社長から「まっきー、耳かけろ」と言われて「あ…はい…」と従ったらしい。

 

わりとイベントだと耳かけしてると主張するまっきー。

ここで超貴重な耳かけを見せてくださいましたー!!!やったー!!

そっちのほうがいいじゃん!とみんなから言われたのですが、まっきーは男性ホルモンが薄いのか、もみあげがないらしく。。。

(本当に…ない!!ツルッツル!ほっぺたとかも赤ちゃんみたいなほわほわですもんね〜)

 

耳かけするたびに、このもみあげないねってやり取りを一億回繰り返してきたから嫌なんだそうです。

 

まっきーの貴重な体毛事情が知れたところで、翔太くんから一言。

高「社長、このイベントって何すか?」

(本当にね。笑)

 

 

▼そろそろ疲れた誠治郎さん

薄桜鬼観に行くわ〜と言われて、夢100観に来てくださいよ!刀剣乱舞観に来てくださいよ!という弟たち。

ん〜と生返事の誠治郎さん。

 

ここで社長がズバッっと。

社「誠治郎、疲れてるだろ?今OFFになってただろ?」

(そりゃこんだけツッコんでたらね)

 

AB型の悪いところ出たね〜という話に、同じAB型のまっきーが反応。

高「めんどくせー!ABに挟まれた!」

 

社長と翔太くんはBだと思ってた誠治郎さん。

Aだと言われても「嘘つけっ!?測り直してこい!」と信じません。笑

 

誠治郎さんいわく、AB型の男性が付き合う女性は、AかAB型がいいとのこと。

相性がいいらしいです。

「あ!だから気が合うんだ!」とお互いを見つめ合う翔太くん&まっきー。

誠「だから、女性は!っつってんだろ!!なんで翔太、女性目線なんだよ!?」

 

高「(客席に向かって)A型の人ー?まっきーと付き合えまーす」

 

 

▼最後のご挨拶

高「明日の殺陣を語る会、死ぬほど客入ってないです。そんなの見たい人いないもんね?殺陣語らないのでぜひ!」

(二回目。笑)

 

 

以上です。

お読みいただきありがとうございました。

 

⇒Vol.15はこちら

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

1日で4回分はさすがにキャパオーバーでした。。

どうやらわたしの記憶容量は、1日2回分が限界らしいです。

 

1本観終わって、次の回が始まる前に備忘録とってたのですが、今読み返しても情景思い出せない謎のダイイングメッセージが多く、Vol.13〜14はクオリティ超低いわ。。。

正直今回はお友達に贈るだけでブログ掲載はやめようと思ったのですが…どなたかお一人にでもトキの皆さまの、特に社長の粋な計らいをお伝えしたく(`・ω・´)

 

お世話になったら誠意をもって恩返しをする。最後に花を添える。

トキエンタテインメントは本当に人間味ある素敵な事務所さんだなぁと改めて心打たれました。

半分優しさで出来てるんじゃないかな?ってくらい。

 

想いだけは、トキの偉業を後世に伝えるくらいの重ためな愛を込めて綴らせていただきます。

 

働いてくれ、記憶回路〜!!!

(一部ネタバレありです。Blu-rayを楽しみにしている方はワープしてくださいませ。マネージャーさん関連、遅刻ネタ、下ネタはカット☆)

 

 

初めましての方はお手数ですが、下記ブログ方針をご一読くださいませ。

★初めにお読みください★

 

 

■Toki Entertainment Viva La Revolution Vol.13

青春ディスカバリーフィルム〜いつだって青春編〜「23時59分59秒」「純愛ストーカーくん」上映+舞台挨拶

■日時:2017年3月30日(木)
■会場:テイジンホール
■登壇:高崎翔太/中村誠治郎/荒牧慶彦

■司会進行:社長
■11:30開場 12:00開演

 

 

わたくし、「純愛ストーカーくん」はメイキングしか観たことがなくて、本編がどうしても観たかったのです。

そして最後のテイジンホールを噛みしめたかった。

 

この年度末に仕事休んだら31日は死ぬな…とは思ったのですが、これを逃したら二度と観られないだろう!絶対後悔する!と思ってチケットとってしまいました…(当初Blu-ray発売されると思ってなかったので)

朝一でせっかく大阪行くなら1本観るのも4本観るのも同じだろう!と思って、Vol.13〜16まで一気にね。

我ながらアホだと自覚はしております(*゚ー゚)ノ

 

必死に仕事調整して準備万端!

その後、誠治郎さんの登壇発表があり、お友達から翔さんと翔太くんが行くらしいと聞いてさらにワクワク♪

テイジンホールの匂いを身体に沁み込ませる気合いで大阪入りしました〜☆

 

 

この薄暗い掲示板も見納めか…寂しいね。

 

 

【開演】

 

「23時59分59秒」「純愛ストーカーくん」が2本続けて上映されました☆

 

 

 

両方ともすっごく良かったです!!

大阪行ったかいあった〜(*´∀`*)♪

笑いもどっかんどっかん起こってたし。これは大阪ならではですね!

Blu-ray、会場予約だけでなく通販もぜひお願いします!!!

 

上映終わって、社長登場〜!!

登壇が社長しかわからずチケットとった人がほとんどなので、人数少ないのにすごい盛り上がり☆

社長の「こんにちはー」に対して、あんなに大声のレスポンスは聞いたことないよー。

会場の異様な一体感がすごくおもしろかったです♪

 

お馴染みの、あの独特のイントネーションと区切りで台本を読んでいただき、MC紹介〜!

翔太くんです!!!

今日も最高に可愛いです!!ありがとうございます!!

トキイベの黄色パーカーを萌え袖サイズで着こなしておられました〜(〃∇〃)

前のほうの席だったので、まつげまでしっかり拝ませていただきました♡

 

 

以下、覚えてるとこをツラツラと。

順番適当なうえ、薄くてすみません。。

思い出したり教えてもらったら加筆してきます。

 

 

▼「純愛ストーカーくん」感想

高「まっきーの彼女、くっそ女でしたね!!ご祝儀もらっちゃうし!」

(だね!いっそ清々しいよね!)

社長いわく、あの彼女はまっきーが旅立った3週間後〜1ヶ月後くらいには浮気してた。旅立ってくれてラッキーくらいの。

キラキラ笑顔で「本当にくそだな!」連発の翔太くん。

 

高「無理だよー、諦めなよー言ってた声優の子もくそ女なんでしょうね。翔さんはあの彼女と付き合うのかな?」

社「そうだよ」

(そうなの?)

 

高「まっきーの本当の彼女があんなくそ女にならないといいね」

(見張っててください)

 

 

▼誠治郎さん、荒牧氏ご登場

誠治郎さん、私服かっこいい〜手足長い〜。

ワイルドなのに笑顔可愛いってずるいよ!

そして今までトキにいなかった超貴重なスタンダードタイプのツッコミ役!!

ボケ倒す3名に全力で「ちげーだろ!」言ってくださいます♡

ありがたや〜。

 

まっきー、トキイベパーカーに黒パンツ、黒ブーツ。

まさか翔さんじゃなくてまっきー来ると思ってなかった会場からはどよめきが…

 

 

▼愛されまっきー

高「まっきー、あの彼女に打ち明けられたときの顔可愛かった、やって」

「え?どんなんでしたっけ?」いいながら、むー(´・з・`)ってしてくれるまっきー。

誠「まっきーは可愛いね」

(みんな、まっきー大好きだな)

 

誠「すっごい若くない?」

荒「でもあれ23〜24歳くらいですよ?」

 

 

▼今朝のご様子

高「まっきー、顔むくんでない?」

荒「朝早かったから」

(全然わからん。ずっと一緒にいる翔太くんだからこそ気付く些細な変化にほわ〜♡)

 

翔太くん、誠治郎さん、社長は前日入り。

まっきーは朝一で8時くらいの新幹線で来た。

荒「社長がグリーン車使っていいよって」

高「俺、一般車だったじゃないですか!?なんでですか!?物販の売上の差ですか!?」

社「だって前日入りじゃん!前日は一般だよ」

 

社長から、今後当日入りはグリーン車使用OKが出ました☆

高「でも俺、前日入りがいい」

荒「俺だって前日入りがいいですよ」

 

 

▼新入りの誠治郎さん

高「俺が一番先輩だからね!」

荒「荒牧さんって呼んでください」

お馴染みの後輩イジリ。

 

二人は?と誠治郎さんからツッコまれ、

荒「僕と翔太くんは友達なんでいいんです」

 

最後らへんかな?

「誠治郎さんたちも入って、ますますトキは強化されますね」ってまっきーが言ってました♪

メンバー増えて嬉しいですね(*´∇`*)

 

 

▼ありがとうテイジンホールの意味

ダラダラ4人でしゃべってたのですが、「社長、今回の趣旨を説明しないと」と荒牧氏からご指摘。

社「本当にまっきーはちゃんとしてるんだよね…」

ややのけぞる社長。

 

今までトキで散々お世話になったテイジンホールが閉館するということで、最後何もしないのも寂しいからと、社長の粋な計らいで開催の趣旨ご説明。

 

荒「初めてのイベントもテイジンだったので、すごく思い出深いです」

高「俺が一番お世話になったよ」

 

入ったばかりの誠治郎さんは、特に思い出なし。

誠「ありがとうテイジンホールって言われても…俺は今日が初めまして。そしてさようなら。笑」

 

 

▼Ashの由来

荒「なんでAshって付けたんですか?そもそもどうやって組んだんですか?」

もともと根本さんと同じ事務所で、二人とも歌上手いしやったら?って言われて組んだらしい。

ネーミングは二人がそれぞれ出した複数案の中で偶然一致したもの。

上からは反対されたけど、その電話してた時にちょうど美容院アッシュの前通って、これもご縁ということで。

 

荒「これってAshのドキュメンタリーなんですか?」

誠「違うわ!解散しちゃうじゃん!絶対しないよ!!」

 

高「あの曲は本当にAshの曲なんですか?」

誠「お前クレジット見てなかったのかよ!?中村誠治郎って出てただろ!」

観てない翔太くん。笑

 

 

▼誠治郎さんいじり

翔太くん・まっきーが誠治郎さん大好きオーラ出しまくっててもう。

構ってほしくて、ツッコんでほしくてしょうがない!って感じでした♡

 

荒「そう!誠治郎さんすごいんですよ!殺陣なんちゃらおめでとうございます!」

誠「アクションアワードな!」

荒「すごいですよね〜」

高「誠治郎さんは本当にすごい!ギター弾けるし、演技上手いし、殺陣なんちゃらとるし、悪いのは性格だけ」

誠「性格が一番良いって言われてるわ!」

 

荒「誠治郎さんだけトキパーカー着てない!」

誠「まだないんだよ」

高「何色ですか?」

誠「ネイビーが良い」

社「ねもっちゃん(たまちゃん?)が、ネイビーが良いって言ってたよ」

誠「えー!?」

 

高「映画で誠治郎さん太ってましたね」

誠「だな!?下からのアングルきつかったな〜首がない」

 

荒「誠治郎さんが出てた映画なんでしたっけ?0時?」

誠「「23時59分59秒」だよ!」

このやりとりは延々繰り返されたのである。笑

 

 

▼薄桜鬼ごっこ

ただいま薄ミュ絶賛稽古中の翔太くん&まっきー。

誠治郎さんは永倉新八役だった。

 

社「ちょっとやってよ、俺綱道やる。坊主にしてくる」

綱道が思い出せない誠治郎さん。

客席から父さまだと教えてもらってようやく「あ〜」って。

誠治郎さんの時は木下ほうかさんだったそうで、翔太くん・まっきーがすごーい!言ってました。

 

では、翔太くんの山崎実演。

高「御意」

(それだけー!?)

高「ほとんどセリフこれだけなんで」

 

まっきーの沖田。

荒「ゴッホゴホゴホ…」

(それだけー!?)

 

トリを務めるのは誠治郎さんの新八。

誠「隊長!」

新八は隊長って言わないってツッコまれてました。笑

 

 

▼K

荒牧氏との共演作。

 

社「Kの青の王ね!」

誠「赤の王だわ!」

 

高「俺、観に行った!植ちゃんが、足にスケボーつけながら抱えられて斬新だなって思った」

誠「それ、俺も思った。笑」

 

 

▼そういえば、翔さんは?

翔さんは独立政権らしい。笑

 

荒「宇津木か、富田か?ってくらいの」

社「富田が来るって言ったら「あ〜来るんだ」って。来ないって言ったら「来ないんだ」と」

(社長にこう言わせる翔さんさすがっす!!)

 

荒「WBC見てたりして」

社「それあり得る〜」

 

 

▼撮影の思い出

散々映画と関係ない話して最後に。笑

 

「23時59分59秒」のライブシーンは、住宅街で深夜3〜4時に行われたそうです。

誠治郎さんもギターそーっと弾いて、根本さんも本当に囁くように歌ったらしい。

 

荒「窓ガラって開いて怒られたりしなかったんですか?」

誠「本当に囁くように歌ってたから大丈夫だった」

高「逆に聞けてラッキーだよね!」

 

「純愛ストーカーくん」の思い出。

6月くらいだったので海が寒かった。

荒「けっこう長い時間パシャパシャやってたのに、使われたの数秒でなんだよ〜って」

 

 

▼最後のご挨拶

高「明日の殺陣を語るのコーナー、チケットが45枚しか売れてません。来てください」

 

あれは完全にタイトルミスだと翔太くんに怒られた社長。

殺陣なんて語らないから!!と全力で宣伝してました。翔太くんが。笑

 

あと、最後に言ってたのか覚えてないけど。

高「こんな平日の昼間から来てる人を見ると、大丈夫かな?って」

客席から「有休とった!」のお声が。

荒「みんな暇だったわけじゃないから!都合つけて来てくれてるから!!」

 

 

▼ご退場

ゲストの誠治郎さん、まっきーを見送ったら、翔太くんまで一緒にはけました。

社長が「あれ?翔太、MCなのに…」言ってました。笑

 

 

以上です。

次の回はもうちょっと覚えてます…わたしの記憶力はところてん方式。

お読みいただきありがとうございました。

 

⇒Vol.14はこちら

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ

 

期末すべりこみ第二弾。

これでようやく新年度が迎えられます。

ほっε-(´∇`*)

 

全体の流れは東京と同じです。

重複する箇所は省略しております。

(東京一部レポはこちら / 東京二部レポはこちら / 大阪一部レポはこちら

 

ざっくり記憶です、雰囲気と想像力でどうぞ。

 

 

 

■荒牧慶彦イベント「まきば会 Vol.3〜バースデースペシャル〜」

■日時:2017年2月26日(日)
■会場:朝日生命ホール
■出演:荒牧慶彦

■MC:長谷川太郎
■二部 16:30開場 17:00開演
■URL:http://ch.nicovideo.jp/tokientertainment/blomaga/ar1190632

 

 

荒牧慶彦さん⇒荒

長谷川太郎さん⇒太

 

 

【開演】

 

一部を経て、すでにMCが軌道に乗った太郎さんご登場〜♪

安心感しかない(〃∇〃)

 

二部もコールアンドレスポンスで軽妙に始まりました!

イエーイ☆

 

太「こんばんは!」

ファン「こんばんは〜」

 

太「3+3はー?」

ファン「ろくー」

 

太「荒牧慶彦とかけて四つ葉のクローバーと解く、その心は?」

(…へ?)

 

太「縁起(演技)がいいでした〜」

(う、うまいっ!!!拍手喝采!!!)

(裏からもまっきーの「お〜」の声が。笑)

 

「これはいい謎かけだ」と上機嫌で主役ご登場〜♪

パチパチパチパチ〜

 

 

【ピアノ演奏】

 

荒「最初のコーナー、太郎さんに弾いていただきます!」

(いやいやいやいや)

 

ここでおもむろに携帯電話を取り出す太郎さん。

ガラケーです。

なにやらお電話が鳴っているご様子。

 

太「もしもしー?高崎翔太くんですか?」

なんとっ!?翔太くん、ファンツアー中じゃなかったっけ!?とわたくし、嬉しパニック。

でもなかなかお電話が聞こえない…泣

がんばれ〜!ガラケーがんばれ〜!!

 

ここでスタッフさんのかな?スマホが渡されました!

 

翔「まっきー、今バスツアーしてるから、僕のファンに挨拶して」

荒「翔太くんファンの皆さま、こんばんは。翔太くんの先輩の荒牧です。後輩の翔太くんを可愛がってあげてください」

(電話の向こうで爆笑が巻き起こっておる〜奇跡のコラボ☆)

 

翔「まっきー、すべってるよ」

(いやいや、ちゃんと笑ってくれてますよ。笑)

 

荒「翔太くん、じゃあ僕のファンの皆さまに挨拶してもらえますか?」

翔「いや、大丈夫です」

(『僕のファン』って、『俺のオンナ』的な感じでギュンってする♡…わたしだけかな?こんなんで高まるの)

 

翔「まっきー誕生日おめでとう。これからももみあげは伸ばし続けてね」

爆笑!

 

翔「まっきーのファンの皆さま、こんにちは」

ファン「こんにちはー」

翔「これからも、荒牧同様僕のこともよろしくお願いします」

荒「自分じゃん!!」

 

翔「まっきー、ピアノ絶対失敗すんなよ!」

荒「最悪だ!!!」

翔「じゃあがんばってね、太郎ちゃんもね」

 

翔太くんはさすがですね〜

どんな場面でも笑いを届けてくださる♡

ファンツアー解散時間のぎりぎりを狙って、太郎さんからのサプライズでした〜

なんて小粋な演出(〃∇〃)

 

翔太くんの声を聴くと元気がでますっておっしゃってました♡

 

さてさて、じゃあピアノ演奏コーナーへ!

演奏曲どんなのですかー?と太郎さんから聞かれた荒牧氏。

東京とか、今日の一部に来られた方はすでに知っていると思うんですけど〜という前置きをしてからご説明してくださいました。

このね!気遣いね!(ここ重要!テストには出ないよ!)

当然初見の方優先で何度でも説明していいのに、ちゃんとリピーターのことも気にしてくださるというね。

素晴らしいよ、出来た御方だよ、しっぽ振ってついていくよ。

わんわん。

 

 

いよいよ最終回か〜と感慨深いわたくし。

「翔太くん、余計なこと言うから〜」とそれどころではない荒牧氏。

 

♪ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド♪

(ん?)

 

♪ソーファミソファミレ…♪

 

荒「ありがとうございました」

(うん、上手だね〜♡ヤマハ音楽教室のCMを思い出すね〜って…ちがう!ちがう!)

 

「今のをお父様から継がれたんですか?」とうろたえる太郎さん。笑

プレッシャーかけた翔太くんに文句言いつつ、ようやく弾いてくださいました☆

 

 

♪♪♪

 

 

今日も緊張した〜言ってました。笑

練習の時は今日の夕飯どうしようかなとか考えながらも弾けるのに、こうやって聴いてますよって雰囲気だされるとダメだ〜っと(*´∇`*)

でも自分からやりたいって言ったし、レッスン代もスタジオ代も事務所が負担してくれたので、こんなに贅沢なことはないと頑張ってくださったそうです。

ありがとうございます。

しかと胸に刻み込みましたよ!!

 

 

【お着替え】

 

二部のあらまきクイズは、もののけ姫のモロのモノマネでした〜!ひゅーひゅー☆

これも似てる!太郎さんは天才ですw(゚o゚*)w

『お前にサンが救えるかっ!』の声色に脳内変換してお読みくださいませ〜♪

 

黙れ小僧!お前にまっきーの痛みが伝わるのか!

人間にもなれず、もののけにもなりきれぬ、哀れで可愛い俳優が・・・・・まっきー。

というわけでクイズを出します。

 

休憩中、荒牧さんはなんの昼食を食べていたでしょうか?

1.豚しゃぶ弁当

2.ヒレカツ弁当

3.食べてない

 

いささかキャラクター選びを失敗した太郎さん。笑

モロはアドリブがきかない。

 

正解は豚しゃぶ弁当でした〜

 

第二問はフリーザさま再登場!

 

ほっほっほ。

昼食と一緒に飲んでいたものはなんでしょうか?

1.コーラ

2.麦茶

3.天然水

4.飲んでない

 

もう問題の途中でまっきー着替え終わって出て来ちゃってるし。

ほうほう、上手いですね言いながら見守っちゃってるし。笑

 

正解は飲んでないでした。

ファン「え〜?」

食べてた時は何も飲んでおらず、食べ終わってからカルピス飲んだらしい。

豚しゃぶ弁当にノンドリンク…ツワモノだぜー。

 

モロのモノマネレパートリーを羨ましくなったらしい荒牧氏。

教えを乞うてさっそく練習してました。

喉を閉めつつ震わせるらしい。わりとできそうだった。笑

 

二部はおでこにメガネでした〜。

 


【荒牧慶彦 26歳のあゆみ】

 

<1月>

 

これから元旦の干支の絵は恒例になるらしいです。

太「来年は戌年だから、お手の物ですね」

荒「…?」

太「お手の…」

犬のお手にかけた太郎さん。

レベル高すぎてすぐ反応できないまっきー。

太郎さん玄人だからしゃーない。

 

■薄桜鬼 新選組奇譚

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

まっきーと太郎さんの出会いは黎明録。

翔太くんが紹介してくれたらしいです。

まっきーのこと「すごいいいやつなんですよ」って。

 

次回の原田編では、鬼の副長が本当に鬼になって帰ってくるので、楽しみですねって言ってました!

ヒデぽよ〜♡

 

 

<2月>

 

サラっと流れた気がする。。

 

 

<3月>

 

■地球防衛部LOVE活劇

 

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

ホントに全然印象違いますね!という太郎さん。

荒「似合ってますか?」

ファン「パチパチパチパチ〜」

(髪形に関して、似合ってるか聞くの多いよね)

 

荒「翔太くん、顔濃いよね。イタリア人みたい」

太「ボーノ!」

(ボーノって。笑)

翔太くんはハーフ顔美少年ですからね☆

 

 

<4月>

 

■トキイベ

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

はい、みんな大好き翔太くんです。笑

「どんだけ仲いいんだって感じですよね〜」とまっきー♡

 

12月はがっつりメイクしたけど、この時はうっすらしかしてなかったそうで。

でも太郎さんは十分ドキドキしたそうです。笑

太「翔太の場慣れ感すごいですね」

荒「いらっしゃい、今日も来たの?って感じ。笑」

太「聞くわよ、って。人生悟ってる感が」

 

早朝のおねむなサービスショット☆ありがとうございます!

この抱き枕持ってる方〜?と聞いたらチラホラお手が…!

かっこいいっ!さすがっす!!尊敬するっす!!!

 

一人暮らしの家だったらただいま〜って感じだけど、実家だったらお母さんびっくりするよねって盛り上がってました。笑

男っ!!?って。

太「お母さんもそのうち慣れて抱きついちゃうかもしれませんよ」

(違いない)

 

 

<5月>

 

■刀剣乱舞

 

マントに入ろうシリーズ中心で振り返ってました〜♪

自分を入れてみたのお写真をまた見てたのですが、何度か本番でも自分のマントに絡まってしまいそうになったと。

ひろきくんとの立ち回りで、マントばっとしつつやるのが大変だったそうです。

もうマントのプロですね、と太郎さん(*´∇`*)

 

 

■コナン、のちに焼き肉

 

まーしー、植ちゃん、きたむー、とんちゃんとの焼き肉話。

普段みんな値段見ないで頼むから、お会計のとき1人8,000円ほどの高額で、驚いたそうです〜。

荒「うそでしょ!?って」

太「真実はいつもひとつ」

(うまいっ!!)

 

 

<6月>

 

■ファンファンファンツアー

 

太郎さんが、とても荒牧画伯の絵を気に入って再びめくってました!

バーベキューの絵を、初見のお客様に「何に見えますか?」聞いて、しっかり「火事」と言われてました。笑

 

 

<7月>

 

■刀剣乱舞 衣装展&コラボメニュー

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

山姥切国広をイメージしたメニューについて。

荒「とろろがマントをイメージしてて、卵が…」

太「髪の毛?」

荒「あれ、髪の毛なんだ!?なんだろ、あの黄色って思ってた」

 

お二人の結論、とろろがマント、錦糸卵が金髪、そばが輪郭および毛細血管。笑

 

 

<8月>

 

薄ミュLIVEをサラ〜っと。

 

 

<9月>

 

■まきば会

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

テニミュメンバーとの同窓会的な第一回まきば会♡

荒「なんか俺おばけみたい…」

 

そして画伯再来!

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

自分が何描いたかさっぱりわからない荒牧氏。

荒「左の何?ゴリラ?」

ファン「圭ちゃん!」

MCの南圭介さんでした。なで肩を表現。笑

 

右は圭ちゃんが描いたクレオパトラ☆

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

こちらはゴジラと、エジプト壁画風の織田信長。笑

荒「圭ちゃんの絵も味がありますね〜」

二人ともね。笑

 

 

<10月>

 

■炎の蜃気楼 夜叉衆ブギウギ

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

山口さん。

40代っぽい演技を意識したけど、童顔なので白髪が似合わなかった〜とご本人。

太「いやいや、そんなことないですよね?」

荒「いや、それ嬉しくない」

 

太郎さん、珍しくフォロー失敗。笑

 

 

<11月>

 

サラサラ〜っと。

 

 

<12月>

 

■刀剣乱舞リリイベ

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

SNOWで遊んでみたお写真。

荒「これはネズミなのかな??」

太「トトロではない?」

太郎さんはネズミの耳が目玉だと勘違いしておりました。笑

荒「それじゃカエルじゃないですか!!」

 

 

■刀剣乱舞

 

(画像引用元:荒牧慶彦オフィシャルブログ

 

あらまきサンタの優しさに全米が泣いたやつね。

せっかくクリスマスだし何かしたいなと思って、ドンキでサンタ帽買って、みんなにかぶせるのをミッションにしたそうです(〃∇〃)

 

 

<1月>

 

グアムの思い出話をサラサラ〜っと。

 

 

【お祝いメッセージ】

 

<富田翔さん・鈴木勝吾さん・窪寺昭さん・馬場良馬くん>

 

荒「またっ!?」

 

勝「こんばんは、トキエンタテインメントです」

荒「違うでしょ」

 

勝「誕生日イベントということで」

翔「誕生日は2月頭なんだよね。だから全然関係ない日に」

荒「いやいやいや」

 

翔「27歳になったということですけど、なんか27歳の思い出あります?27歳といえば」

勝「なんですかねぇ?とくにないですかねぇ」

 

寺「僕は盗んだバイクで走り出した頃ですね」

翔「コップンカー」

 

馬「僕はゴーバスターズというヒーローものをやったころでなんの思い入れもないですね」

荒「あるでしょ!」

 

とにかくどうでもいけど笑っちゃうダラダラトークでした。笑

でも皆さんしっかりまっきークリアファイル、およびブロマイドは持ってました♡

 

そしてちゃんと締めは賞金稼ぎ団DVDの宣伝ね(*'∀`*)v

 

荒「一部もコメントいただきましたけど、まさか二部もいただけるとは思いませんでしたね」

太「同じ宣伝と同じオチが…」

荒「でも嬉しいです、翔さんとか、笑顔になっちゃいます」

やっぱり翔さん大好きっこ♡

 

 

【胸キュン朗読】

 

美声に酔いしれターイム!!

 

荒「太郎さんはどんな時にドキドキするんですか?」

太「あれ?あのDVD返したっけ?って時です」

 

 

それはまっきーも大いに同意。

つい先日やったらしい。

『メカニック:ワールドミッション』借りて、当日で返そうと思ったのに見てる最中寝ちゃって、起きたら9:50だったらしい。笑

TSUTAYAの前まで行って、DVD入ってなかったとかやるらしい。

お約束ですね〜

 

 

太郎さん心拍数69!(やっぱ低い!)

90超えたらクリアの設定に。

 

ここで先ほど会得したモロで読んでみたいという主役。

慌てるMC。

いやそれは…というのも振り切り、「一回だけモロで読んでいいですか?」と粘る主役。

引き下がるしかないMC。

 

「これまで…(モロ)」

(あかん、あかん、あかん)

 

 

次真面目にやりまーす。笑

 

付き合いの長い二人だけど、まだ知らない部分もあるのかな?だったらもっと一緒にいて、もっといろいろ知りたいよ。

っていうようなマカロンに練乳かけたような語り口でございました。

 

あまーい!!!

声がね、ずるいよね。

 

 

結果、太郎さん70ちょっと〜!

ざんねーん。

 

罰ゲームでお馴染み歴史偉人モノマネやっていただきました〜!

 

ただ、わたしのメモが解読不能すぎて、今回は割愛させていただきます。。。

やっぱりすぐレポあげなきゃダメですねー。

あの日のわたしに何を伝えたかったのか問い詰めたい(´;ω;`)

 

あ、この会もちゃんと太郎さんは巻き込まれましたよ!

でもって最後まっきーの勝ちっていうなぜかいつの間にか勝負になってました。笑

 

 

【写真集告知&お別れのご挨拶】

 

その時、朝日生命ホールが揺れた…!

映像が流れ、割れんばかりの拍手喝采!

 

「イエーイ☆」言ってました(*゚ー゚)ノ

 

グアムの写真あげたときに、リプとかで「もしかして写真集ですか?」って聞かれて、この人たちに読まれてる!?って思ったらしい。笑

リリイベはけっこうたくさんやるとのこと。

 

荒「皆さんが最速です。世界一早く秘密を知ってしまいましたね」

やったー!

 

寂しいですが、これにて終了!

最後のご挨拶↓↓

 

すべての方に感謝しています。

今年は初主演に初写真集、初声優と良いスタートがきれています。

初挑戦ということは、その世界で一番下からスタートするということなので、初心を忘れず上を目指してがんばっていきます。

これからもよろしくお願いいたします。

 

っていうようなご挨拶でした。

謙虚だね。。

驕らず高ぶらず、感謝を忘れず。

こういう姿勢を見るとね、もちろん俳優としての姿が好きだからファンなのですが、舞台を降りた時の一人の人間としても尊敬します。

これからもずっと陰ながら見守りたいなと。

 

27歳の荒牧氏に幸あれ!!!!!

 

 

以上です。

ようやく書き終えました。

 

お読みいただいた方、どうもありがとうございました。

深謝。

 

≪テーマ別カテゴリ≫

イベントレポ


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

お仕事カレンダー

過去の記事

最新の記事

Comment

  • 本日のあらまきゴト(2017年11月5日)
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • ブログ開設 1周年
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月28日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月27日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年3月10日)
    ご返信
  • 本日のあらまきゴト(2017年2月24日)
    ご返信

筆者プロフィール

検索

その他

ブログサービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM